日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
学びたい気持ちとカッコつけたい気持ちとが半々でポチりましたがちょっと後悔。

本の半分くらい数式ばかりで、ガッチャンばりに本食べてやろうかと思いましたが、そんな中でも学べることはいくつかありました。

ジノビリがなぜバウンドパスを多用していたか少しだけ理解出来ました。

チェストパスよりバウンドパスのほうが0.09秒速く味方にパス出来るらしいです。

今まで見ていたものの見方と、また違った視点で見れるというのはとてもおもしろい。

これからも本は食べずに頑張って読もうと思います。

タイトル通り本当に芸術だなぁと思います。

かっこいい。
#お家でパデル

パデル スカッシュ スペイン スポル お家でパデル
「メンタル大事ですよね、パデルって」
「やっぱテニスってメンタルですよね」

この質問はもうマーシーのギャグぐらい聞いてきました。(#田代まさし#ミニにタコができる)

私はこの質問をされるとき、どれぐらいの深度でそれを言ってるのか見極めてから答えるようにしています。

私も、ある程度(といってもかなりの程度)のレベル以上からは大事になると思っています。

プレーヤーが完成されてくればくるほど、メンタルが勝負の分かれ目になることも増えてくると思います。

ですがそのレベルにまだ到達していない人にとっては、それらより大事なことがあります。

それはボレーやレボテといった技術です。


なぜか。

ちょっと考えてみて欲しいことがあります。

“鉄人”衣笠
“ウルフ”こと千代の富士
“人類最強ロシアンラストエンペラー”ことヒョードル

「メンタル強い、諦めない、平常心」といったキーワードで想像したらパッとこの3人が浮かびました。
若い人は知らない方も多いかと思いますが、ご存じの方は私と同様うなずいてくれる方も少なくないかと思います。

(医科学的に正しいかはさておき)デッドボールで骨折した翌日に試合に出場したり、1日500回腕立て伏せするような精神を私は持ち合わせていません。

“メンタル対決”した場合、この3人にはとてもかないません。

ですがパデル(やテニス)で勝負した場合、負ける気がしません。

いくら逆境に強かろうが諦めなかろうが、技術的な差がかなりある場合、結果は火を見るより明らかです。(ヒョードルがレボテ練習してたら別ですがww)

パデルやテニスのように道具を使ってボール等をコントロールするスポーツは、技術の重要度が高くなります。

お分かりだと思いますが、メンタルや“気合い”だけではボールをコントロール出来ないからです。


去年Sanyo・Maxiのコーチを務め、現在女子の世界ランキング12位のDelfi Breaのお父さんでもある、Nito Breaはこう言っています。

「自分の問題は精神的なものだと思っている人や、努力が足りないからだと思っている人はたくさんいる。しかし本当の理由は技術的なもの。技術を体系的に学ばないと上達の限界という名の天井にすぐぶつかってしまう」

と言っています。

大きくうなずける言葉です。

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
本を手に取るとき基本的には自分が読みたい本を手にしますが、たまには箸が進まない、自分の考えとは逆の視点の本も読むようにしています。

逆もまた真なりという言葉もありますし、もっと多くの視点でものを見れるようになっていきたい。

少し前に読んだ本にはリフレーミングと、巷で話題のカタカナで書いてありましたが要はそういうことです。

私は以前から「正しい努力」と「間違った努力」があると思っていますが、そこからもう一段掘り下げて考えるきっかけをもらった本でした。

この著者の本は3冊目ですが、いずれも面白いのでおすすめです。


努力には中毒性がある
正しい努力とはゴールが見えるルートをひたすら走っているようなもの。本来はそれは努力とは言わない。ただそこに向かっているだけ
努力や我慢をし過ぎると逸脱した行動をとりやすい
自己分析は広義の努力
自分の足が(勝手に)向いてしまっている方向と、自分が本当に行きたい方向が合っている人はすごく幸せ
素質がないのに努力するのは端的に言って愚かな行為
「自分にどんな適性があり、何が出来るかを見抜いたうえでの努力」であればいい


文中に「評価軸を変える」という箇所があり、これは以前為末大さんの本にも似たようなことが書いてあったのを思い出しました。

為末さんは400mハードルでオリンピックに出場されましたが、最初は100m走の選手だったそうです。

為末さんの目標は「オリンピックで金メダルを取る」ということだったのですが、どうやら競争が激しい100m走では並の選手になってしまうと感じ、400mハードルのほうがメダルが取れる可能性が高かったので転向したとありました。

本のタイトルは「諦める力」でしたが、今思えば、自分にどんな適性があるかしっかり自己分析するという“努力”をしたからこそのオリンピック出場であって、見方によってはまったく諦めていない。

また一つ点と点が繋がりました。


読後、今後は「努力をしない努力」ができるよう努力していきたいなと思いました(笑)

それとここ最近読んでいる本にことごとく“ミエリン”が出てくるので、気になってきました。

ちょっと調べてみようかな。(もちろんツイてるねノッてるねの人ではありません)

このページのトップヘ