日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: パデル脳

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
Maxiのアカデミーには様々なレベルの選手がいて、これは私の推測だがおそらく3つか4つぐらいのカテゴリーに分かれているような気がする。

今回Maxiのアカデミーで練習するのが4回目だが、今回やっと一番上のカテゴリーの人達と練習が出来るようになったような気がする。

そこで気づいたことがある。

ディフェンス(レボテやドブレ)の技術的な練習がほとんどない。

当然だが必要ないからではなく、このカテゴリーにいる選手はディフェンスの技術を「持っている」というのが前提だからだ。

これに関しては日本でコツコツとディフェンスの技術を磨いていた甲斐があった。

「全員ディフェンスのスキルが高い」という状況で試合をすることは、日本ではまだまだ少ない。

なので相手に「壁を使わせてミスさせる」という戦術が多く使われる。

だがこっちのレベルが高い選手たちとやると、「壁を使われると居心地が悪い」状態に陥る。

このように全員ディフェンスのレベルが高いと攻め方も変わる。

攻め方も変わるので練習内容も変わる。

大きな気づきがありました。



そして今日練習帰りにSupermercado寄ったら、ちびスーパーマン発見しました。

こういう可愛い姉弟はもちろん、全盛期のアン・ルイス意識してるかのような格好の若い子を見かけたりと、ただの買い物が楽しい時間になっています。

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
昨日一昨日と、ベロ(Verónica Virseda Sánchez)と一緒に練習することが出来ています。

彼女は現在世界ランキング30位の選手で、今私がお世話になっているMaxiのアカデミーのスタッフでもあります。

彼女と練習するのは今回で4回目になりますが、やる度に彼女の「強さ」をより感じます。

見方を少し変えるとしたら、彼女の強さに私が気付けるようになってきたということも言えます。

始めて練習したときはもちろん球の速さや、ディフェンスの技術の高さに驚きました(もちろん今も球は速いしディフェンスも上手い笑)が、パデルはテニスほどには技術のみで「全然違う」と感じることはそこまで多くない。

スペインではもちろん、日本でもそれなりのフォームでプレーしている人は多くいる。

ベロとやっていて一番感じるのは、私のやろうしていること、私が考えていることがばれているんじゃないかと思うことです。

分かりやすく言うと「蛇に睨まれた蛙」状態。

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
当たり前ですが彼女と私はパデルの経験値がまったく違いますし、彼女は写真のような世界ランキングトップ10の選手とも対戦したり練習しています。(こういった選手とプレーしている彼女と練習すること自体がとても価値のあるもの。なぜなら彼女がトップの選手とプレーして「必要」と思っていることが、必ず私と練習しているコート上でも出ているはずだからです)

いわゆる「傾向と対策」の質も量も全然違う。

私のそれが国語ドリルぐらいの厚さだとしたら、彼女のそれは六法全書くらいに感じます 笑

彼女が凡ミスをすることはほぼなく、また彼女からエースを取れることもほぼなく、こちらが意図的にミスを引き出すように仕向けないと点が取れません。

半面クロスならまだしも、半面ストレートのみのラリーとなるとどう終わらせるのか分からなくなるぐらいラリーが続きます。

それでも比較的私がしつこいタイプの部類に入るのか、結構長いラリーでポイントが終わって私が肩で息をしていると、半笑いのベロが「How old are you?」と聞いてきますw

腹立つような嬉しいような。。


そしてこれはテニスでも当然ですが、レベルが上がれば上がるほど不用意な一球を強い選手は見逃しません。

その不用意な一球でラリーがまたニュートラルに戻ってしまったり、時にはそこから一気にポイントを奪われてしまったりします。

このレベルの選手と練習することで得られるこの経験は、必ず今後私の財産になります。

そしてこの無形の財産、日本に持って帰りたいと思います。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
「あの選手上手い(巧い)よね」


パデルに限らず様々なスポーツでこのセリフはよく聞く。

だが、この場合の「上手い」は、人によって何を指しているのか異なる場合がある。

技術(スキル)を指している場合もあれば配球などの戦術を指している場合もあり、人によってはプレー全体を見て“なんとなく”上手いと感じている場合もある。

だがスポーツ科学の世界では「上手い」の定義は決まっていて、

環境(状況)把握予測能力
正確さ
素早さ

この3つの要素に長けている人のことを上手いと呼ぶそう。

この3つに優劣はなく、どれが欠けてもダメで、パデルではこの中でも特に「正確さ」の重要度が高いような気がしている。

ここでいう正確さとは、いわゆる「(ボール)コントロール」のことではない。

ここでの正確さとは、

グレーディング能力
タイミング能力
スペーシング(ポジショニング)能力

これらの要素が「正確」であるかということ。

ある本の中に、

「人間は適切な力を予測してから運動を起こす。この調整は、それまでの経験を基にした状況把握能力の予測が強く関わっている。そして一度筋力を発揮したら、筋からの情報を確認しながらグレーディング、タイミング、スペーシングを再調整し、巧みな動作を再構築していく。そしてその動作を繰り返し練習することによって予測、正確さ、素早さの精度を上げていく」

とある。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
ここで興味深いのが、予測が2種類あること。

平たく言ってしまえば戦術的な予測と技術的な予測とがあり、どちらも「上手」にプレーする上で欠かせないものだということ。
 
これまたどちらかが長けていてもダメで、相関関係にあるということ。

 ではこれらの予測力を高めるにはどうしたらいいのか。

一つは上手なプレーヤーの試合を観ること。

プロの試合でも構わない。

そしてもう一つはやはりパデルコートでたくさん練習すること。

そうすることで予測するための「材料」がどんどん頭の中に蓄積されていく。


なんだ、結局練習するしかないのか
そっか、練習してれば身につくのか


どう捉えるかはあなた次第ですが、イチロー選手は引退会見でこう言っていました。

「少しずつ積み重ねていくこと。それでしか自分を超えていけないと思うんですよね。一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて、それは続けられないと僕は考えているので。地道に進むしかない。進むというか、進むだけではないですね。後退もしながら、あるときは後退しかしない時期もあると思うので。でも、自分がやると決めたことを信じてやっていく」

このページのトップヘ