日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 戦術

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

パデルを普及させていく上で、テニスとの対比をよくします。

テニスとの共通点や違い伝え、親しみやすさや新鮮さを感じてもらいます。

テニスと違うパデルならではの特徴はいくつかありますが、その中の一つに「(デュース・アドバンテージ)サイドを固定して守る」というのがあります。

現在パデルを頻繁にやっている人の多くは、最初に「パデルってテニスと違ってサイドは固定して守るんだよ」と教えられ、そうなんだと驚き、その通りプレーしつつ現在に至っていると思います。
 
そしてパデルを始めて間もない人に出会ったとき、当然のことながらその人に「パデルって・・・」と自分が教わったとおり伝えます。

そして自分が驚いたときのように、その人が驚きつつ感心している様子を横目にパデルを続けます。

 
World Padel Tourではどうでしょうか。

私が見る限りではサイドを固定してプレーしているペアしかいません。

プロもそうしているし、パデル初めて間もない人にそれを教えてあげると「パデルっぽい」ので驚かれ感心される。

非の打ち所がない、人に伝えたいパデルならではの特徴と言えます。


ですが本当にそうでしょうか。

 テニスに置き換えてみます。

テニスにもIフォーメーションやサイド固定(オーストラリアンフォーメーション) のフォーメーションもありますし、プロのレベルになるとよく見かけます。

テニス愛好家の方であれば、Iフォーメーションやオーストラリアンフォーメーション知っている方も多いと思います。

でも知識として知っていたとしても、「テニスを始めたばかりの方」に、それらのフォーメーションでのプレーを勧めることも話すこともまずないと思います。

なぜでしょう。

それはきっと、そのテニスを始めたばかりの人にとっては「難しい」 と分かっているからです。

フォーメーションの段階的指導法として、テニススクールでは

①ベースラインでの平行陣
②雁行陣
③ネット前での平行陣
④Iフォーメーションやオーストラリアンフォーメーション等の特殊なフォーメーション

といった順番で指導します。

 ④に至っては指導することのほうが稀です。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
私がパデルでこの順番をつけるとしたら、

①→③→④→② 

にします。

なぜこの順番にするかというと、テニスでもパデルでもこの順番で難しくなっていくからです。

テニスにおいてもパデルにおいても、なぜオーストラリアンフォーメーション(サイド固定)などの特殊なフォーメーションをやるかというと、 そのほうが相手に効果があるからです。

レベルが低いときは自分に意識を向け、レベルが上がっていくにつれ相手に意識を向ける必要が出てきます。

もちろんレベルが低いときにサイド固定でプレーしても一定の効果はあります。

ですが与える効果以上に失うもの(ポイント)があります。

なぜならサイド固定でプレーすること自体が難しいからです。

そしてもう一つ忘れてはいけないのは、それぞれのフォーメーションについてのメリット・デメリットを理解して取り入れているかどうか。

サイド固定にはメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。 

それを理解した上で自身のプレーに取り入れているのであれば問題ないですが、「最初にパデルするときそう教わったし、プロもそうしてるし」という理由で取り入れるのは危険です。

テニスでもパデルでも、プロが特殊なフォーメーションを取り入れているのは、自分がそのフォーメーションを高い確率でこなせる技量があることを客観的に認識していて、そして相手に対して戦術的な効果を期待してのものです。

パデル始めたばかりの方と一緒にプレーすると、サイド固定でプレーすることが「パデルのルールだと思っていた」という方に時々お会いすることがあります。

サイド固定でプレーすることはルールでも義務でもなく、あくまでも戦術的な要素です。

もし周りにパデル始めたばかりの方がいたら、これらを理解した上で伝えてあげてください。

テニスより簡単だと言われるパデル。

ただ、簡単な中にも基礎や応用、順番というものはあります。 

パデル テニス スカッシュ ボレー 壁

以前のこの記事とも少し関係してくるが、スポーツに限らず「無くて七癖」とはよく言われる。

これは当然パデルでも同様のことが言える。 

「クセ」というと、スポーツの世界では打ち方やフォームのことがよく取り上げられ、お笑いの世界では千鳥のノブが有名であるが、このクセというのは「頭の中」にも存在する。

この頭の中のクセというのは、プレッシャーがない平常時には現れてこない。

もし平常時にクセが出ているとしたら、よほど短絡的にプレーしているか、フォームに欠点があり過ぎて「ここにしか打てない」というフォームになっているかのどちらかであろう。

クセが出るシチュエーションとしては、「マッチ(セット)ポイント」「ブレーク(ゲーム)ポイント」などの、ゲームの取得や勝敗に関わるポイントだったり、自身のミスが続いているときや、相手の素晴らしいプレーで押し込まれているときなどがある。

簡単に言うと「緊張しているとき」のことであるが、この緊張しているときに多くの人が陥りやすいのは「攻め過ぎ」たり、「守り過ぎ」たりすることだ。 そして打つコースやショットセレクションにも「自分の得意なコースやショットを選びがちになる」といったわかりやすいクセが出てくる。

これに先ほどのフォームのクセを含めると、かなりの確率で相手のプレーが読める。

少し話は逸れるが、テニスや野球などでよく言われる「二年目のジンクス」というのはこれが原因だろうと私は思っている。(もちろん燃え尽き症候群に陥ったり、本人の怠慢などもあるだろうが)

一年目は相手の様々なデータがないので検証のしようがなかったが、二年目はその活躍した選手のフォームの研究に加え、打つ傾向の高いコースやショットのデータ、大事なポイントでのプレーの傾向などが分かってくるため、一年目とまったく同じことをしているだけ(同じことを考えているだけ)では勝てなくなってくるのだ。

このような目に見えないハイレベルな心理戦が行われているにもかかわらず、トップを維持し続けているプレーヤーがどんな努力をしているのかちょっと想像もつかない。

だからパデルのベラやテニスのフェデラーなどは多くの人から称賛されるのだ。

話を元に戻すが、プレーを読まれまいとして弱点の少ない技術を作り上げたり、頭の中を読まれまいとして様々な伏線を張ってプレーしているプロですら、プレッシャーがかかる状況下ではクセが露出する。

ということは我々一般レベルではかなり頻繁にクセが現れるはずである。

こういった相手のクセを知ってプレーするのとそうでないのとでは雲泥の差がある。

野球で自分がバッターのとき、ピッチャーが「ストレートしか投げてこない」のと、「ストレートかカーブかフォークかどれを投げてくるかわからない」というのと、どちらが打ちやすいかは言うまでもない。

このような「相手のプレーを読む」というのはコート上でなくとも学べることである。

練習時間の限られている一般の社会人の方には是非こういったことにも目を向けてもらいたい。 
 

パデル バンデッハ レボテ 壁


以前この「テニスのグリップは任意、パデルのグリップは強制」という記事の中でグリップについて書いたが、その続きである。

テニスやスカッシュ同様、パデルもグリップ(の握り方)次第で出来ることや出来ないことが決まってくる。(このグリップの握り方というのは、道具の進化やルールの変更の影響を色濃く受ける)

分かりやすい例を挙げると、

テニスでウエスタン・グリップでドロップショットを打つことは出来ない 
パデルでウエスタングリップで壁際のボールを返すことは出来ない(これはスカッシュも同様)

他にもスタンスや身体の向き、テニスで言えば両手打ちか片手打ちかどうかなども出来ることと出来ないことと関連してくるが、一番大きなウェイトを占めるのはやはりグリップだ。

先ほどの例をちょっと考えてみてほしい。

ウエスタングリップでパデルをプレーしていた人がいたとする。

この人の他の特徴として、「身体が開き気味でボールをかなり前で捉える」というのがあったとする。

ここまで特徴が顕著だと、この選手を料理することは難しくない。

なぜなら、

ボールが飛んで来やすいコース(飛んで来ないコース)
相手が掛けやすい回転の種類(掛けにくい回転の種類)
攻撃的なタイプか守備的なタイプか
高い打点で打つのが得意か低い打点で打つのが得意か
壁際のボールに強いか弱いかetc・・

こういったことが大方分かってしまうからだ。

こういったことに「気づかない同士」の対戦であれば試合は白熱する。

お互い打つコースやプレーが「ワンパターン」なことに気づかないからだ。

だがどちらか片方のペアにこういったグリップや打ち方による「傾向」を理解しているプレーヤーがいた場合、一方的な試合展開となってしまう。

野球などで、例えばレフト方向に打つ特徴があるバッターと対戦するとき、守備陣が守るポジションを予めレフト寄りにしたりしているのを見たことがあると思うが、あれと同じである。

こういったことはいざ試合が始まってから気づいたり考えたりするものではなく、机の上で考えるものである。

「スポーツは考えるものではなくてやるもの」
「スポーツは身体で覚えるもの」
 
と思っている人は未だに多いが、「スポーツは学ぶもの」と捉えている人も少しづつ増えているのも事実である。

コートで一生懸命努力するのは悪いことではないが、その前に、

「コートでどんな努力を一生懸命したら上手になれるのか」
「コートでどんなことを考えたら試合に勝てるのか」

ということを考えることが、我々一般社会人には必要だと思う。
 

このページのトップヘ