日本パデルアカデミー

「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: パデルラケット

パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット


今回はPRO LINEのVANGUARD1.0をピックアップ。

2017年のVANGUARDの後継モデル。

デザインはもちろん変更はあるものの、ラウンド型だったり、テニスラケットで言うところの振動止めがついていたりという外見にそこまで大きな変化はない。

今回大きく変わったのはバランスと反発性能。

去年のVANGUARDに比べるとバランスはトップライトで、反発性能がかなり上がっている。

去年試打してVANGUARDに決めたとき、バランスがトップライトにあると思っていたのだが、今回のVANGUARD1.0を使用したとき去年のモデルのほうがかなりヘッド寄りにバランスがあったことが分かった。

反発性能も「飛び過ぎる」ほど上がってはおらず、「助かる」程度の向上でこれはありがたい。

意見が分かれるのは打球感が少し硬くなったこと。

去年のモデルのほうがマイルドな打球感ではある。

言うなら去年のモデルが光GENJIで、今年のモデルが男闘呼組といったところでしょうか。

個人的には去年の打球感のほうが好きでしたが、打球感こそ多少硬いものの1.0のほうが反発性があるので、全体としてはまとまっていると思います。

去年のVANGUARDは打球感が少しだけHURRICANE2.0やBAZUKAに似ていて、1.0はCONQUERORに少しだけ似ているのですが、去年のモデルは「スイートスポットが大きい」ことが売りで、1.0は「コントロールと感受性」が売りなのでそれも頷けます。

1.0のほうがより競技者向けになったという印象です。


去年のVANGUARDは「軽量でややトップヘビー」という、テニスラケットでは私の好きなタイプのラケットでしたし、今年のドロップショットも良いラケットが多くどれにするか悩みましたが、2018年度はこのVANGUARD1.0に決めました。

パデル東京で試打出来ますので、ラケットでお悩みの方は一度試してみてください。



あ、思い出した。

このラケットのデザインを見て、ある女性に「なんか悪役のラケットみたい」と言われました。
パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット

確かにちょっとわかる 笑

パデル テニス スカッシュ スペイン 東京

今回は2本。

1本目は言わずと知れた「Mr.パデル」こと、JMD(Juan Martín Díaz)モデルのCONQUEROR 6.0。

PRO LINEの中でも攻撃型のモデルで、これを使うとJMDのようなプレーを目指すことが出来ます。

試打した感想としては、2017年モデル同様やはり重いです。

ただ重いのは重いのですが、我慢出来る重さです。

打球感は2017年モデルに比べると若干柔らかくなったかなという印象で、芯で捉えたときの心地良さは去年同様健在です。

10年前にパデルと出会っていたら迷わず使うラケットです。


パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット
2本目はWIZARD 3.0。

率直な感想としてはかなり使う人を選ぶラケットだと思います。

もしかしたらCONQUEROR 6.0よりシビアなラケットかもしれません。

間違いなく競技者向けです。

かなりラケットヘッド寄りにバランスがあり、CONQUEROR 6.0同様芯で捉えたときはみんなのゴルフでジャストミート出来たときぐらい気持ちが良いです。

打球感は硬いですが、ギリギリ我慢出来るぐらいの硬さです。

20年前にパデルと出会っていたら迷わず使うラケットです。


今回紹介した2本はレマテやビボラ等が得意な人にはうってつけのラケットです。

この2本を試打すると、はじめの一歩に出てくる小橋健太の気持ちがよく分かります。

危うく僕も夢見ちゃうとこでした 笑
 

IMG_0240  

今回のレビューは現在パデル東京で大人気の「PRO ENERGY」。

去年マスターファイナルのドロップショットのブースで「CONQUEROR 6.0 JMD」と一緒に頂いたのがこのPRO ENERGYで、一足お先に試打しましたが良いラケットです。

このスロートの形のラケットには去年出た「BOMBER」があり、もう少し前だと私が使っていた「PRO CARBON LADY3」があります。

PRO ENERGY含めこの3本のラケットに共通しているのは、「打球感が柔らかく、操作性が良い」ということ。

PRO CARBON LADY3を使うと決めたとき、「男子たるもの、LADYと名がつくラケットを使用するというのはいかがなものか」という葛藤は、2秒あるかないかで即決でした。

PRO ENERGYは、ラウンド型でバランスが(おそらく)グリップエンド寄りにあるラケットなので、CONQUERORやWIZARDに比べると当然反発力は劣りますが、テニスラケットで言うところのピュアドライブのようなトータルバランスがとても高いラケットです。

CONQUERORやWIZARDはプレステージやプロスタッフといった、玄人受けするラケットといったところでしょうか。

ピュアドラとプレステージ、どちらを「良いラケット」と評価するかは人それぞれだと思うので、一度パデル東京でPRO ENERGY(ピュアドラ)とWIZARD(プレステージ)を打ち比べてみてください。

間違いなく違いが分かるはずです。

個人的にはパデルラケットに「反発性の高さ」と「会心の一撃」をそこまでは求めていないので、去年はBOMBERかVANGUARDかで最後まで悩みました。

言ってみればPRO ENERGYは、「BOMBERの操作性・打球感の良さはそのままに、反発性が向上したラケット」と言えるのでかなり魅力的です。


そんな優等生なPRO ENERGYの唯一のマイナスポイントは、「ダメなところがなさ過ぎて逆にあまり目立たない出来杉くん」のようなところでしょうか。。

このページのトップヘ