日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
前回は「性格」についていくつか特徴を述べましたが、今回はバックサイドのプレーヤーに求められる技術・体力・精神について。

  • 決定的なスマッシュが打てる
  • 良いバンデッハ(ビボラ)を持っている
  • パートナーをリードし、また励ますことが出来る
  • 試合の最初から最後まで自コートの2/3を守ることが出来るスタミナがある
  • (ポイントを取ることを)急がない

ディフェンスがしっかり出来ることや、良いボレーを持っているというのは言わずもがなです。

周りにこんなバックサイドいたらすぐ捕まえましょう(笑)

パデル テニス スカッシュ スペイン 名古屋
「僕はフォアとバック、どっちをやったほうがいいですか」
「私は攻撃力がないからフォアサイドのほうがいいですか」

こう聞かれることがよくあるので、かなりざっくりですがフォア(デュース)サイド・バック(アドバンテージ)サイドそれぞれで求められるものを挙げてみます。(ちなみにこのフォア・バックは、スペイン語になるとフォアがderechaとかdriveと言われ、バックはrevésと言われています)


今回はバックサイドのプレーヤーに求められる「性格」について。

  • (正しい)決断が出来る
  • 心が堅い(精神的にタフ)
  • 大胆
  • 楽観的
  • リーダーになれる
  • 忍耐強い
  • 自分を王様だと思わない
  • 感謝出来る

どうですか。

けっこう大変ですね。

こんなバックサイドいたらどこまでもついていきます(笑)

IMG_3134
ある方から薦められて手に取ってみましたが、とても心地良く読めました。

すらすら読めるということではなく、ジャンルや分野は違えど、頷きながら読める本と出会うのは大変楽しい。

考え方や物事の捉え方が自分と似ている本(著者)と出会うと、背中を押してくれるし勇気をもらえる。

その意味ではトニ・ナダルが書いた本を読んだときもかなり勇気をもらった。

そのような背中を押してくれる本と、自分の考えとは違う視点の本、どちらも読むことで今後もものの見方を広げていきたい。

それに加え、古い情報を常時アップデートしていかなければいけない。

だがその中には不変的ものも混ざっているので、そういったものまで誤ってアップデートしないようにも気をつけなければならない。


こんなことを考えていてふと思ったことがある。

よく「信じる者は救われる」というが、正確には「何を信じるかを決めた者は救われる」のではないか。

信じることの前に、何を信じるかを決めなければならない。

それが決まればあとは、

「それを信じてよかった」
「それを信じたから救われた」

と言える自分で在れるよう自分自身を作り上げていく。

楽しみがまた増えました。

このページのトップヘ