日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: パデル脳

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
以前「アドバンテージサイドのプレーヤーに求められるもの」を書きましたが、今回はデュースサイド(の心構えや性格)について考えてみたいと思います。

  • 忍耐強い
  • 自制心がある
  • 賢い
  • 共感力がある
  • 閃く
  • 戦略家である

などが挙げられます。

テニス同様、基本的にデュースサイドは確率の高いスマートなプレーが出来るプレーヤー求められます。

そのプレーの上に、「ペアを自分の一部のように考えてプレーする」ことが出来ればバッチグーです。

今流行りの言葉を使うなら、「One Team」でプレー内容を考えることが必要で、また、自分の良いプレーより味方の良いプレーでポイントを取ったときのほうが嬉しいと思える気持ちを持つことも必要です。

WPTを見ていると、アドバンテージサイドのプレーヤーがスマッシュで決めた直後に、デュースサイドの選手のほうが激しくガッツポーズをしているという場面を見かけるかと思いますが、あれはそういうことです。

僕ぐらい年齢が上がると、あのガッツポーズを見ただけでも泣こうと思えば泣けます(笑)

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
私は指導する際、不変・普遍・不偏の三つを大事にしています。


不変・・変わらないこと
普遍・・多くに共通していること
不偏・・偏らないこと


そうすると、

①昔はあったけど今はないもの
②昔はなかったけど今はあるもの
③昔も今もないもの
④昔も今もあるもの

ざっくりですがこの4パターンに分けられます。

スポーツ界も(用具の進化に伴い)日進月歩がすさまじいので、勉強していないとあっという間においていかれます。

①はその典型です。

③は考慮しなくてよいので、問題は②と④。

これは私がこれまで指導の現場に携わってきた経験則から言えることですが、いつの時代も②は脚光を浴びます。

「ブーム」「流行り」「トレンディ」「ナウい」などとも言い換えられます。

“新しいもの”は人を引きつけるので当然と言えば当然です。

④は「スタンダード」「定番」「基本」などと呼ばれるものですね。

若い子であれば、女子中高生ケータイ流行語大賞2012で13位に選ばれた「安定の〇〇」なんて言い方をされるものが当てはまります。

当たり前ですがすでにあるものなので、目新しさはなく刺激もありません。

なので多くの人の目にあまり留まりません。

もちろん②も、今は流行りものとくくられているが、年月が経っても変わらず残っていれば「スタンダード」に変わっていく可能性もあります。

ですが逆にもてはやされているのは今だけで、年月が経って振り返ったとき、“あれ”はいわゆる一発屋だったという可能性もあります。

“それ”は現段階ではスタンダードになるかは分かりません。
パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
ですが④に関しては、その心配はありません。

テニスに関しては(現代テニスの形になってから)140年以上の歴史があり、パデルは40年以上の歴史があります。

過去から現在に至るまで、それぞれの時代のチャンピオンが使用してきた、消えずに現代でも使われているものを無視するというのはどうしても私には出来ません。

もちろん、この先“それ”が淘汰され過去の遺産になる可能性もあるので、そこにもアンテナは張っておかなければなりません。

なので私は、指導者というのは「温故知新」の精神が必要不可欠だと思っています。

そしてまずは「間違いの少ない指導」が出来るようになることを目指し、“プラスアルファ”や“独自のメソッド”を考えるのはそのあとです。

ダイエットのスタンダードは今も昔も変わらず「消費カロリーを増やし、摂取カロリーを減らす」です。

一時ブームになっては消えていった「〇〇ダイエット」というのは枚挙にいとまがない。

こういったものは「消費カロリーを増やし、、」という幹から派生している枝葉に過ぎません。

パデルにおける幹とは何か、パデルにおけるスタンダートとは何なのか、これからも探し続けていきたいと思います。


以上、ホームボタンのないiPhoneを初めて触ったときのリアクションが、チンパンジーと変わらないサウスポーおじさんがお伝えしました。

パデル テニス スカッシュ スペイン スポル 名古屋
長年生きていると、どんな人にも「未だに心に残る言葉」というのがいくつかあると思う。

そこまで大げさなものではなくても、何かのきっかけで思い出す言葉というのはいくつもあると思う。

パデルに関して言うと、私はふとしたときにMaxi(スペインでパデルを教わったコーチ)の言葉が頭の中を過る。

そのときはいまいちピンときていなかったことが、時間差で理解出来たり上手に出来るようになることがある。

あるいは、その当時も出来ていた、理解はしていたが、そのときのあの言葉にはさらに「奥」があることに気づいたりということが何回もある。

例えばバンデッハ。

「なぜパデルにおいてバンデッハが必要なのか」

これがしっかり腑に落ちている人がどれくらいいるだろうか。

スマッシュより攻撃性が落ちるうえに、打ちづらい。

頭の中のどこかに「ほんとにバンデッハって打ったほうがいいのかなー」、もしくは「打ち方これで合ってるのかなー」といった疑問がある人も少なくないかと思う。

まだ日本に入ってきて数年とはいえ、もはやパデルに関する情報はいやというほど溢れている。

実際のレッスンを受けずとも、バンデッハの打ち方はネットのあちこちに落ちている。

動画のお手本を真似して、そっくりに打てるよう練習していけばいつしかバンデッハが打てる日は来る。

だが、「バンデッハを(上手に)打つ」ということ自体は目標ではない。

パデルの「ゲームで相手を負かす」という目標のためにバンデッハを(良いフォームで)打つのだ。

と考えると自然と湧き出てくる疑問がある。

「なぜ(スマッシュやビボラではなく)バンデッハを打ったほうがいいのか」
「なぜバンデッハはあのフォームで打ったほうがいいのか」

これが分かって初めて、目的と手段が合致したと言える。

それが分からずバンデッハを上手に打てたとしても、それは「お箸とシチュー」「フォークと味噌汁」のような関係になってしまう。

いくらでもスマッシュでコート外に出せるプロの選手が、なぜあれだけバンデッハを多用するのか。

あれだけ反応も良く、ボレーも上手いプロの選手が、壁を利用して相手のバンデッハを返すのはなぜなのか。


こんなことを考えながらパデルを観たり練習したりしていたら、一休さんやあばれはっちゃくばりにふと閃いた。

と同時に、Maxiはこれが言いたかったのかととても合点がいった。

Maxiが言っていた、「ロブが上がってきたときのファーストチョイスはいつもバンデッハ」という言葉の意味がやっと分かった。

Gracias,Maxi.

このページのトップヘ