パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット

先週開催されていたCatalunya Masterに、スペインで一緒に練習してくれていた選手が何人か出場していました。

女子では本戦ストレートインのVero(31位)、惜しくも予選で敗退してしまったCarlotta Casali Vannicelli(95位)、男子では本戦ストレートインのFernando Poggi(元世界チャンピオン 現42位)。

向こうでいろいろな選手と練習した上で一つ言えるのは、女子のほうが世界と近い。

女子はあれぐらいのレベルまで達したらMasterに出れる、もしくはOpenやChallengerに出れるというのが少し見えてきた気がする。

去年poggi選手と練習してもらった際、身長が195㎝もあるので当然その圧もありますが、常に「何かされそう」「なんでも返されそう」という圧が半端じゃなかった。

女子選手の場合も圧はあることはありますが、「こうしとけば大丈夫」というのがあるのでまだなんとかなりました。

あまり軽々しく口にすると松岡修造さんに怒られそうですが、本気な女子パデルプレーヤーの方がいたら一緒に世界を目指しませんか。




もちろん男子も。

Poggi選手は私の一つ年下で、Poggi選手のペアのReca選手(46位)は私の一つ年上です。

こんな選手です。


派手なダイビングキャッチやレマテに目がいきがちですが、先ほども言ったように細かいテクニックが半端じゃなかった。

細かいテクニックもあって、ポイントを終わらせることが出来るショットも持っている。

そりゃ強いですね。



パデルは私のようなおっさんでも日本一になれ、四十路を超えても世界レベルで活躍出来る可能性がある珍しいスポーツです。

それなりに努力は必要ですが、世界が夢ではなく目標に出来るスポーツ。

こんなスポーツに出会えること滅多にありませんよ。


・・・今、「そんなこと言ったってさー」と思った大人な貴方にはこの曲を 笑