パデル 東京 コート コーチ

パデルもテニス同様グリップ(の握り方)、スタンス、体重移動、ボディターン(の程度)、(インパクト時の)身体の向き、腕の曲げ伸ばし(の程度)、フォロースルー、フィニッシュ(の位置)と、プレーヤーは様々な動作を連動させて各ショットを打っている。

もちろん打球している一瞬の間にこれらを同時に考えられるわけがなく、手出しや球出し練習といったクローズドな練習で一つ一つ作り上げていく。


ここで一つ質問です。

パデルやテニスのように自分の打ったボールをある一定の決められたエリアに入れなければいけないスポーツをする場合、一番最初に気をつけなければいけないことは何か。

ボールのスピード?
ボールの回転?
綺麗なフォーム?
素早い身のこなし?

いいえ、いちばん最初に気をつけなければいけないことはボールのコントロールです。

速いボールは打てるけど狙えない
回転をたくさんかけて打てるけど狙えない
綺麗なフォームで打てるけど狙えない
速く動けるけど狙えない

というのと、

ボールは遅いけど狙ったところに打てる
回転はかけれないけど狙ったところに打てる
綺麗なフォームではないけれど狙ったところに打てる
速く動けないけれど狙ったところに打てる

どちらの選手が強いか。

言わずもがなですね。

右を狙ったのボールが左に行く
コートに入れようとそっと打ったのにアウトしてしまう

これでは相手と闘う以前の問題です。

まず自分を操れなければ、相手を操ることなど出来ません。

こういった方、けっこう多いです。

批判を恐れず言えば、狙えない人は「パデル」ではなく、ただ「どっちが相手コートにたくさん返せるか対決」をしているだけです。

パデル特有のゲーム性や戦術を駆使して楽しむ以前の問題です。

逆説的になりますが、狙える人が少ないからテニスでもパデルでも「何回も返せる人」が勝つことが多いのです。

当たり前ですが相手は狙えないのですから、こっちは何回も返していればいつか相手はアウト(もしくはネット)します。

よく一流アスリートが、「苦しいときほど攻めないと勝てない」とコメントしているのを耳にしますが、あれを鵜呑みにしてはいけません。

こうコメントしている選手の相手も一流アスリートなわけで、針の穴を通すようなコントロールの持ち主同士で闘っているからこそ、こういった思考になるわけです。

「ボールを何度も相手コートに返して相手のミスを待つ」というのは、一般の方にはもっとも実行しやすく、また効果の高い戦略です。

これを消極的でカッコ悪いと思う方も多いですが、個人的には積極的にプレーして負けるほうがよっぽどカッコ悪い。

そんな勝ち方で勝っても面白くないと思う方も多いですが、個人的には最終的に負けるほうがよっぽど面白くない。


まず何回も相手コートに返せるようになってください。

次に各ショット狙って打てるようになってください。

そして精度を落とさないままボールを速く打てるようになってください。