日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

パデル コート ラケット ボール ダブルス

以前「パデルは本当に簡単なスポーツか」という記事の中で、パデルにおける「ボールの回転」について述べた。

パデルは壁の部分はスカッシュに似ており、ネットがあるという点ではテニスに似ている。

「スカッシュとテニスを足して2で割ったスポーツ」と言われるパデルは、果たしてスカッシュ(アンダースピン)とテニス(トップスピン)どちらに近いのか。

かなりざっくり言うと、スカッシュの基本的な戦略は「いかに早く2バウンドさせるか」である。

そのため「壁があってネットがない」スカッシュでは、「速くて低い」ショットが理想である。

テニスはどうか。

かなりざっくり言うと、テニスの基本的な戦略は「いかに相手コートに返すか」である。

そのため、「ネットがあって壁がない」テニスでは、「速くて高い」ショットが理想である。

パデルはどちら(の球種)に近いのか。

正解はスカッシュである。

スカッシュでは壁を無視してプレーすることは出来ず、テニスではネットを無視してプレーすることは出来ない。

言い換えるなら、スカッシュでは「壁が自分に有利に働くような回転」をかけ、テニスでは「ネットが自分に有利に働くような回転」をかけるということ。

もうお分かりだろう。

パデルの一番の難しさは、

「ネットを越すためには高く打ちたいのに、壁のことを考えると低く打ちたい」

これを両立させなければいけない点にある。

相手コートにバウンドしたあとのボールの影響、相手コートの壁に当たったあとのボールの影響なども考えなければいけない。

こういったことを考えると「誰でも簡単にすぐ上手くなる」、とはおいそれと言えない。

本当はテニスと同様、「楽しいが難しいスポーツ」と伝えるほうが、長い目で見た場合パデルの発展のためになると思っている。


※スカッシュもテニスも当然一種類の回転のみでプレーするわけではなく、戦術的な要素や状況によって様々な回転を使う。

もちろんパデルも同様であるが、話を簡略化したかったので今回このように表現した。

「そんな単純な話ではない!」というツッコミが聞こえてきそうだが、こういったことにすら気づいていない人が多数いるので、そういった人達に考えてもらうきっかけを作りたかったというのが本当の狙いである。悪しからず。

パデル ラケット コート ボール


スポーツを競技として取り組む際、練習の質と量どちらを重視したほうがいいのかという論争がよく巻き起こる。

これはスポーツに限らず仕事でも料理でも何かを学ぶ際は同じことが言えるように思う。

最初のうちは間違いなく「量」が大事である。

パデルは日本に上陸してまだ3年。

過去にスペインに暮らしていてパデル歴はもう何年もあるという方は別だが、日本で現在パデルをしているほとんどの人はまだまだ「量」が必要な時期である。

いわゆる「身体に覚えさせる」ということが必要な時期なのであるが、この時期でも多少の質は必要である。(練習における質についてはまたいつか書きたい)

「最初のうちは量だよ、量。そんな最初っから考えてばっかいたって上手くなるわけないじゃん、練習練習。」

これからスポーツを始める人に一般の素人がこう言うのはまだ分かるが、ときどき指導者がこういったセリフを吐く場面に遭遇するときがあり、とても驚いてしまう。

こう言われてしまった人は文字通り「頭の中が空っぽ」の状態で練習に練習を重ねてしまう危険性がある。

もちろんある程度まではこれでも上達するが(といっても本当にある程度までだが)、すぐに頭打ちになってしまう。

ただこれでも着実に上達が見込める人もいる。

それは「見て盗む」ことが出来るタイプの人。

こういった人たちは自分のしていることが言葉に出来なくともなんとなくコツを掴んでおり、頭の中が空っぽではないからだ。

ただ残念なことにこういった人は少数派である。

仕事では上司や周りの人のやり方を見つつうまくコツを掴んでいくような人でも、いざコートに立つとそういった思考が抜け落ち、「ただ気持ち良くプレーしてしまう」人が圧倒的だ。

また今の時代、プロツアーの試合などといった「見て盗める」対象のものは山ほどあるが、これは仕事に例えるなら「新入社員が社長の立ち居振る舞いを真似る」ようなもので、現実と理想のギャップがあり過ぎる。

その新入社員の上司からしたら、「100万年早いわ」という気持ちでしょう。

新入社員であれば自分と社長の間にあるギャップを、「上司」という「質」を与えてくれる存在を使って埋めていきます。

パデルをプレーする一般の方であれば、自分とプロパデルプレーヤーとの間にあるギャップを、「指導者」という「質」を与えてくれる存在を使って埋めていく。

まとめると、まずはパデルをする量を増やし、壁にぶつかってきたなと感じたら指導者に指導を仰ぎ、その指導を元にまた量を増やしていく。

これを着実に行なっていけば、その他大勢のパデルをプレーする人の群衆の中から頭一つ抜け出すことが出来ます。

パデル コート ラケット ボール スペイン


以前も書いたがパデルを紹介する際、「簡単」「楽しい」「誰でもすぐ上手くなる」といったキーワードを用いて「(テニスより)敷居の低いスポーツ」と認知させて普及させることが多い。

これも重複するので詳細は省くが、もちろんパデルがテニスより簡単な部分はあるが、逆にパデルのほうが難しい部分もある。

パデルをプレーするうえで難しいのはどんな部分か。

スポーツの難易度というのは、使用するコート(や競技場)、道具、ルールによって左右される。

パデルで最も難しい部分は何か。

この問いはそれまでのスポーツ経験の有無や、プレーしていた競技によるので一概には言えないが、今回は「テニス→パデル」「スカッシュ→パデル」「スポーツ経験なし→パデル」の三つの視点から考えてみたいと思う。

おそらくパデルを経験したことのあるほとんどの方は「壁」と答えるであろう。

確かに一理ある。

実際私も壁を使ってのプレーが全然イメージ出来なかった。

だが壁と同時に以前から難しく感じていたのは、ショットを打つ際の「ボールの回転」についてである。

ここでその競技とボールの回転について考えてみよう。

簡単に考えたいので、トップスピン(ドライブ・順回転)とアンダースピン(スライス・逆回転)の大きく二つに分けて考えてみる。

テニスはどちらの回転が主流のスポーツか。

シチュエーションや戦術的なものもあるが、ごく大雑把に言えばトップスピン。

スカッシュはどちらの回転が主流のスポーツか。

これもシチュエーションによったりするが、ほとんどの場面においてアンダースピンが使われている。

卓球はどちらの回転が主流のスポーツか。

テニス同様シチュエーションや戦術にもよるが、多くの場合トップスピンが用いられている。

バレーボールはどちらの回転が主流のスポーツか。

スパイク時にボールにかけられている回転はほとんどトップスピンである。

ではパデルはどちらの回転が主流のスポーツか。

この質問に答えるには、今名前を出した競技同士に共通する部分を考えていけばわかる。

ネットを挟んで相手と戦う競技はテニス、卓球、バレーボール、パデル。

ラケットを使用する競技はテニス、卓球、スカッシュ、パデル。

コートに壁がある競技はスカッシュとパデル。

勘の良い方はもうお気づきかもしれないが、もう少し掘り下げてみる。

パデルと同様ネットを挟んで相手と戦うテニス、卓球、バレーボールはトップスピンが用いられている。

パデルと同様壁があるスカッシュではアンダースピンが用いられている。

テニス、卓球、バレーボールではなぜトップスピンが用いられるのか。

それはネットがあって壁がないからである。

スカッシュではなぜアンダースピンが用いられるのか。

それはネットがなくて壁があるからである。

ではネットも壁もあるパデルは、どちらの回転を用いたほうが有利なのか。

「テニスとスカッシュを足して2で割ったスポーツ」と言われるパデルはネットがあって壁がないテニスと、ネットがなくて壁があるスカッシュのどちらに回転は似ているのか。

どうしてもわからない方はコメント欄にお名前とメールアドレスを記入していただければお答えします。

このページのトップヘ