日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
知らない

知っている

わかる

できる

人に教えられる


スポーツに関わらず何かを習得していく際、必ずこの5つのステップを通過します。

パデルに置き換えてみます。

バンデッハを習得する過程は以下の通りです。


①パデルは知っているが、バンデッハというショットがあることを知らない

②テニスのスマッシュに似た、バンデッハというショットがあることは知っているが、上手に打つ方法は理解できていない

③バンデッハを上手に打つ方法は知っているが、上手に打つことはできない

④バンデッハを上手に打つ方法も知っているし、実際に上手に打てる

⑤バンデッハを上手に打つ方法も知っているし、上手に打てるし、人に教えられる


となります。

これまでの私の指導経験で非常に多いなと感じるのは、「わかっている」ことと「できている」ことがその人の頭の中でイコールになっていることです。

将棋やオセロで戦術を考える際、駒を「自分の思った位置」に置くことも、駒を手で「持つ」こともそれ自体は難しくありません。

ですがパデルやテニスのようなラケットスポーツの場合、ラケットを自在に操ることや、ボールを思ったところに打つのは将棋のそれとは比べ物にならないくらい難しい。

頭では「あそこに打てばいい」とわかっていても、そこにボールが打てない。

こう書くと、「そんなんじゃできてないよね」と共感してくれる人が多数だと思いますが、これがやっかいなのは時々それができてしまうこと。

私は確率が8割超えたら「できた」と思うようにしていますが、これが2回に1回程度でもできたと思う(もしくはそう思い込みたい)人が少なくないのが悩みの種です。
パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
テニス時代の話ですが、レッスン中後輩のコーチが横のコートで吉本新喜劇ばりのリアクションで驚いていたので、レッスン終了後に何で驚いていたのかと聞くと、


後輩「(あまりにもミスが多いので)〇〇さん、どこを狙って打ってるんですか?」

生徒さん「ラインの上」

後輩「ぇ゛え゙゛~!!」

生徒さん「プロの選手みんな狙ってますよね」


真顔でこう言われたそうです。

このとき、口から魂出ちゃうんじゃないかと思うくらい深いため息を後輩がしていたのを今でも思い出します。

テニスでグランドスラムを18度制しているクリス・エバート(現役選手でいうとセリーナ・ウィリアムズのような偉大な選手)は著書の中で、

「調子が悪いと感じた日は、自分の頭の中にサイドラインのもう1m内側にサイドラインをひいてプレーしていた」

と書いています。

精密機械のように狙えるトッププロでさえ1mの“余白”を残してプレーしているのに、一般愛好家が常にオンラインを狙って打つというのはとても現実的とは思えません。

これはパデルでも全く同様のことが当てはまります。

コップの中の水を見て、「半分しかない」と感じるか「半分も入っている」と感じるかは人によって違うのと同様、2回に1回の確率で“狙えてる”と思うかどうかもその人次第でもありますが、確率のスポーツと言われるパデルやテニスにおいて、50%というのは低過ぎます。

2回に1回入ったショットを思い出にして持ち帰る人、2回に1回しか入らなったショットに対して反省できる人、ここは大きな違いです。

先日亡くなった野村監督は、「試合は常に最悪から考える」と著書の中で言っていました。

「試合に勝利する」ことを考えた場合、中畑清方式より野村監督のほうが私は良いと思っています。(要は絶好調の自分を前提としてプレーするのではなく、絶不調の自分でも勝つ方法を見出しましょう、ということです(笑)


あなたは今どの段階にいますか?

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
以前「アドバンテージサイドのプレーヤーに求められるもの」を書きましたが、今回はデュースサイド(の心構えや性格)について考えてみたいと思います。

  • 忍耐強い
  • 自制心がある
  • 賢い
  • 共感力がある
  • 閃く
  • 戦略家である

などが挙げられます。

テニス同様、基本的にデュースサイドは確率の高いスマートなプレーが出来るプレーヤー求められます。

そのプレーの上に、「ペアを自分の一部のように考えてプレーする」ことが出来ればバッチグーです。

今流行りの言葉を使うなら、「One Team」でプレー内容を考えることが必要で、また、自分の良いプレーより味方の良いプレーでポイントを取ったときのほうが嬉しいと思える気持ちを持つことも必要です。

WPTを見ていると、アドバンテージサイドのプレーヤーがスマッシュで決めた直後に、デュースサイドの選手のほうが激しくガッツポーズをしているという場面を見かけるかと思いますが、あれはそういうことです。

僕ぐらい年齢が上がると、あのガッツポーズを見ただけでも泣こうと思えば泣けます(笑)

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
私は指導する際、不変・普遍・不偏の三つを大事にしています。


不変・・変わらないこと
普遍・・多くに共通していること
不偏・・偏らないこと


そうすると、

①昔はあったけど今はないもの
②昔はなかったけど今はあるもの
③昔も今もないもの
④昔も今もあるもの

ざっくりですがこの4パターンに分けられます。

スポーツ界も(用具の進化に伴い)日進月歩がすさまじいので、勉強していないとあっという間においていかれます。

①はその典型です。

③は考慮しなくてよいので、問題は②と④。

これは私がこれまで指導の現場に携わってきた経験則から言えることですが、いつの時代も②は脚光を浴びます。

「ブーム」「流行り」「トレンディ」「ナウい」などとも言い換えられます。

“新しいもの”は人を引きつけるので当然と言えば当然です。

④は「スタンダード」「定番」「基本」などと呼ばれるものですね。

若い子であれば、女子中高生ケータイ流行語大賞2012で13位に選ばれた「安定の〇〇」なんて言い方をされるものが当てはまります。

当たり前ですがすでにあるものなので、目新しさはなく刺激もありません。

なので多くの人の目にあまり留まりません。

もちろん②も、今は流行りものとくくられているが、年月が経っても変わらず残っていれば「スタンダード」に変わっていく可能性もあります。

ですが逆にもてはやされているのは今だけで、年月が経って振り返ったとき、“あれ”はいわゆる一発屋だったという可能性もあります。

“それ”は現段階ではスタンダードになるかは分かりません。
パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
ですが④に関しては、その心配はありません。

テニスに関しては(現代テニスの形になってから)140年以上の歴史があり、パデルは40年以上の歴史があります。

過去から現在に至るまで、それぞれの時代のチャンピオンが使用してきた、消えずに現代でも使われているものを無視するというのはどうしても私には出来ません。

もちろん、この先“それ”が淘汰され過去の遺産になる可能性もあるので、そこにもアンテナは張っておかなければなりません。

なので私は、指導者というのは「温故知新」の精神が必要不可欠だと思っています。

そしてまずは「間違いの少ない指導」が出来るようになることを目指し、“プラスアルファ”や“独自のメソッド”を考えるのはそのあとです。

ダイエットのスタンダードは今も昔も変わらず「消費カロリーを増やし、摂取カロリーを減らす」です。

一時ブームになっては消えていった「〇〇ダイエット」というのは枚挙にいとまがない。

こういったものは「消費カロリーを増やし、、」という幹から派生している枝葉に過ぎません。

パデルにおける幹とは何か、パデルにおけるスタンダートとは何なのか、これからも探し続けていきたいと思います。


以上、ホームボタンのないiPhoneを初めて触ったときのリアクションが、チンパンジーと変わらないサウスポーおじさんがお伝えしました。

このページのトップヘ