パデル バンデッハ 壁 技術

「抑止力」を辞書で調べると、

「行為の達成が困難、または代償が高くつことを予見させ、その行為を思い止まらせる力」

とある。

スポーツで相手より有利に試合を進めようと思ったら、この「相手に◯◯をさせない」という抑止力は必要不可欠で、もちろんパデルも同様である。

具体的な例をいくつか挙げてみたいと思う。

テニスで自分がサーバーだとする。

そのときの相手レシーバーが「ブロックリターン」が上手かったとする。

この特徴に気づいたとき、あなたはどんなサーブを打ち、どんなサーブを打たないようにしますか。

スカッシュで相手がボレーカットに入るのが上手かったとする。

この特徴に気づいたとき、あなたはストレート(クロス)ラリーでどんなボールを打ち、どんなボールを打たないようにしますか。

パデルで相手が壁から出てくるボールの返球が上手かったとする。

この特徴に気づいたとき、あなたはどんなボールを打ち、どんなボールを打たないようにしますか。 

弱い相手とやると「あれもこれも出来る」気がして、強い相手とやると「あれもこれも怖くて出来ない」気がしますよね。

強い選手というのは目に見える形ではもちろん、目に見えない形(心理的な)でも圧力をかけるのが非常に上手い。

「そんなことしたら、こうしちゃうよ」

というのを常にチラつかせておくのです。

すると、こちらは何もしていないのに相手が自滅したり、とても消極的なプレーしかしてこなくなるのです。

「どうやったらポイントが取れるか」を考えるのも悪くはないですが、「どうやったらポイントを取らせないで済むか」を考えることは、パデル(とテニス)では必須です。