日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: パデル脳

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
「あの選手上手い(巧い)よね」


パデルに限らず様々なスポーツでこのセリフはよく聞く。

だが、この場合の「上手い」は、人によって何を指しているのか異なる場合がある。

技術(スキル)を指している場合もあれば配球などの戦術を指している場合もあり、人によってはプレー全体を見て“なんとなく”上手いと感じている場合もある。

だがスポーツ科学の世界では「上手い」の定義は決まっていて、

環境(状況)把握予測能力
正確さ
素早さ

この3つの要素に長けている人のことを上手いと呼ぶそう。

この3つに優劣はなく、どれが欠けてもダメで、パデルではこの中でも特に「正確さ」の重要度が高いような気がしている。

ここでいう正確さとは、いわゆる「(ボール)コントロール」のことではない。

ここでの正確さとは、

グレーディング能力
タイミング能力
スペーシング(ポジショニング)能力

これらの要素が「正確」であるかということ。

ある本の中に、

「人間は適切な力を予測してから運動を起こす。この調整は、それまでの経験を基にした状況把握能力の予測が強く関わっている。そして一度筋力を発揮したら、筋からの情報を確認しながらグレーディング、タイミング、スペーシングを再調整し、巧みな動作を再構築していく。そしてその動作を繰り返し練習することによって予測、正確さ、素早さの精度を上げていく」

とある。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
ここで興味深いのが、予測が2種類あること。

平たく言ってしまえば戦術的な予測と技術的な予測とがあり、どちらも「上手」にプレーする上で欠かせないものだということ。
 
これまたどちらかが長けていてもダメで、相関関係にあるということ。

 ではこれらの予測力を高めるにはどうしたらいいのか。

一つは上手なプレーヤーの試合を観ること。

プロの試合でも構わない。

そしてもう一つはやはりパデルコートでたくさん練習すること。

そうすることで予測するための「材料」がどんどん頭の中に蓄積されていく。


なんだ、結局練習するしかないのか
そっか、練習してれば身につくのか


どう捉えるかはあなた次第ですが、イチロー選手は引退会見でこう言っていました。

「少しずつ積み重ねていくこと。それでしか自分を超えていけないと思うんですよね。一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて、それは続けられないと僕は考えているので。地道に進むしかない。進むというか、進むだけではないですね。後退もしながら、あるときは後退しかしない時期もあると思うので。でも、自分がやると決めたことを信じてやっていく」

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

パデルにはシングルスがありません(普及していません)。

でも個人個人にランキングが付きます。

なのでプレーヤーの中には、ペアとしてではなく「俺一人で世界ランキング1位になってやる」と思ってプレーしている選手ももしかしたらいるのかなとも思います。

現にWPTでも「1人でシングルスやってるのかな」と思うような選手を何人か見かけます。

身体能力や技術がとても高そうな選手を見て、「クロスで1対1のシングルス」という種目がもしもあったら、世界ランキングに変化があるかも⁈なんてことも思ったりします。

でも実際にはそのような選手はナンバーワンではありません。

去年とても注目度の高かったPaquitoとJMDのペアも優勝はなかった(PaquitoはLimaと組んで一度優勝していて興味深い)し、Belaが負傷していたときのLimaもシーズン途中でMarceloやSlingoと組みましたが良い結果は出ませんでした。

limaは3年以上もNo. 1の選手ですから、極端にレベルが劣る選手と組む以外は良い成績が残せそうな気がします。

でもこの試合でのlimaはいつものlimaではありませんでした。


limaほどの選手でもこんな風になってしまうんだととても驚きました。

個々の能力がずば抜けて高い選手同士が組んだからといって強いペアになるとは限らず、片方だけ強い選手のペアでもダメ。

どちらかが明らかに弱いペアももちろんダメです。(これに関しては以前のこの記事に書きました)

となるとどんなペアが良いのか。

これは私の仮説ですが、おそらく、「自分自身の長所短所を客観的に把握した上で、この選手と組むと私の長所がより活き、私の短所が最小限になる」ような選手と組むのがいいように思います。

ただ単に上手い・強い選手と組むだけではダメで、自分を客観視せずただ「自分は最高」と思っているような選手と組むのもダメ。


一言で言うなら相互依存出来るペアがmejorのように思います。

これは技術的な面はもちろん、精神的な面も含まれています。

組むペアによって想像以上のシナジー効果を生み出せる場合もあれば、ただただ足を引っ張り合うだけになってしまうペアもあります。

これはパデルの難しさの一つでもありますが、反面楽しみの一つでもあります。


パデルを桃太郎の劇に例えるとしたら、時と場合によっては黒子にもなり桃太郎にもなれる精神性と技術を持ち合わせているペアがmejorなequipoなんだと思います。

パデル 大井町 コート レッスン

9月8・9日にパデル東京で開催されていたJPT東京オープン2ndステージで優勝することが出来ました。

今回も清立商工所属のAsierと。

これで彼と組んで今年は4大会連続、去年から通算で7大会連続で優勝することが出来ています。

優勝後にも少しスピーチさせてもらいましたが、正直なところ今年の三月に開催された全日本ぐらいまでは二人の個々の技術力で試合をしているようなところが個人的にはありました。

戦術的な要素はあるにはありましたが、セオリー通りのプレーぐらい。

個々に修正し、個々に自分を鼓舞し試合をしていた感じ。

それが3大会ぐらい前から「ペア」として試合に臨んでいるような感覚が出始め、昨日の大会ではかなり良い形でそれが出せるようになりました。

阿吽の呼吸というか、相互依存といったら大げさかもしれないですが、Asierとはそんなようなチームが出来つつあります。

パデルはテニスと同様かそれ以上にラリー中に判断(思考)する時間が少ない。

なのでペアにも意識を向けつつプレーしなければならないというのは苦しい。

ラリー中、「ペアはどこにいるんだろう」「ペアはどこに打つんだろう」というのが気になってしまうようではネットの向こうにいる相手に意識を向けることが出来ない。

また、戦略・戦術を考える際、自分の長所短所とペアの長所短所を踏まえた上で決定しますが、これも「ペアの長所短所が分からない」では決めようがない。(自分の長所短所が分からない人も少なくないが…)

身体の反応に任せてプレーが出来るペアと、一球毎に「判断」しなければいけないペア。

後者が分が悪いのは明らかです。
パデル 大井町 コート レッスン スポル

Asierと組み始めて約1年。

ようやくペアとしてパデルが出来るようになってきていること、ペアでうまくポイントが取れたときの喜びや楽しさなどが理解出来つつあります。

テニスのダブルスでもありましたが、「一心同体」を感じることができるようになりつつあります。

色々な人と組むことで新たな発見が出来たりするメリットもありますが、こういった一心同体を感じることは即席ペアでは難しいように思います。

多くの方にこれからそういったペアを見つけてもらい、一心同体 少女隊を体感してもらえたらと思います。
パデル 大井町 コート レッスン スポル

このページのトップヘ