日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

パデル スカッシュ テニス 違い 上達 強くなるためには



 ラケットと技術の関係性③の続きです。

ボールの「回転」と「インパクト(の時間)」について考えます。

大ざっぱに二つに分けてみます。

「ボールの回転がプレーに影響するかしないか」
「インパクト時のラケット面への接地時間が長いか短いか」

ボールの回転がプレーに影響するのはパデル・テニス・卓球、しないのはバドミントン・スカッシュ。

インパクト時のラケット面への接地時間が長いのはスカッシュ・バドミントン、短いのはパデル・テニス・卓球。

(この感覚は完全に私の主観やイメージです。ストリング、テンション、ラバー素材、ラケット素材等も関わりがありますが、複雑過ぎるので省きます。また、スカッシュでもかなりハイレベルになるとボールの回転は勝敗に影響するようですが、少なくともテニスや卓球ほどではないというのが私の印象です)

さて、ボールに回転をかけるには(大きな)スイングが必要で、そしてインパクト時の面の作り方も複雑になります。(無回転(フラット)はスイングしなくても可能ですし、面の作り方も単純です)

となるとボールのスピードが遅く、またインパクト時にラケット面とボールが長く接地している(ように感じられる)ほうが簡単に回転がかけやすく、コントロールもしやすい。

逆にボールのスピードが速く、接地時間が短いと回転がかけにくく、コントロールもしにくい。

ボールのスピードということで言えば、バドミントンもスカッシュも初速はかなり速いものの、自分が打つ段階ではかなりボールのスピードは落ちる。

だから本来であればスカッシュやバドミントンのほうが回転をかけやすくコントロールしやすいが、技術(戦術)的にあまり求められていない。

一方パデルやテニスや卓球は、ボールのスピードも速いうえに接地時間が短いため、回転もかけづらくコントロールもしにくいが、技術(戦術)的に必要。

何が言いたいかというと、パデル・テニス・卓球のほうが、スイングとラケット面の扱いに関して、より「繊細さ」と「再現性」が求められるということです。

この二つと「スピード」は両立させるのが難しい。

車の運転や自転車に乗っているときのことを想像すればよく分かると思います。


4回に分けて考えてきましたが、まとめると、

「速く振りたいけど安定させたい」

のがパデル・テニス・卓球。

「安定させたいけど速く振りたい」

のがスカッシュ・バドミントン。

そして「安定」させるためのキーワードが「肩」で、「速く」するのが「手首」。

そしてパデルラケットはテニスラケット以上に重たい。

ということはテニスラケットより速く振ることが難しい。

ということはテニス以上に「肩」が大事。

というのが(現在の時点での)私の結論です。


本当はもう一つ回転に関する戦術からもこう思った理由があるので、それはまた⑤に書きます 笑


パデル スカッシュ テニス 違い 上達 強くなるためには


ではパデルではどういったことを意識しながら技術を作り上げていくといいのか。(これまでの流れはラケットと技術の関係性① ラケットと技術の関係性②をご覧ください)

卓球(とバドミントン)は遊び程度でしかやったことがありませんし、見るのもテレビで見る程度ですので知識も経験もまったくありません。

ですのでこの二つの競技についての考察は、熟練者からするとデタラメかもしれませんが今の時点の知識を元に進めていきます。

 パデル・テニス・卓球は手(首)を使わない部類に入り、バドミントン・スカッシュは手を使う部類に入ると「ラケットと技術の関係性②」に書きました。

ラケット重量が「重いか軽いか」で分けられるのではと仮定しましたが、そうすると卓球ラケットは「軽くて短い」ので手を使える部類に入るのではないか。

なのになぜ「手を使わない」ほうに入れたのか。

ここでそれぞれの競技で使うボールについて考えてみたいと思います。

「弾む・弾まない(飛ぶ・飛ばない)」で分けると、弾む側にはパデル・テニス・卓球、弾まない側にバドミントン・スカッシュが入ります。

各ボールを肩の高さぐらいから同時に地面に落とした場合、どのボールがよく弾み、どのボールが弾まないかを想像していただければ分かると思います。

当然ボール自体に反発力がなければ、自分でボールを飛ばすエネルギーを作り出さなければいけません。

簡単に言えば、ラケットのスイングスピードを上げればそれだけボールに力を与えられ、スイングスピードを抑えればボールに加わる力も少なくなります。(相手から来るボールの速さは考慮していません)

まとめます。

ボールに反発力のあるパデル・テニス・卓球は速く振らなくてもボールが飛んでいく。

スカッシュ・バドミントンは速く振らないとボールが飛んでいかない。

そして単純にラケットを速く振ろうと思ったら、「肩」を使うより「手首」を使うほうが速く振れる。

スカッシュやバドミントンは手首を使うメリットのほうが大きく、またそうする必要性もある。

パデル・テニス・卓球は手首を使うデメリットのほうが大きく、またそうする必要性も少ない。

④では「ボールの回転」や「インパクト」の見地から引き続き技術を検証してみる。

 

パデル スカッシュ テニス 違い 上達 強くなるためには


「重くて短い」ラケットを扱うパデルはどうなのか。

短いと手は使えるが重いと手が使えない。(詳しくはラケットと技術の関係性①をご覧ください) 

 少しマニアックになってしまうので細かい説明は避けるが、テニスでグラウンドストロークを打つ際スイングのキーワードとなるものに「肩」と「手首」がある。

この二つをうまく使って(連動させて)スイング出来ると色々とメリットがあります。

どんなメリットがあるか。

大ざっぱに言うと、スイングスピードが上がったり、回転をかけやすくなったり、少ない力で大きなパワーを出せたり、打つコースを隠せたり、相手を騙せたりします。(スポーツの動作の基本として、「下から上へ」「中心から末端へ」というのがありますが、 これが出来ているという前提での話です)

特に末端の「手(首)」を使うことでこれらのメリットの多くが享受出来る。(もちろんデメリットもあります)
 
私見ですが、テニスとパデルは手首を使うとデメリットのほうが大きくなり、スカッシュとバドミントンは(どちらかというと)メリットのほうが大きくなるように思います。

というより、テニスやパデルは手首を使えず、スカッシュやバドミントンは手首が使える、と言うほうが正しいかと思います。

本来手首を使えない競技なのに、手首を使うからテニスエルボーや腱鞘炎といった症状に悩まされる愛好家が後を絶たないのです。

ここで間違えて欲しくないのは、手首を「使えるか使えないか」ということであって、「使うか使わないか」ということではないということ。

「自分の意思」ではなく、「その競技の特性」に合わせて自分の技術を作り上げていくことが大事です。

ということは、どうやら手を使えるかどうかは長さより重さのほうが相関性がありそうです。

パデルラケットは短いが手首を使えず、バドミントンラケットは長いが手首を使えるからです。

ではラケットスポーツの中でラケットが最も軽くて短い卓球はどうなのか。

ここまでの流れだと手を使えるような気がします。

ですが卓球のコート、ネット、ボール等を考慮すると、私は卓球は手首を「使わない」ほうが良いと思います。

使えないのではなく、「使えるが使わない」。

パデルを知らない方にパデルを紹介する際、テニスコートに壁が付いているので「テニスとスカッシュを足して2で割ったようなスポーツだよ」とよく言われます。

ですが少なくとも技術的(特にグラウンドストローク)にはパデルは、「テニス+スカッシュ」ではなく「テニス+卓球」と思います。

では具体的にどんなことを意識して練習すればよいのか。

③に続く。


このページのトップヘ