パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット

今週からCatalunya Masterがスタートし、いよいよ今年のWorld Padel Tourが開幕です。

今年も新たなペアがいくつも誕生していますが、中でも注目なのはやはりPaquito NavarroとJuan Martín Díazの超攻撃型ペア。

Paquitoも十分攻撃力ありますが、Juan Martínはさらにその上をいきます。

そこからも攻めるの?というようなプレーはさながらフェデラーのようです。


そういえばフェデラー、ナダル両者と対戦した選手のコメントで、

「フェデラーと対戦するとき、自分のプレーが出来ないうちに負けてしまう」
「ナダルと対戦するとき、自分のプレーは出せるが勝てない」

というようなニュアンスのコメントを時折見かけます。

これ、どちらがいやですか?

人によって違うかと思いますが、個人的には後者のほうがいやです。

いわゆる「横綱相撲」を取られて負けるほうがいや。

総合格闘技では、KO負けよりタップして負けたときのほうが負けを引きずるというのを聞いたことがあります。

勝利した相手から「次は」と思われるか、「次も」と思われるか。

プレースタイルや勝ち方によっても印象は変わってきます。

パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット
先ほどのフェデラーとナダルの話でいうと、Belaはナダルタイプですね。

そう考えるとJuan MartínとBelaの組み合わせは最強だったことが分かります。

一ファンとして観るならフェデラーやJuan Martínが観ていて気持ちいいですが、自分が目指すのであればナダルやBelaを目指します。

ただ、真似るとしたらBIG4の中ではマレーのプレースタイルが一番好きですが 笑

パデルで言うならBelaはもちろん、Sanyo、Cristian Gutiérrez、Juan Cruz Belluati、Adrián Allemandiといった選手達が好きです。

皆さんもお気に入りの選手やペアを見つけてプレーの参考にしてみてください。