日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

パデル バンデッハ レボテ テニス スカッシュ

「考えてプレーしろ」

当たり前のことですが、どんなスポーツでも文字通り何も考えないでプレーしていては良い結果は期待出来ません。

パデルやテニスのような、

「対人競技」
「技術と戦術が密接に繋がり合っている」

ようなスポーツの場合は特にです。

私も指導中にこの「考えてプレーしましょう」という言葉を使うこともなくはないですが、コーチになりたての頃のように乱発することはなくなりましたし、現在は言う人や言う場面を選んで伝えるようにしています。

なぜかというと、私がこの言葉を言ったあと、言われたほうの選手のプレーの質が下がっていくということが度々起こったからです。

良かれと思って言っているのに、選手のプレーがよりひどくなる。

以前はこの原因が分からず、私のせっかくのアドバイスを取り入れられない選手を心の中では批判していました。

ですがこの原因が分かってからは、私がいけなかったのだと反省しています。


以前の私のように、「考えてプレーしろ」というアドバイスの意味をよく分かっていない指導者は多い。

なのになぜこのアドバイスはよく聞く(よく言われる)のか。

 それは指導者からすると、簡単に「格好がつく」のと、「結果に対する責任」を相手に押し付けられるからです。

「考えてプレーするということはどういうことか」を本当は分かっていなくても、「考えてプレーしろ」と言っとけばそれなりに指導者然としていられるし、その言葉を受けて相手がどんなことを考えるかまではコントロール出来ませんから、「考えてプレーしろ」とアドバイスしたあともミスが続いても、指導者としては「考え方が違うからだ」と一蹴出来るわけです。

(たまたま)その選手の考えたことが的を得ていて、「考えてプレーしろ」のアドバイスのあとプレーが良くなっても、「な、俺の言った通りだろ」と、コーチとしてはいいとこ取りを出来るわけです。

これでは選手は、失敗したら「私のせい」、上手くいったら「コーチのおかげ」と捉えてしまい、一向に自分に自信が持てません。

この「考えてプレーしろ」という言葉は、アドバイスする側からすると手軽に気持ち良くなれる麻薬のような言葉なので、つい簡単に発してしまいがちです。

指導者の中にはこの言葉の効果と副作用を理解した上で使っている人もいますが、多くはよく分からず使用しています。

一番よく見かけるのは、「ちょっと上手な人」が「ちょっと下手な人」に向かって言っているシチュエーション。

これは典型的な「二人してドツボにはまるパターン」なので、言ってあげようか隣で見ていていつも迷うのですが大きなお世話なのでやめておいています。

教えてる側からすると、「上手にさせようとすればするほど相手が下手」になり、教わる側からすると「アドバイス通り“考えよう”とすればするほど余計下手になる」という地獄の負のスパイラルに陥ります。

成田離婚ならぬ「コート離婚」も十分あり得るほど重たい空気になります。

もしかしたら経験のある方もいらっしゃるかと思います。

当然私も経験しています(笑)


前置きが長くなりましたが、考えてプレーするとはどういうことなのか。

それは、「いつ」「何を」「どのように」考えることが、「考えてプレーするということなのか」を理解した上で考えるということです。

例えば「いつ」ということに関しては、多くの人は「ラリー中」に考えるものだと捉えていますがこれは間違いです。

正しくは「ポイントとポイント(練習と練習)の間」や「試合(練習)前」です。

ラリー中はブルース・リーの名言、「Don’t think.feel!」が正解です。

「何を」に関しては、その指導者の言う「考えろ」は何を指しているのかを明確にしなければなりません。

技術についてなのか、配球についてなのか、ポジショニングについてなのか。

本来は指導者が「◯◯について考えてみて」と最初に言う必要があるのですが、多くの指導者がここをすっ飛ばしてしまうため、生徒の頭の上に?マークが浮かぶことになります。

最後の「どのように」が一番厄介です。

先ほどの技術や配球やポジションに不具合が出て「考えろ」と言われた場合、「どのように考えたら違った結果になったか」ということをある程度生徒側が知っていなければなりません。

選手が試合で負けたあとに「なんで負けたか考えろ」と言いたい場合、指導者は「パデルはどういったプレーをすると勝ちやすいのか」、もっと言えば「パデルとは」というようなことについての知識を選手にある程度植え付けておかなければなりません。

ですから「考えろ」は未熟なプレーヤーには使うべきではなく、本来は熟練したプレーヤに対して(積極的に)使うべきなのです。

「今はストレートとクロスとショートクロスと三か所打てるコースがあったね。どこに打てばポイントが取れる可能性が高かったと思う?」

未熟なプレーヤーにはこういった声がけが必要です。

でないと指導者が思い描くような答えは出てきません。


この「どのようにパデルを考えるか」というのは、実はアメリカ横断ウルトラクイズで言うところの後楽園球場の第1問目です。

皆さんはパデルをどのように考えますか?

パデル コーチ 川口 バンデッハ レボテ






先日練習した際、動画を撮ってくれていた方がいました。

おっさんみたいなことを言うようですが、本当に便利な世の中になりましたね笑。

普段の生活に限らず、何かスポーツで上達を目指そうとする人にとっても便利な世の中になりました。

ひと昔(ふた昔⁈)前だったら、自身がプレーしているところを映像に撮ったり見たりというのは、だいぶハードルが高いものでした。

ですが今では撮るのも見るのも簡単で、場合によってはスローで見せてくれたり以前のフォームと重ねて見たりすることもできます。

こうなってくると「今後10年でなくなる職業」に各競技のコーチも入りそうな感じもします。

不勉強なコーチは残念ながらその波に飲まれてしまうと思いますが、 「一生青春 一生勉強」という相田みつをの言葉を心の片隅に留めているコーチは大丈夫だと思います。

なぜなら、いくら動画を簡単に撮ったり見たり出来るようにになったからといって、その動画に撮ったフォーム(やプレー)が「正しいのか間違っているのか」分からなければあまり意味がないし、もっと言えば、「そもそもその練習は正しいのかどうか」ということが分かっていなければ、いくら動画に撮って練習したところで、それは「無駄な努力」になってしまう可能性が高い。

だからそういった部分をきちんと伝えられるコーチは生き残ることが出来ます。

また、ビデオカメラに比べればスマホやタブレットのおかげでかなり素早く撮った動画を見られるようになったとはいえ、プレーの直後にアドバイスやフィードバックを送るスピードという点においては、今のところ同じコート上にいるコーチには敵いません。

それから、これは最も大事なことかもしれませんが、「心のよりどころ」「安心」「自信」「信頼」といった目に見えない部分は、動画やスマホやアプリからは得られません。

例えばテニスだったら、Googleに「踏み込んで打ちなさい」と言われるより、ボブ・ブレットに言われたほうが自分の中にすーっと入ってくるし確信を持ってそれを実行出来ますよね。

もしくはSiriに、

「パデルが強くなるには?」

と聞いて、

「守備的にプレーしましょう」

と言われるより、ミゲル・シォリーリ(ベラ&リマのコーチ)に言われるほうが疑いなく実践出来ますよね。

どんなにテクノロジーが発達しても、結局は昔から求められているものがこれからも求められるのだろうと思っています。


・・・Siriに負けないよう頑張らなきゃ^^;
 

パデル テニス スカッシュ ボレー 壁

以前のこの記事とも少し関係してくるが、スポーツに限らず「無くて七癖」とはよく言われる。

これは当然パデルでも同様のことが言える。 

「クセ」というと、スポーツの世界では打ち方やフォームのことがよく取り上げられ、お笑いの世界では千鳥のノブが有名であるが、このクセというのは「頭の中」にも存在する。

この頭の中のクセというのは、プレッシャーがない平常時には現れてこない。

もし平常時にクセが出ているとしたら、よほど短絡的にプレーしているか、フォームに欠点があり過ぎて「ここにしか打てない」というフォームになっているかのどちらかであろう。

クセが出るシチュエーションとしては、「マッチ(セット)ポイント」「ブレーク(ゲーム)ポイント」などの、ゲームの取得や勝敗に関わるポイントだったり、自身のミスが続いているときや、相手の素晴らしいプレーで押し込まれているときなどがある。

簡単に言うと「緊張しているとき」のことであるが、この緊張しているときに多くの人が陥りやすいのは「攻め過ぎ」たり、「守り過ぎ」たりすることだ。 そして打つコースやショットセレクションにも「自分の得意なコースやショットを選びがちになる」といったわかりやすいクセが出てくる。

これに先ほどのフォームのクセを含めると、かなりの確率で相手のプレーが読める。

少し話は逸れるが、テニスや野球などでよく言われる「二年目のジンクス」というのはこれが原因だろうと私は思っている。(もちろん燃え尽き症候群に陥ったり、本人の怠慢などもあるだろうが)

一年目は相手の様々なデータがないので検証のしようがなかったが、二年目はその活躍した選手のフォームの研究に加え、打つ傾向の高いコースやショットのデータ、大事なポイントでのプレーの傾向などが分かってくるため、一年目とまったく同じことをしているだけ(同じことを考えているだけ)では勝てなくなってくるのだ。

このような目に見えないハイレベルな心理戦が行われているにもかかわらず、トップを維持し続けているプレーヤーがどんな努力をしているのかちょっと想像もつかない。

だからパデルのベラやテニスのフェデラーなどは多くの人から称賛されるのだ。

話を元に戻すが、プレーを読まれまいとして弱点の少ない技術を作り上げたり、頭の中を読まれまいとして様々な伏線を張ってプレーしているプロですら、プレッシャーがかかる状況下ではクセが露出する。

ということは我々一般レベルではかなり頻繁にクセが現れるはずである。

こういった相手のクセを知ってプレーするのとそうでないのとでは雲泥の差がある。

野球で自分がバッターのとき、ピッチャーが「ストレートしか投げてこない」のと、「ストレートかカーブかフォークかどれを投げてくるかわからない」というのと、どちらが打ちやすいかは言うまでもない。

このような「相手のプレーを読む」というのはコート上でなくとも学べることである。

練習時間の限られている一般の社会人の方には是非こういったことにも目を向けてもらいたい。 
 

このページのトップヘ