パデル バンデッハ 壁 技術 戦術

「攻撃とは何をすることですか」

「守備とは何をすることですか」


この問いに答えられる人はきっとパデルが上手なはず。(もしくはこれから上手になる可能性がある)

この攻撃と守備の定義については、パデルに限らず多くのスポーツで共通である。

パデル、テニス、サッカー、卓球、バスケ、バレーボール、スカッシュetc・・は大まかな考え方は同じ。
 
少し違うのは野球やソフトボールやアメフトのように攻守がはっきり分かれているスポーツ。

 もうお分かりだろうか。

パデルはテニス同様、守備的にプレーするほうが勝ちやすいスポーツ。

周りを見渡すと、この「守備」が出来ないために上手くプレー出来ていない人を多く見かけるが、そもそも「守るにはどういうことをすればいいのか」が分かっていなければ守りようがない。

守り方を知らないのだから、当然攻め方も知らない。(攻撃と守備というのは表裏一体だからだ)

守り方も攻め方も知らないのだから、「なぜ負けた(勝った)のか」が分からない。

結果の要因が分からないのだから、何を練習すればよいのかわからない。

このようにその競技を考える際の入り口で躓くと、バタフライ効果ではないけれど最終的には取り返しのつかないことになってしまいかねない。

だから上達を望もうと思ったら、こういったこともちゃんと考えておくべきです。

ヒントは「時間」です。