日本パデルアカデミー

「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 技術

パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット

「守破離」という言葉をご存知ですか。

武道や伝統芸能などの世界でよく使われ、その「道」を極めようとするときの成長過程を示した概念で、


守・・・
 茶道や華道で言うところの“型”、囲碁や将棋で言うところの“定石(定跡)”。教えを忠実に守り、「基本」を覚える段階。

破・・・
「守」で身に付けた基本を自分の特性を踏まえて発展、洗練させていく応用の段階です。  長い時間をかけて身に付けた基本を自分に合うようにアレンジしてみたり、他の流派の基本を取り入れてみたりする。

離・・・
「守」「破」をさらに創意工夫し、自分独自のものを確立させる。その人独自のスタイルを作り上げる段階。


パデルに限らずスポーツの多くはこの「守」が一番ボリュームがあり、また深いように思います。

 この段階では指導者や基本に忠実な選手の「真似」をします。

学ぶは「真似ぶ」なので、毎日毎日練習して基礎となる「型」や「定石」をしっかり見聞きして学び、当たり前のことが当たり前に出来るようになるまで、膨大な時間とエネルギーを注ぎ込みます。  

この部分はまさしく言うは易し行うは難しです。

 目新しさはなく、単純な動作の繰り返しばかりなのでつまらない、すぐ飽きてしまう。

ここはスポーツ上達の際の最初の大きな壁です。

「破」は「守」の上に積み上げていくのが大前提で、「守」を飛ばして応用の段階である「破」に進もうとしてもうまくいきません。  

努力してるのになかなか上達しないというのは、「守破」の順番が間違っているケースがほとんどです。

 我流でやってしまったり、「守」を中途半端なままで次に進んでしまうというのは、一見近道に見えてもトータルで考えるととても遠回りです。

間違いに気づいたとき、その間違っている技術を一度身体から消し、再度正しい技術を身に付けなければならないからです。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
「離」に到達した分かりやすい例としては、イチローやマッケンローやフェデラー、パデルでいうとファン・マルティン・ディアス。

この境地に達した選手達は皆とても魅力的なので、つい真似をしたくなります。

守の段階にいる人がこういった選手を見るとつい、「こんなつまらない基本練習より、あんな風にカッコよく打てる練習がしたい」という衝動に駆られます。

この誘惑に負けて守をすっぽかしてしまう人は途中で必ず勝てなくなります。

なぜなら基本をすっぽかしてしまったがために、プレーのどこかに致命的な穴が空いているからです。

強い選手は必ずその穴を見つけ、突いてきます。


私の言葉ではピンとこない方も多いかと思うので、この「守」の大切さや誘惑に打ち勝つ方法を知りたい方は「ベストキッド」(1984年)という映画を観てみてください。

若い方は知らないと思いますが、「守」の大切さが上手に描かれています。

話は逸れますが、アラフォー世代の男性のほとんどは一度はあの「鶴の構え」をしたことがあるかと思います笑


パデルがうまくなりたい貴方。

パデルにおける「ワックス掛け」や「ペンキ塗り」を地道に続けていきましょう。

ダニエルのように自分がいつの間にか強くなっていることに気がつきますよ。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

「パデルとはゲームが素早く簡単に学べ、中毒性のあるスポーツです。
パデルはテニスのように、力強さ、技術、サーブに支配されていないので老若男女一緒に楽しめる理想的なゲーム。
重要なスキルは試合を作る能力で、力強さやパワーよりも戦略によってポイントを獲得します」


あるメーカーはHPでパデルをこのように紹介しています。

“中毒性のあるスポーツ”というのは言いえて妙ですし、試合を作る能力が重要というのも大きく頷けますが、「テニスのように力強さ、技術、サーブに支配されていないので・・・」という部分に関しては異を唱えたい。

個人的には技術にはかなり支配されていると思う。

技術といってもフォアやバック、バンデッハといった各ショットそのものよりも、それらのショットにまつわるグレーディング能力のことで、パデルにおいてこのグレーディング能力の重要さはパデルのルールとコート形状を考慮するとテニス以上に必要な能力のように感じています。

グレーディング能力とは筋力発揮調整力のことで、

簡単に言うと「(適切な)力加減」のことで、難しく言うと「最大筋力の発揮を目指すのではなく、最大化努力度の範囲内で状況に応じた筋力の調整発揮をしてショットを打つ能力」

のことですw
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
このグレーディング能力についてはまた後日書きたいと思いますが、スポーツの世界でよく言われるセリフの一つに「最後はメンタルが大事」というのがありますが、これにも僕は異を唱えたい。

技術レベルが同程度であればメンタルが強いほうが勝つ可能性が高いのは分かりますが、技術レベルに差がある場合その差をメンタルでひっくり返すのは難しいように思います。

メンタルが弱いと実力を発揮出来ないのでは?という意見もありますが、個人的には一定程度の技術を獲得した選手であれば、「自分がどれぐらい努力をしてその技術を獲得してきているか、また、どれぐらいのレベルで自分はプレー出来るかが分かっている」はずなので、通常であれば極端に実力を発揮出来ないということは稀で、技術レベルの差がそのまま勝敗につながると思っています。

三度の三冠王に輝いた落合博満は、「技術があれば心は病まない」と言っていますし、イチローは「精神というのは限界がある。プレッシャーは技術で超える」と言っています。

さらに400戦無敗のヒクソン・グレイシーも、「(目に見えない)技術さえあれば人は強くなれる」と言っています。

落合178㎝、イチロー180㎝、ヒクソン178㎝。

この三人、決して体格に恵まれているわけではないです。

技術が高ければ体格に恵まれなくとも高いレベルでプレーが出来るという証明でもあります。

また引退した年齢も、落合は44歳、ヒクソンは47歳、イチローに関しては44歳の今も現役メジャーリーガーです。

技術があると長くプレーも出来るということです。




中毒性のあるスポーツなのにこんな細かいこと考えてはいけませんね。。

大井町 パデル001 テニス スカッシュ

テニスからパデルに移行する際、誰もが乗り越えなければならない三つの壁がある。

壁といってももちろんコートの壁のことではない。

まず一つ目は、

「テニスをするかパデルをするか」

ここで“パデルをする”を選んだ人は、二つ目に、

「プレー中壁を使うか使わないか」

ここで“壁を使う”を選んだ人は、三つ目に、

「ロブに対してバンデッハを打つかスマッシュを打つか」

という三つの壁がある。

私も経験したが、どれも何度も「結局テニスしたほうがよくない⁈」という誘惑と闘う必要があった。

テニス未経験者や経験が浅い人にとっては、この誘惑がないか少ないはずなので、その点では迷いなくレボテやバンデッハに取り組める。

この「テニスしたい」という誘惑はいけない!ルナ先生以上の誘惑なのでなかなか抗いずらい。

そういう意味ではテニス経験者にも不利な点はあるのである。

このページのトップヘ