日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

2021/09

意外だったけどワクワクしたし、方向性も見えてきた。

padel パデル テニス ハイブリッドスポーツ WORLDPADELTOUR
「行動には正解しかなく、挑戦には成功しかない」という言葉を耳にしたことがあります。
#誰が言ったか忘れた

裏を返すと、行動しないことは「不正解」で、挑戦しないことは「失敗」とも言えそうです。
#知らないけど

「データがとれた挑戦」は成功らしいのですが、なるほどその理論でいくと「失敗」はない。
最近とれたデータで興味深いものがあり、なるほどなと1人でペコちゃん以上に大きく頷いています。

これは今までも経験しているので自分の中に感覚としてあるのですが、海外に一人で来ると感受性が高まる、思考が研ぎ澄まされてくる、普段自問自答しているときより深いところまで探っていける、こんな感覚があります。
#普段は江ノ島の海の中を探ってる感じで
#今は沖縄の海の中を探ってる感じ
伝わってるよね

これは私がスペイン語が理解出来ていたら起こっていない現象だと思っていて、そういう意味では不幸中の幸いかなと捉えています。
#ポジティブオジサン
#余計なフィルターを通らないでダイレクトに届く感じ
#とんでもない見当違いもたまにある

孤独は独創性を養い、自分ならではの思索をまとめるのに必要な時間。
孤独とは自分のオリジナリティある思考や生き方を育んでくれるチャンス。
#これも誰かが言ってた

スペインに来て大変なこと、引っ掛かることがないわけではありませんが、こう思えばトータルいやなことは何一つない感じです。

パデルにおいて私と同じような経験をしたことがある人は日本にまだいません。
私と同じ思考や生き方の人もいるわけがない。
#いたら気持ち悪い

今回あるデータが取れたことで私が孤独なのはむしろ自然なことだと認識でき、それだけでも十二分に意味がありました。

幸いなことに今回嬉しい誤算もあり、今後の私の方向性を定めてくれるデータを得ることも出来ました。

アンテナを張りながら引き続きこちらで過ごしていきたいと思います。

メディア掲載情報

パデルそのものと、私の現在の活動を取り上げていただきました。
パデル以外にも興味深い記事が数多く掲載されていますので是非ご覧ください。
個人的には女子ボクシングの記事がおすすめです。

【LUGO OPEN結果】

パデル WORLDPADELTOUR
パデル WORLDPADELTOUR
パデル WORLDPADELTOUR
パデル WORLDPADELTOUR

Daisuke Shoyama・Ricardo Gomez Martinez-Campos
VS
David Garcia Campos・Manuel Prado Prego

1-6 1-6で負けました。
スコア以上に手応えがあった試合でした。
#めっちゃわずかだけど光が見えた
昨日も少し書きましたが、二週続けて出場すると目・頭・心がWPT仕様になってくると言いますか、良い意味でこのレベルでやっている選手たちに「慣れて」きたような感覚があります。

だからといってマンガやドラマのようにごぼう抜きしたりシンデレラストーリーのような駆け抜け方が出来るほど甘い世界ではありません。
#日本にいる皆さんが想像する89倍は厳しい世界です

周りで行なわれている試合を観ていると、「最低でもこれは出来なければいけない」「最低でもこのプレーレベルを終始保てなければいけない」というのが見えてきます。
そして二週続けて出ると先週も見たなという顔ばかりだし、YouTubeで見かける選手も少なくありません。
#以前来日したことがあるMarcello Jardim選手も予予選に出ていたよ

二週続けて出ているからなのか、アジア人が会場にいるから目立つのか分かりませんが、私に声をかけてくれる選手も増えました。
私が一方的に知っているランキング上位の選手も声を掛けたりしてくれたりもして、心の中では嬉しいのですがその気持ちは絶対に表には出せません。
#会場のあの空気のなかでそれを出すことは命取りになる
#おのぼりさん感を出すわけにはいかない
#観戦しに来たわけでも友人作りに来たわけでもない
#あくまでも勝負しに来ている
#とはいえこのさじ加減はいい塩梅にしておく必要ある
#2年前はTheおのぼりさんだった
#11月に世界大会に出場する予定の選手は気をつけて

やらなければいけないことがだいぶ見えたので来週から始まるALBACETE CHALLENGERはエントリーせず練習します。
2週続けて出てみて「もっと小さなテークバックから速く・強く・コースを隠す」技術が必須だと感じたのでそれを意識して練習したいと思います。

まだ未確定ですが二週間後のMENORCAとALFAFARにエントリー出来たらと思っています。
引き続きPoco a pocoで頑張ります。
#padel
#lugoopen
#worldpadeltour
#パデル
管理者


パデルプレーヤー(Jugador de pádel)
Daisuke Shoyama

スポーツギフティング「UNLIM」
パデルプレーヤー庄山大輔


☆WPT Lugo Open出場(2021)
★WPT Barcelona Master出場(2021)
☆WPT Valladorid Master出場(2019)
★アジアカップ優勝(2019)
☆全日本パデル選手権優勝(2017・2018)
★世界ランキング最高位257位


メッセージはこちら

仕事のご依頼やご質問等ある方はこちらからお願いいたします。

名前
メール
本文
戦績
2018FIP100優勝

2019NFIP125優勝

2019FIPPromotion準優勝

第3回アジアカップ(国別団体戦)準優勝

自己最高位世界ランキング257位

パデル男子日本代表コーチ

前パデル女子日本代表コーチ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

にほんブログ村 その他スポーツブログへ