padel パデル テニス ハイブリッドスポーツ WORLDPADELTOUR

 こっちに来ると改めて「コンフォートゾーンの少し外側にいること」の大変さ、重要さが分かる。

矯正、指示、指定などされながらプレーするというのはとても負荷がかかる。

その負荷から逃げようとコンフォートゾーンに戻ってプレーすると、まあそれはそれは快適。

でもこれをしていても脳も身体もいっこうに変化しないだろうことは簡単に想像出来る。

ケガしない、イヤにならない程度の「コンフォートゾーンの少し外側」を自分なりに見つけたり、そこにい続けることというのは意外と難しい。