パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

パデルにはシングルスがありません(普及していません)。

でも個人個人にランキングが付きます。

なのでプレーヤーの中には、ペアとしてではなく「俺一人で世界ランキング1位になってやる」と思ってプレーしている選手ももしかしたらいるのかなとも思います。

現にWPTでも「1人でシングルスやってるのかな」と思うような選手を何人か見かけます。

身体能力や技術がとても高そうな選手を見て、「クロスで1対1のシングルス」という種目がもしもあったら、世界ランキングに変化があるかも⁈なんてことも思ったりします。

でも実際にはそのような選手はナンバーワンではありません。

去年とても注目度の高かったPaquitoとJMDのペアも優勝はなかった(PaquitoはLimaと組んで一度優勝していて興味深い)し、Belaが負傷していたときのLimaもシーズン途中でMarceloやSlingoと組みましたが良い結果は出ませんでした。

limaは3年以上もNo. 1の選手ですから、極端にレベルが劣る選手と組む以外は良い成績が残せそうな気がします。

でもこの試合でのlimaはいつものlimaではありませんでした。


limaほどの選手でもこんな風になってしまうんだととても驚きました。

個々の能力がずば抜けて高い選手同士が組んだからといって強いペアになるとは限らず、片方だけ強い選手のペアでもダメ。

どちらかが明らかに弱いペアももちろんダメです。(これに関しては以前のこの記事に書きました)

となるとどんなペアが良いのか。

これは私の仮説ですが、おそらく、「自分自身の長所短所を客観的に把握した上で、この選手と組むと私の長所がより活き、私の短所が最小限になる」ような選手と組むのがいいように思います。

ただ単に上手い・強い選手と組むだけではダメで、自分を客観視せずただ「自分は最高」と思っているような選手と組むのもダメ。


一言で言うなら相互依存出来るペアがmejorのように思います。

これは技術的な面はもちろん、精神的な面も含まれています。

組むペアによって想像以上のシナジー効果を生み出せる場合もあれば、ただただ足を引っ張り合うだけになってしまうペアもあります。

これはパデルの難しさの一つでもありますが、反面楽しみの一つでもあります。


パデルを桃太郎の劇に例えるとしたら、時と場合によっては黒子にもなり桃太郎にもなれる精神性と技術を持ち合わせているペアがmejorなequipoなんだと思います。