パデル コート ルール ラケット

現在パデルをプレーしている人で、「壁を使った返球が得意」という人は日本にどれぐらいいるだろうか。

おそらく両手で数えられるぐらいの人数しかいないのではないだろうか。

現在のパデルプレーヤーのほとんどはテニスの技術をベースにしてプレーしていて、おまけ程度に壁を使って返せる、という人がほとんどであろう。 

パデルに限らず「自分の得意なこと」でプレーするというのは戦略の基本であるから間違いではないのだが、このままではまずいように思う。

なぜかというと、パデルの大きな特徴である「壁を使ったプレー」をほとんどの人が避けてプレーしているので、パデルを知らない人にパデルを紹介するとき、「誰も壁を使って上手にプレー(しているところを見せる)することが出来ない」可能性があるからだ。

それともう一つ。

このままだとパデルの魅力の一つである「スリリングかつ長いラリー」を、プレーしている本人達も楽しむことが出来なくなる。

壁を利用しての技術というのはディフェンシブな場面で多く使われるのだが、こういった場面での技術が苦手ということは、ディフェンスがない「オフェンスのみ」のゲームばかりが行われることになる。

ボクシングで言うところの「ノーガードの打ち合い」状態で試合が行われる。

ボクシングであればまだ違うのかもしれないが、パデルでこの状態ではなんとも大味な試合展開になるのは想像がつく。

パデルにおいて壁が使えない、ディフェンスが出来ないとなると、どうしても「やられる前にやる」という発想になる。

この場合の「やる」というのはほとんどの場合「強く打つ」という意味で、強く打てば当然壁からボールが大きく(速く)出てくる。

前から来る速いボールに対応出来る人は多いが、壁から速く出てくるボールに対応出来る人はほとんどいないため、現状のパデル界では「先に強く打ったもん勝ち」の様相を呈している。

「お互いに壁が苦手」な者同士の試合であればこうならざるを得ないと思うし、相手がディフェンスが苦手だと分かっていればそういったプレーを選択することは間違いではない。

しかし、いずれ「壁際にボールをコントロール」してくる人や、「壁を使って上手にディフェンスが出来る」人が現れる。

そうなると結果は明らかだ。

オフェンスしか出来ない人とディフェンスしか出来ない人。

どちらが強いだろうか。

こう考えると、テニス同様パデルも守備が上手いほうが勝ちやすいスポーツだということがお分かりだと思う。

攻めないと得点が入らないスポーツ。

攻めなくとも得点が入るスポーツ。

パデルはどちらに属するのか。

これが分かれば最初にやらなければいけないことも分かる。