パデル 大井町 コート レッスン

9月8・9日にパデル東京で開催されていたJPT東京オープン2ndステージで優勝することが出来ました。

今回も清立商工所属のAsierと。

これで彼と組んで今年は4大会連続、去年から通算で7大会連続で優勝することが出来ています。

優勝後にも少しスピーチさせてもらいましたが、正直なところ今年の三月に開催された全日本ぐらいまでは二人の個々の技術力で試合をしているようなところが個人的にはありました。

戦術的な要素はあるにはありましたが、セオリー通りのプレーぐらい。

個々に修正し、個々に自分を鼓舞し試合をしていた感じ。

それが3大会ぐらい前から「ペア」として試合に臨んでいるような感覚が出始め、昨日の大会ではかなり良い形でそれが出せるようになりました。

阿吽の呼吸というか、相互依存といったら大げさかもしれないですが、Asierとはそんなようなチームが出来つつあります。

パデルはテニスと同様かそれ以上にラリー中に判断(思考)する時間が少ない。

なのでペアにも意識を向けつつプレーしなければならないというのは苦しい。

ラリー中、「ペアはどこにいるんだろう」「ペアはどこに打つんだろう」というのが気になってしまうようではネットの向こうにいる相手に意識を向けることが出来ない。

また、戦略・戦術を考える際、自分の長所短所とペアの長所短所を踏まえた上で決定しますが、これも「ペアの長所短所が分からない」では決めようがない。(自分の長所短所が分からない人も少なくないが…)

身体の反応に任せてプレーが出来るペアと、一球毎に「判断」しなければいけないペア。

後者が分が悪いのは明らかです。
パデル 大井町 コート レッスン スポル

Asierと組み始めて約1年。

ようやくペアとしてパデルが出来るようになってきていること、ペアでうまくポイントが取れたときの喜びや楽しさなどが理解出来つつあります。

テニスのダブルスでもありましたが、「一心同体」を感じることができるようになりつつあります。

色々な人と組むことで新たな発見が出来たりするメリットもありますが、こういった一心同体を感じることは即席ペアでは難しいように思います。

多くの方にこれからそういったペアを見つけてもらい、一心同体 少女隊を体感してもらえたらと思います。
パデル 大井町 コート レッスン スポル