日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

パデルラケット

DROPSHOT 2019モデル、パデル東京に到着!

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

年末に開催されていたMasterFinalで「JMD」こと、ファン・マルティン・ディアスが使用していた2019モデルのConqueror7.0も日本到着です。


これは今年から新しく出来た「BE ONEライン」のHERITAGE。 
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル



同じくBE ONEラインのLEGEND。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル



こちらも今年から新しく加わった「PRO CURVライン」のConqueror Pro1.0。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル



同じくPRO CURVラインのOrbital。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル


まだすべてのモデルは試せていませんが、私は今のところHeritageに夢中です。

私がラケット選びで大事にしているのは、自分がイメージした通りにラケット(ヘッド)が出てきてくれるかということ。

このHeritageは最初からピッタンコでした。

今年のDROPSHOTは大胆で、去年まで数多くあった丸型タイプのラケットがほとんど姿を消しています。

僕が気に入って使っていたVanguardもカタログから消えていました。。

とはいうものの、涙型やダイヤモンド型でも扱いやすいモデルが多数揃っているので、気になる方は是非一度試打してみてください。


いつかはJMDモデルを使ってみたいとは思っているのですが、なかなか自分の好きなスペックや打球感になりません。。

DROPSHOT 2018モデル「VANGUARD1.0」レビュー

パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット


今回はPRO LINEのVANGUARD1.0をピックアップ。

2017年のVANGUARDの後継モデル。

デザインはもちろん変更はあるものの、ラウンド型だったり、テニスラケットで言うところの振動止めがついていたりという外見にそこまで大きな変化はない。

今回大きく変わったのはバランスと反発性能。

去年のVANGUARDに比べるとバランスはトップライトで、反発性能がかなり上がっている。

去年試打してVANGUARDに決めたとき、バランスがトップライトにあると思っていたのだが、今回のVANGUARD1.0を使用したとき去年のモデルのほうがかなりヘッド寄りにバランスがあったことが分かった。

反発性能も「飛び過ぎる」ほど上がってはおらず、「助かる」程度の向上でこれはありがたい。

意見が分かれるのは打球感が少し硬くなったこと。

去年のモデルのほうがマイルドな打球感ではある。

言うなら去年のモデルが光GENJIで、今年のモデルが男闘呼組といったところでしょうか。

個人的には去年の打球感のほうが好きでしたが、打球感こそ多少硬いものの1.0のほうが反発性があるので、全体としてはまとまっていると思います。

去年のVANGUARDは打球感が少しだけHURRICANE2.0やBAZUKAに似ていて、1.0はCONQUERORに少しだけ似ているのですが、去年のモデルは「スイートスポットが大きい」ことが売りで、1.0は「コントロールと感受性」が売りなのでそれも頷けます。

1.0のほうがより競技者向けになったという印象です。


去年のVANGUARDは「軽量でややトップヘビー」という、テニスラケットでは私の好きなタイプのラケットでしたし、今年のドロップショットも良いラケットが多くどれにするか悩みましたが、2018年度はこのVANGUARD1.0に決めました。

パデル東京で試打出来ますので、ラケットでお悩みの方は一度試してみてください。



あ、思い出した。

このラケットのデザインを見て、ある女性に「なんか悪役のラケットみたい」と言われました。
パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット

確かにちょっとわかる 笑

DROPSHOT 2018モデル「CONQUEROR 6.0 JMD 」「WIZARD 3.0」レビュー

パデル テニス スカッシュ スペイン 東京

今回は2本。

1本目は言わずと知れた「Mr.パデル」こと、JMD(Juan Martín Díaz)モデルのCONQUEROR 6.0。

PRO LINEの中でも攻撃型のモデルで、これを使うとJMDのようなプレーを目指すことが出来ます。

試打した感想としては、2017年モデル同様やはり重いです。

ただ重いのは重いのですが、我慢出来る重さです。

打球感は2017年モデルに比べると若干柔らかくなったかなという印象で、芯で捉えたときの心地良さは去年同様健在です。

10年前にパデルと出会っていたら迷わず使うラケットです。


パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット
2本目はWIZARD 3.0。

率直な感想としてはかなり使う人を選ぶラケットだと思います。

もしかしたらCONQUEROR 6.0よりシビアなラケットかもしれません。

間違いなく競技者向けです。

かなりラケットヘッド寄りにバランスがあり、CONQUEROR 6.0同様芯で捉えたときはみんなのゴルフでジャストミート出来たときぐらい気持ちが良いです。

打球感は硬いですが、ギリギリ我慢出来るぐらいの硬さです。

20年前にパデルと出会っていたら迷わず使うラケットです。


今回紹介した2本はレマテやビボラ等が得意な人にはうってつけのラケットです。

この2本を試打すると、はじめの一歩に出てくる小橋健太の気持ちがよく分かります。

危うく僕も夢見ちゃうとこでした 笑
 
管理者


パデルプレーヤー(Jugador de pádel)
Daisuke Shoyama

スポーツギフティング「UNLIM」
パデルプレーヤー庄山大輔


☆WPT Lugo Open出場(2021)
★WPT Barcelona Master出場(2021)
☆WPT Valladorid Master出場(2019)
★アジアカップ優勝(2019)
☆全日本パデル選手権優勝(2017・2018)
★世界ランキング最高位257位


メッセージはこちら

仕事のご依頼やご質問等ある方はこちらからお願いいたします。

名前
メール
本文
戦績
2018FIP100優勝

2019NFIP125優勝

2019FIPPromotion準優勝

第3回アジアカップ(国別団体戦)準優勝

自己最高位世界ランキング257位

パデル男子日本代表コーチ

前パデル女子日本代表コーチ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

にほんブログ村 その他スポーツブログへ