日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

パデル 戦術 技術 テニス スカッシュ

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

これは孫氏の言葉ですが、パデルの勝負についてもこの言葉がそのまま当てはまります。
 
今回はこの言葉の中の「敵を知る」という部分について考えてみます。

今回題材にしたいのは「戦力分析」というよりも、ボクサーがリング上で初めて拳を交えたときに感じる、

「あ、こいつ強い」
「あれ、意外と弱い」

といった、相手と相対したときに感じる「肌感覚」のようなもののことです。

例えばテニスの場合、相手のレベルを判断する材料はいくつもありますが、一番簡単ではっきり分かるのはシングルスの場合クロスラリーです。

クロスラリーで分があると感じるかどうか。

ダブルスで言えばサーブとリターン。

サーブを打ってみて分があると感じるか、またリターンを打ってみて分があると感じるかどうか。

スカッシュではストレートラリーをしてみて分があると感じるかどうか。

これらの場面で、「自分が普通にプレーしているのにポイントが転がり込んでくる」ようであれば、よほどのことがない限り負けません。

逆に「自分が普通にプレーしているのになかなかポイントが取れない」ようであれば、おそらくその相手は自分より実力が上で、普段以上のプレーを高い確率でし続けなければ勝てないでしょう。

ではパデルではどのような場面でこういったことが分かるか。

それは「ロブ」です。

ロブを上げてみて分があると感じるかどうか。

「壁」を想像した方も多いかと思いますが、パデルにおいて壁が使えないというのは致命傷です。

個人的にはテニスで言うなら、グラウンドストロークがほとんど打てないというのと同レベルと思います。

テニスの試合でストロークが満足に打てない人と対戦したらどう感じますか。

パデルも同様で、壁を使ってプレー出来る人とそうでない人が対戦した場合、勝敗は明らかです。

なのでここで言いたいのは、壁が使える人同士の対戦でということです。
 
ですからまだ壁を使って満足にプレーが出来ない人は、まず壁を使ってボールを返す練習を沢山してください。

現在パデルをしている多くの人は、「壁を使うとミスしそう」という気持ちでプレーをしていると思いますが、それを「壁を使ったほうが楽」というレベルまで実力を上げてください。

すでに壁を使えるという方は、先ほど挙げた「ロブ」の処理の上達を目指してください。
  
そして試合ではロブを上げてみて、対戦相手の実力を判断してみてください。
 

パデル テニス スカッシュ

追う立場と追われる立場。

人によっても違うだろうし、物事によっても違うだろうとは思うが、個人的には追うほうが好きだ。

というより、競技として何かのスポーツに取り組んでいる人の多くは「追う立場」のほうがいいと答えるのではないかと思う。

追う立場のメリットとして、目標が明確、(その目標に向かう過程もプレー自体も)楽しい、プレッシャーが少ない(失うものは何もない、という挑戦者のセリフを聞いたことがあると思います) 、課題が明確、モチベーションが保ちやすい、など様々なものがありますが、私は中でも「(プレー自体が)楽しい」という気持ちが持てることが一番のメリットなのではないかと思います。

デメリットとしては、一番(チャンピオン)ではない、目標を達成出来ていない、他者評価が低い、賞金やスポンサーが(チャンピオンと比べて)つきにくい、などが挙げられるが、後者の二つは他者が決めることであるし、前者の二つは達成した場合一転してそのプレーヤーを悩ます種にもなり得る。

一方追われる立場のチャンピオンのメリット・デメリットはこの逆になる。

チャンピオンにしか見えない景色、チャンピオンにしか出来ない経験などはもちろんあるが、次に目標とするものを見つける困難さ、モチベーションを保つことの困難さ、あらゆるプレーヤーから研究されること、またそれに対抗するために努力を続けることの困難さ、チャンピオンとしての立ち居振る舞いを求められること、などデメリットのほうが多いように思う。

もちろんその景色や経験、立場を楽しめる人もいると思うので一概には言えないが、子供の頃によくやった「ドロケイ」、どちらの役割のときのほうが楽しく感じたか。

泥棒のほうが楽しかったという人は少なくないと思うが、ドロケイで言うとチャレンジャーは泥棒 で、チャンピオンは警察なのではないかと思う。

泥棒はどこに逃げてもどんな方法で逃げてもいい。

時間内に捕まらなければいい。

一方警察は泥棒の出方に対応するしかない。 

自由度で言えば雲泥の差だ。

チャンピオンとチャレンジャーの関係もこれに似ている。

自分がナンバーワンになるため、チャンピオンを倒すためにする努力と、あの手この手を使って自分を倒そうとしてくる相手を倒す努力、どちらが「楽しい」努力であろうか。

「勝とう」としてプレーするのと、「負けない」ようにプレーするのは同じようで全く違う。

プレー前、プレー中の気持ちも全く違う。

なんとなくお分りいただけたと思う。

逆説的になるかもしれないが、だからチャンピオンでい続けられる選手というのは素晴らしいのだ。

ナンバーワン、チャンピオンになるだけでも十分素晴らしいことだが、その期間が短かったり、なった途端に勝てなくなったりプレーを辞めたりする選手も少なくない。

ジャンルや規模は違えどどちらの立場も経験したが、自分としてはやはりチャレンジャーの立場のほうがいい。

「素晴らしい」と言われるものも悪くないが、それよりもプレー中に感じる純粋な「楽しい」のほうが自分にとっては大事。

すごく大きく捉えれば、パデルとテニスは「テニスというチャンピオンにパデルというチャレンジャーが立ち向かっていく」構図ともとれる。

やっちゃえパデル。
 

このページのトップヘ