日本パデルアカデミー

「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 戦略

パデル 大井町 コート レッスン ラケット
「コーチ、次の試合しっかり攻めて負けたのなら仕方ないですよね」

テニスの世界ではよく聞くセリフであったが、最近パデルでもちらほら聞こえてくるようになった。

こうアドバイスする方も使い勝手の良いアドバイスであり、される方にとっても耳障りの良い、受け入れやすく納得しやすいセリフでもある。

ただ本当にそうだろうか。

私はとにかく負けたくないので、攻めたほうが勝つ確率が高いと思えば攻めるし、守ったほうが勝つ確率が高いと判断すれば率先して守る。

でも頑張って守ったのに負けるかもしれない。

その可能性があるので、「守って負けるぐらいだったら気持ち良く攻めて負けたほうがいい」となる。

ただこうなると、勝敗より自分の「○○したい」という気持ちを優先してることになりはしないか。

「守って勝ってもおもしろくない」

このセリフもよく耳にするが、これなどは「勝敗<気持ち」を優先している典型的な発言であろう。

競技としてプレーしているのであれば、これはずれている。(Funとしてプレーしている人にはもちろん当てはまらない) 

試合に出場したりゲームをしたりする際、勝敗がすべてではないという考え方もあるし、楽しみ方は他にもあるというのも理解出来る。

だが私の場合、試合に出場するのであれば負けたくないし、どんなに無様なプレーをしようと負けるよりは勝ったほうが楽しい。

試合に出場している、もしくはこれから出場しようとしている人は、試合に対して自分が何に重きを置いているのかをはっきりさせてから試合に臨んではいかがだろうか。
パデル 大井町 コート レッスン ラケット

それから、これはテニスでの指導経験からの統計になるが、上記のセリフを発する選手の多くは守れない。 

「守らない」のではなく「守れない」。

 この二つには大きな違いがある。

「守ろうと思えば守れるけど、攻めたほうが勝てそうだから守らない」

というのと、

「守れないから攻める(しかない)」 



 
「攻めるべきときにしっかり攻め、それでも負けたのなら仕方ないですよね」

もしこう聞かれたなら、私はペコちゃん以上に首を縦に振って試合に送り出したい。 
 

パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット

今週からCatalunya Masterがスタートし、いよいよ今年のWorld Padel Tourが開幕です。

今年も新たなペアがいくつも誕生していますが、中でも注目なのはやはりPaquito NavarroとJuan Martín Díazの超攻撃型ペア。

Paquitoも十分攻撃力ありますが、Juan Martínはさらにその上をいきます。

そこからも攻めるの?というようなプレーはさながらフェデラーのようです。


そういえばフェデラー、ナダル両者と対戦した選手のコメントで、

「フェデラーと対戦するとき、自分のプレーが出来ないうちに負けてしまう」
「ナダルと対戦するとき、自分のプレーは出せるが勝てない」

というようなニュアンスのコメントを時折見かけます。

これ、どちらがいやですか?

人によって違うかと思いますが、個人的には後者のほうがいやです。

いわゆる「横綱相撲」を取られて負けるほうがいや。

総合格闘技では、KO負けよりタップして負けたときのほうが負けを引きずるというのを聞いたことがあります。

勝利した相手から「次は」と思われるか、「次も」と思われるか。

プレースタイルや勝ち方によっても印象は変わってきます。

パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット
先ほどのフェデラーとナダルの話でいうと、Belaはナダルタイプですね。

そう考えるとJuan MartínとBelaの組み合わせは最強だったことが分かります。

一ファンとして観るならフェデラーやJuan Martínが観ていて気持ちいいですが、自分が目指すのであればナダルやBelaを目指します。

ただ、真似るとしたらBIG4の中ではマレーのプレースタイルが一番好きですが 笑

パデルで言うならBelaはもちろん、Sanyo、Cristian Gutiérrez、Juan Cruz Belluati、Adrián Allemandiといった選手達が好きです。

皆さんもお気に入りの選手やペアを見つけてプレーの参考にしてみてください。

パデル 東京 コート コーチ

パデルもテニス同様グリップ(の握り方)、スタンス、体重移動、ボディターン(の程度)、(インパクト時の)身体の向き、腕の曲げ伸ばし(の程度)、フォロースルー、フィニッシュ(の位置)と、プレーヤーは様々な動作を連動させて各ショットを打っている。

もちろん打球している一瞬の間にこれらを同時に考えられるわけがなく、手出しや球出し練習といったクローズドな練習で一つ一つ作り上げていく。


ここで一つ質問です。

パデルやテニスのように自分の打ったボールをある一定の決められたエリアに入れなければいけないスポーツをする場合、一番最初に気をつけなければいけないことは何か。

ボールのスピード?
ボールの回転?
綺麗なフォーム?
素早い身のこなし?

いいえ、いちばん最初に気をつけなければいけないことはボールのコントロールです。

速いボールは打てるけど狙えない
回転をたくさんかけて打てるけど狙えない
綺麗なフォームで打てるけど狙えない
速く動けるけど狙えない

というのと、

ボールは遅いけど狙ったところに打てる
回転はかけれないけど狙ったところに打てる
綺麗なフォームではないけれど狙ったところに打てる
速く動けないけれど狙ったところに打てる

どちらの選手が強いか。

言わずもがなですね。

右を狙ったのボールが左に行く
コートに入れようとそっと打ったのにアウトしてしまう

これでは相手と闘う以前の問題です。

まず自分を操れなければ、相手を操ることなど出来ません。

こういった方、けっこう多いです。

批判を恐れず言えば、狙えない人は「パデル」ではなく、ただ「どっちが相手コートにたくさん返せるか対決」をしているだけです。

パデル特有のゲーム性や戦術を駆使して楽しむ以前の問題です。

逆説的になりますが、狙える人が少ないからテニスでもパデルでも「何回も返せる人」が勝つことが多いのです。

当たり前ですが相手は狙えないのですから、こっちは何回も返していればいつか相手はアウト(もしくはネット)します。

よく一流アスリートが、「苦しいときほど攻めないと勝てない」とコメントしているのを耳にしますが、あれを鵜呑みにしてはいけません。

こうコメントしている選手の相手も一流アスリートなわけで、針の穴を通すようなコントロールの持ち主同士で闘っているからこそ、こういった思考になるわけです。

「ボールを何度も相手コートに返して相手のミスを待つ」というのは、一般の方にはもっとも実行しやすく、また効果の高い戦略です。

これを消極的でカッコ悪いと思う方も多いですが、個人的には積極的にプレーして負けるほうがよっぽどカッコ悪い。

そんな勝ち方で勝っても面白くないと思う方も多いですが、個人的には最終的に負けるほうがよっぽど面白くない。


まず何回も相手コートに返せるようになってください。

次に各ショット狙って打てるようになってください。

そして精度を落とさないままボールを速く打てるようになってください。
 

このページのトップヘ