日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

パデル ダブルス コート ラケット

現在のパデルプレーヤーのほとんどはテニスの技術をベースにしてプレーし、「おまけ程度」に壁を使ったプレーが出来る、といった感じである。
 
テニスの技術がそのままパデルに当てはめられる技術もあるが、多くはアレンジや修正が必要であり、場合によっては大改革が必要な場面や人も出てくる。

例えばグラウンドストローク。

パデルは基本的にはストロークはスライスもしくはフラット系で打つことが多い。

だから、

「テニスでスライスが打ててネットプレー(ボレー・スマッシュ)が出来ればパデルなんて簡単でしょ」

と思われてしまうことも多い。

百歩譲ってボレーはそのまま使えるとしても、スライスとスマッシュはそのままでは使えない。

いや正確に言うと、現在の多くのパデルプレーヤーの「壁を使わない、もしくは壁から大きくボールが出たところでボールを打ち合っている」状態でゲームが行われるのであればアレンジや修正は必要ない。

この状態であれば先ほどのパデルの印象で間違いはない。

「お互いに壁が苦手」な者同士の試合であればこのままでいい。

壁際にボールが集まることもないし、壁から出てきたボールを返球出来る相手もいないため、テニスで培った技術を変える必要もないからだ。

以前「ノーガードの打ち合い」はボクシングだけで十分に書いたが、いずれ壁際にボールをコントロールしてくる人や、壁を使っての返球が上手な人が現れる。

そうなると何が変わってくるか。

「スマッシュを壁際に打つ」必要が出てきたり、「コンパクトなテークバックでスライスを打つ」技術が必要になる。

スマッシュを壁際に打つにはバンデッハを覚えなければいけないし、壁際のボールを(しっかり)スライスで打つには、スカッシュのようなフォームが合理的である。(というよりそうでないと打てない)

現在のように「テニスプレーヤー同士」がパデルをプレーするのであれば今のままで問題ないし、ある意味白熱したゲームになる。

だがどちらか一方が「パデルプレーヤー」だった場合結果は明らかで、パデルプレーヤーからしたら全く手応えはないし、テニスプレーヤーはコテンパンにやられるためどちらもゲームを楽しめない。

1日でも早く日本のパデルコートで「パデルプレーヤー同士」の試合が行われることを望む。

そうすれば今までの「テニスとの対比」という見せ方でなく、パデルというスポーツの本来の魅力がもっと伝わるように思う。

パデル ダブルス ラケット ボール


以前この記事の中でテニス以上に必要なパデルの技術について書いた。

今回は「技術」というよりも「感覚」について考えてみる。(感覚も技術なのだが、分けたほうがわかりやすいだろうと思ったので)

一般的に、「技術」というと獲得出来るもの、「感覚」というと生来持っているものというイメージがある。

書道に置き換えると綺麗な字を書くには「技術」が必要だが、書を芸術にまで高めるには、その人が元々持っている「感覚」みたいなものが必要ということ。(間違っていたらごめんなさい)

もっと平たく言うなら、「センス」と呼ばれるものがあるかないか。

ここでちょっと考えて欲しいのは、自分はどんな人のことを「センスがある」と思い、どんな人のことを「センスがない」と思っているか。

もしくは自分自身のことをセンスがあると思っているか否か。

多くの人は「センス」と「才能」を同義語で捉えているが、指導のプロは一緒くたにはしない。

「センス(感覚)」は学べる(後天的に獲得出来る)が、才能は持って生まれたもの(先天的に獲得しているもの)で学べない、というのが多くのプロの指導者に共通している認識だ。

多くの人は、

「あの人センスあるから勝てないよ」
「私はセンスないから無理だよ」

こんなふうにふわっとセンス(感覚)のことを捉えていて、「なんだか掴みようのないもの」として自分の中で消化してしまっている。

だからそこから先になかなか進まない。

だがよく分かっている指導者であれば才能とセンスは分けて捉えているため、「あのセンスなら努力すれば獲得出来るよ」となる。

「教えてもいないのに上手に出来る」
「誰も真似が出来ないほど独創的(上手に)なプレーをする」

こういったプレーヤーのことを「才能がある選手」と呼ぶ。

ちなみにイチローは自分のことを、「僕は天才ではない」と言っている。

「小さい頃からコツコツと自分なりに考えてやってきたことを積み上げた結果であって、突如降って湧いたように出来たわけではないから」と言っている。

また、天才というのは自分がした天才的なプレーを説明出来ないことが多い。(長嶋さんが好例である)

だがイチローは、「自分がなぜヒットを打てるか、なぜホームランが打てるかすべて説明が出来る」とも言っている。

だから天才ではないと言いたいのだと思うが、百歩譲ってイチローの言葉を額面通り受け取ったとしても、それでも「努力し続ける才能」というのは持っているように思う。

話が逸れたが、パデルで必要な感覚とは何か。

私が思うに、

グレイディング(筋力発揮調整力)
ハンドアイコーディネーション(目と手の協調性) 

この二つの感覚はパデルでは特に必要とされる感覚である。

テニスよりも反応時間が短い中でプレーすることが多く、またテニスよりもイレギュラーな状況の中で返球しなければいけない場面が多いからだ。

この二つはテニスでもよく言われる「タッチ」とも関係している。

「あの人のボレーはタッチがいい」などと言うときに使うあのタッチだ。

これも「学ぶものではなく持って生まれたもの」と捉えている人が多いが、それは間違いである。

タッチは十分学べるものである。

ただストロークやボレーのような技術を覚えるのと同様、タッチも地味な反復練習が必要である。(と同時に遊びのような練習の中から“良い感覚”を覚えるというのも往々にしてある)

こう考えていくと、パデルの場合オンコートでの練習以外にSAQトレーニングやコーディネーショントレーニングといったトレーニングに時間を割く必要性が出てくるような気がする。

もちろんテニスでも行われているが、パデルの場合はテニスよりより一層試合の勝敗に直結してくるのではないか。

テニスで培った遺産(感覚)のみでパデルをプレーするのではなく、パデル特有の感覚を獲得しようとする人が一人でも増えることを望む。

パデル ラケット コート ダブルス ボール


パデルとテニスは似て非なるもの、そして技術に関しても打つ頻度と掘り下げていく(細分化していく)方向が違うと「頻度の違いと細分化の方向の違い」で書いた。

では実際に「テニスにもあるがパデルのほうがより細かく、またより精度が求められる技術」とは具体的にはどんなものがあるのか。

まずはバンデッハ、ビボラ、スマッシュ等の「上のショット」と呼ばれる技術。

グリップチェンジ、面の感覚、スイングの感覚、身体の向きやそれに伴う打点のアレンジ(高低・前後・左右)、回転量の調節、グレイディングetc…といったものの感覚や精度がテニス以上に求められる。

次にアンダースピン(スライス)をかける技術。

これも上のショットと同様のものが求められるし、パデルではさらにサイドスピンの感覚もテニス以上に求められる。

そして一番打つ頻度が高いであろうボレー。

ミドルボレー、ローボレー、ハイボレー、身体の正面でのボレー、身体から遠い位置で打つボレー、ブロックボレー、パンチボレー、プッシュボレー、フラットボレー、スライスボレー、トップスピンボレー、スイングボレー、ドロップボレー、アングルボレー、ロブボレー、カットボレー、ハーフボレーetc…こういったテニスでも使われているボレーの技術はパデルでは必須である。

テニスではボレー(ネットプレー)をしなくてもプレーは出来るし、うまくやれば勝つことも出来る。

また一種類のボレーだけ打てれば(未だにテニスプレーヤーの多くは“ボレー=スライス”と思っているプレーヤーが多い)戦えることもある。

だがパデルではそうはいかない。

テニスよりも相手との距離が近いシチュエーションでプレーすることが多く、またテニスよりも相手からの返球のバリエーションが豊富だからだ。

テニスのダブルスではあまり起こらない「4人全員がネット前にいる」という状態も、パデルでは頻繁に起こる。

簡単にまとめると、「ネットプレーの精度を高めると同時に、バリエーションも増やしていく」必要がある。

こう考えると、テニスにおいてネットプレー主体のプレースタイルだった人は、そうでない人に比べてパデルを始めるにあたってアドバンテージがあると言える。

テニスで前に出てもパッシングで抜かれまくって嫌気が指している人、是非パデルでお待ちしております。
 

このページのトップヘ