パデル スクール コーチ 試合 padel

スペイン修行番外編。


こっちは山中湖ばりに朝晩の寒暖差があるので、夜はけっこう寒い。

夜の次の練習まで時間が空いたので、フィットネスクラブ内の自販機でブレイクタイム。

メニューの中で最もイメージしやすいcafe con lecheボタンを押し、取り出してみるとすでにマドラー的なものがカップの中にインしていました。

自販機の中で何か手違いがあって紛れ込んでしまったのでしょうか。




パデル スクール コーチ 試合 padel

こちらは supermercadoで買ったプリン的なもの。

パッケージの絵では「しっとりプリンとサクッとしたクッキーのハーモニーをお楽しみください」みたいな感じだったのですが、開けてみたら最初からクッキーがインされてました。

もしかしたらこれがスペインでのスタンダードなのかもしれないですが、日本に慣れきった私はてっきりプリンとは別にクッキーが包装されて入っているかと思っていましたので、これには度肝抜かれました。

もちろんクッキーはしなしなです。





パデル スクール コーチ 試合 padel

クラブ近くにある小学校のそばの道路にて。

バランス感覚おかしいのか、切り返すのが面倒くさいのか。




パデル スクール コーチ 試合 padel

こちらは別の道路にて。

車幅感覚がないのか、几帳面なのか。




パデル スクール コーチ 試合 padel

 こちらは宿泊していたHostelのそばの道路にて。

縦列駐車の天才なのか、ケンカ売ってるのか。




パデル スクール コーチ 試合 padel

後日クラブ内の自販機に再度チャレンジしましたが、やはり今回も入っていました。

「どうせかき混ぜるでしょ」

てことなんでしょう。

付け加えますとシュガーも最初からインしていて、最初はそれに気づかず最後のほうがやたら甘いという経験もしております。

ただ、スペインの「合理的」とも「ただ雑なだけ」ともとれるこの感じ、7:3ぐらいで好きのほうが大きいです笑