日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 技術

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
「あの選手上手い(巧い)よね」


パデルに限らず様々なスポーツでこのセリフはよく聞く。

だが、この場合の「上手い」は、人によって何を指しているのか異なる場合がある。

技術(スキル)を指している場合もあれば配球などの戦術を指している場合もあり、人によってはプレー全体を見て“なんとなく”上手いと感じている場合もある。

だがスポーツ科学の世界では「上手い」の定義は決まっていて、

環境(状況)把握予測能力
正確さ
素早さ

この3つの要素に長けている人のことを上手いと呼ぶそう。

この3つに優劣はなく、どれが欠けてもダメで、パデルではこの中でも特に「正確さ」の重要度が高いような気がしている。

ここでいう正確さとは、いわゆる「(ボール)コントロール」のことではない。

ここでの正確さとは、

グレーディング能力
タイミング能力
スペーシング(ポジショニング)能力

これらの要素が「正確」であるかということ。

ある本の中に、

「人間は適切な力を予測してから運動を起こす。この調整は、それまでの経験を基にした状況把握能力の予測が強く関わっている。そして一度筋力を発揮したら、筋からの情報を確認しながらグレーディング、タイミング、スペーシングを再調整し、巧みな動作を再構築していく。そしてその動作を繰り返し練習することによって予測、正確さ、素早さの精度を上げていく」

とある。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
ここで興味深いのが、予測が2種類あること。

平たく言ってしまえば戦術的な予測と技術的な予測とがあり、どちらも「上手」にプレーする上で欠かせないものだということ。
 
これまたどちらかが長けていてもダメで、相関関係にあるということ。

 ではこれらの予測力を高めるにはどうしたらいいのか。

一つは上手なプレーヤーの試合を観ること。

プロの試合でも構わない。

そしてもう一つはやはりパデルコートでたくさん練習すること。

そうすることで予測するための「材料」がどんどん頭の中に蓄積されていく。


なんだ、結局練習するしかないのか
そっか、練習してれば身につくのか


どう捉えるかはあなた次第ですが、イチロー選手は引退会見でこう言っていました。

「少しずつ積み重ねていくこと。それでしか自分を超えていけないと思うんですよね。一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて、それは続けられないと僕は考えているので。地道に進むしかない。進むというか、進むだけではないですね。後退もしながら、あるときは後退しかしない時期もあると思うので。でも、自分がやると決めたことを信じてやっていく」

パデル テニス スカッシュ スペイン スポル品川大井町
パデルは「テニスとスカッシュを掛け合わせたハイブリッドスポーツ」ですから、テニスやパデルの知識だけでなく、スカッシュの知識や経験もあったほうがヒントや発見がありそうです。

・・・がしかしスカッシュは、テニスやパデルよりおそらくバドミントンの要素が多く入っているようなスポーツに感じます。

スカッシュはテニスよりバドミントンに近く、パデルはスカッシュよりテニスに近い。

技術の中の、特にラケットワークに関しては特にそうで、それにはボールの重量や反発係数、ラケットの重量や反発係数が大きく関係しているのだと思います。

個人的な感覚ですが、スカッシュは「バドミントン8:テニス2」、パデルは「テニス5:スカッシュ3:卓球1:バドミントン1」のようなイメージがあります。

昔スカッシュをしたことがありますが、テニスの経験や技術で「ごまかせる」のはたかが知れていて、ある程度のレベルでプレーをしようと思ったら、当然ですがスカッシュの「ちゃんとした技術」が必要になります。

私にとってはスカッシュの(大きなテークバックを必要とする)ラケットワークと、テニスにはあまりないフットワークがとても難しく感じました。


さて、私はどんなスポーツでもルール・コート・用具を考慮してプレーしないと上達は望めないと考えています。

というよりそれを無視してプレーしたら、そのスポーツでもなんでもなくなってしまいますからね 笑

公園でボール遊びしてるのと同じことになってしまいます。

ボール(シャトル)が飛ぶ・飛ばない
ラケットが軽い・重い
ラケットに反発力がある・ない
コートが広い・狭い
コートに壁がある・ない
ワンバウンドさせてからの返球があり・なし
etc…

これらの要素がそのスポーツの特徴を作り出し、効果的な技術や戦術を生み、必要とされる身体的要素などが決まると思っています。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
コートの大きさを例にとると、ざっくりですが自陣コートの大きさは、

バドミントン 縦6m横5m
スカッシュ  縦10m横6.5m
テニス 縦12m横8m
パデル 縦10m横10m 
 
 です。

コートの大きさだけ見るとパデルはテニスに近い感じがします。

ですがパデルにはシングルスがありません。(あるにはあるが普及していない) 

逆にスカッシュはシングルスしかありません。(ダブルスもあるにはあるが普及していない)

テニス(やバドミントン)はシングルス・ダブルス両方あり、どちらかというとシングルスがメイン(バドミントンは分かりません)で、テニスプレーヤーでダブルスしかやったことがありませんという人はほとんどいないように思います。(もちろん競技レベルによります)

となると、例えばテニスプレーヤーであればシングルスをプレーするための技術やコートの広さなどが体に染みついているはずです。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
一方パデルにはシングルスがない。

ということは基本的にはコートをペアと半面ずつ守ればよく、そうすると自分が守る横の守備範囲はだいたい5m。

そしてディフェンス時に立つことが多いサービスライン付近から後ろの壁までは3mで、サービスラインからネットまでは7m。

 スカッシュは縦が10mですが、選手が立つ基本のポジションはコート中央付近の「T」と呼ばれるところで、そこから後ろの壁までは約4mです。


 こう見ていくといろいろ分かってきます。 

フットワークに関してはスカッシュのほうが近そうです。


スカッシュのどこを真似てどこを真似てはいけないのか。

テニスのどこを真似てどこを真似てはいけないのか。



まとめます。

モハメド・アリが「蝶のように舞い、蜂のように刺す」なら、

パデルは、

「スカッシュのように動き、テニスのように打つ」

です。


でももう少し正確に言うなら、

「テニスの動きもあるにはあるけど基本的にはスカッシュ(やバドミントン)のように動き、コートの大きさ・壁・ラケットやボールの反発力を考慮しつつ、テニスに近いけど実はけっこう違う打ち方なんだよなーということを頭で反芻しながらテニスのように打つ」

です 笑

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

スポーツ動作の本は、読めば読むほど社会の教科書を塗り絵代わりにしていた学生時代の自分にビンタしたい気持ちに駆られました。


F(力)=m(質量)a(加速度)

僕の中ではこれがギリですが(笑)、この本からもパデルを上手にプレーする上でヒントとなるものが数多くありました。



並進運動と回転運動

運動エネルギーと位置エネルギー

パワーは力と速度との積

生理的限界と心理的限界

運動神経の「神経」とは、あくまで運動指令の伝達路に過ぎず、運動の優劣により強く影響するのは脳

スポーツにおけるスキルの評価基準
1.合目的性
2.効率性
3.力学法則への適合性

運動量と力積の関係

感覚と客観的事実



これらのキーワードはパデルの技術を考える上において、またラケットを選ぶ上においてもとても参考になります。

例えばよく聞くセリフの一つに、「パワーがないからパワーがあるラケットがいい」というのがあります。

このとき多くの人が想像しているのは、少し重ためのラケットやしっかりスイングしたときに飛ぶラケットのこと。

ただ、「パワーは力と速度との積」ということを考えると、

重たくても振れなければダメ
振れても軽くてはダメ

ということになります。

こう考えると、男性より筋力的に劣ることが多い女性が男性用のラケットを使用することや、始めて間もないプレーヤーが上級者向けのラケットを使用することには疑問が残ります。

もちろん感覚的な個人差もありますし、希少性やデザイン性でラケットを選びたくなる気持ちも分かります。

ただこれはテニスの頃から感じていましたが、一般愛好家の多くの方がオーバースペックのラケットを使用しているせいで上手にプレー出来なかったり、ケガの一因になったりしています。

スポーツ科学が分かるとこんなことも分かるようになってきます。

あーもっと勉強しておけばよかったw
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル



「最後だとわかっていたなら」はこんな本です。


当たり前ですが自分の人生において、いつも「今日」が一番若いことを考えるとまだまだなんでも出来るという気になります。

でもそうは言ってもチャンスはそう何度も来ない。

このチャンスは絶対逃さない。

聴覚検査と一緒で、雑音は気にせず大事な音だけを拾っていきたいと思います。

このページのトップヘ