日本パデルアカデミー

「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 練習

パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット

240日。

これは僕がパデルを始めた最初の一年でバンデッハを練習した日数です。

平均して週5回。

ひと月に20日間。

これぐらいやってやっと一年後ぐらいに「バンデッハって何となくこんな感じなのかな」というのが見えてきた程度です。

「もう4、5回パデルしてるけどまだバンデッハがちゃんと打てない」
「バンデッハ、もうわかった!」

コート内外で時折耳にする言葉です。

今から240回バンデッハを練習しようと思うと、単純計算で週2回練習して約2年半。
週1回だと約5年です。

仮にこの240回という数字がバンデッハをマスターするのに掛かる公式日数だったとすると、これだけの日数が必要で、そして週6回やっても約10ヶ月掛かります。

もちろん類稀なるセンスで簡単に出来てしまう人もいるかと思いますし、数回やっただけでコツを掴める人もいるかと思います。

ただ少なくとも、テニスの技術がある程度身についている私でも、ブレークスルーするまでに約1年掛かりました。


ここで一つ整理しておかなければいけないことがあります。

「バンデッハが出来る」というのは、試合というプレッシャーのかかる状況でも「無意識に出来る」ことを指します。

順番にすると、

球出し練習で意識すれば出来る
球出し練習で無意識に出来る
ラリー練習で意識すれば出来る
ラリー練習で無意識に出来る
練習試合で意識すれば出来る
練習試合で無意識に出来る
試合で意識すれば出来る
試合で無意識に出来る

パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット

本当はこの前に、


コートに入れることが出来る

狙って打てる

速く打ってもコートに狙って入れることが出来る


という段階があります。

ここでいう「出来る」の合格ラインは8割です。

「10球中8球狙ったエリアに入れることが出来る」ということです。

この確率で狙って打てないのであれば、打つボールのスピードを落とすかエリアを広くする。

それでも8割にいかないのであれば、そもそものフォームを見直してみる。

ここでよく見受けられるのは、「2回に1回は入る」程度の確率で良しとしてしまうこと。

2回に1回の「良かったほう」の思い出だけを持ち帰ってしまうこと。

恋愛とバンデッハは同じで、冷静になって良い面悪い面両方見なければ、また同じ過ちを犯してしまいます。

2回に1回入る程度では、「次は入るかな」という気持ちになり、8割入っていれば「また入るだろう」という気持ちになれるはずです。


ただ、これはあくまで「試合に出場し勝利を目指す」選手というのが前提ですのでお間違いなく。

選手であれば自分がどの段階にいるか見極め、一つずつ階段を上がっていってください。

「パデルは簡単なスポーツ」というイメージがあるからか、多くの人が「基本と反復」をすっ飛ばします。

これをすっ飛ばしてしまうと、必ず後で大変になります。

一歩ずつ進んでください。 

パデル テニス 東京 スペイン レッスン

「今のボールは壁使えばよかったのか〜」
「本当は今の壁を使って返したほうが良かったんですよね?」


パデルコートでよく耳にするセリフです。

パデルを始めると文字通り必ずぶち当たる壁の一つに、「壁を使って返球するかしないか迷う」というのがあります。

特にテニス経験者の多くがこの壁を高く感じることと思います。

頭では分かっているし、今のは壁を使って!と耳にタコが出来るほど言われている、という人は多いと思います。

なのに実際にコートに入るとテニスで言うところのボレーやストロークで返球してしまう。。。

私も同じところを通ってきているのでこの気持ちはよく分かります。

そして、

「てゆーか別に壁使わなくったってちゃんとボール返ってるんだからよくない?」

という、自分の判断を正当化したくなる気持ちもよく分かります 笑

ですがこの「壁を使わずテニスの技術でパデル」をしてしまうと、以前この記事で書いたようなプレーになってしまいます。


ではどうしたら壁を使うべきボールが来たときに、きちんと壁を利用して返せるようになるのか。

それは、「壁を使って返球することが得意」と自然と思えるようになるまで練習するしかありません。

少なくとも現在の自分のボレーやストロークと同程度の自信がつくまで高める必要があります。

得意であれば率先して使うようになりますし、どの技術も甲乙つけがたいまでになれば、壁を利用して返すことを極端に避けることもなくなります。

「選択肢の一つ」
「いつでも返せる」
「壁を利用する」

と本心で思えるようになるまで技術を高める必要があります。

壁に苦手意識がある人には共通するある特徴があるので、いくら自分では得意だと言っても見破られてしまいます。


パデルというスポーツは、なぜだか「(このスポーツは)出来る」という気がします。

入口が広く、それでいて奥が深いとても不思議なスポーツです。

でもそれは出来るのではなく、「分かっている」だけなのです。

言い古された言葉ですが「分かると出来るは違う」ということです。


昔日本ハムファイターズの栗山監督が、「練習とは頭の中のイメージと身体のギャップを埋めること」と言っていました。

さあ、練習練習♪

パデル コート 東京 コーチ

「リフレッシュのため」
「趣味として」
「競技として」
「余暇活動の一環」
「レクリエーションとして」
「生涯スポーツとして」


パデルに限らずあらゆるスポーツにはこのような様々な関わり方があります。

人それぞれ価値観が違うのでこの中に優劣はありません。

違うのは目的です。

調べてみると、

リフレッシュ・・
元気を回復すること。また、生き生きと蘇らせること。

趣味・・
専門としてでなく、楽しみとして愛好する事柄。

競技・・
技術や運動能力の優劣を互いに競うこと。

余暇活動・・
余った時間や仕事の合間などの自由に使える時間を使って活動すること。

レクリエーション・・
仕事や勉強の疲れを、休養や楽しみで回復すること。また、そのために行う休養や楽しみ。

生涯スポーツ・・
その生涯を通じて、健康の保持、増進等を目的にスポーツを行うこと。


目的が複数重ねっている方もいるでしょうし、「趣味以上競技未満」という方、そもそもそんなこと考えたこともないという方も多くいるかと思います。

私の場合は「競技スポーツ以上プロスポーツ未満」といったところでしょうか。

パデル テニス 所沢 東京 スペイン


さて、今回取り上げたいのは競技スポーツについて。

私たちはオリンピックやプロスポーツを観戦していて感動したり、勇気をもらえる瞬間がよくある。

これはレクリエーションとしてプレーしている人たちを見ていても起きない現象である。

競技スポーツの持つ目的としては、先ほど挙げた事項よりも「相手(チーム)に勝つこと」「自己の記録を上げていくこと」がメインとなる。

相手に勝ったり自己記録を更新していくには、簡単に言えば自分の実力を上げていく以外に方法はなく、相手に勝ったり記録を更新したとき、「実力が上がった」ということになる。

このとき選手は、努力をしたことで得た成果に喜びや幸福を感じることが出来る。

そしてもう一つ大きいのは自信を得ること。

その競技自体に自信を持てるようになることはもちろん、その他の物事に対しても自信を持つことが出来るようになる。

これらは目に見えないものであり、またお金で買えない感覚でもある。

カネで買えないものとは、愛と正義とスポーツ技術、といったところでしょうか。

逸れましたが、そういった競技としてそのスポーツに取り組んでいる人自身ももちろんですが、その選手の周りの指導者や練習仲間、プロレベルであればその選手を応援しているファンなども喜びや幸福、勇気や感動を与えてもらえる。

ある選手が「もっと強くなりたい」という気持ちを活力にし努力する、その選手を見た別の選手がそれに感化され動き出す、その選手の頑張りを見てまた別の人が他分野で努力を始める・・・

こんなプラスの連鎖が生まれる可能性を競技スポーツは秘めています。

image


20代の頃、

「そんなに練習して上手になったからって、これからもうプロになれるわけじゃないんだからほどほどにしたら?」

というセリフを何度か言われたことがありますし、コーチに専念してからは生徒に、

「周りの知人に“そんなに週3回も4回もやったってプロになるわけじゃあるまいし、ちょっと落ち着いたら?”と言われ、なんか虚しくなってきちゃって。そんなにやっても意味ないですか?」

というセリフを何度も耳にしてきました。(もしこの人が本当にプロになることだけを目的にプレーしているのだとしたら、知人の言っていることは正しいのですが)

こういった類の発言をしてくる人が昔は大嫌いでした。

腹が立ちましたし、虚しさも感じていました。

それだけが目的じゃないと思いながらも返す言葉が見つからない。

でも今は先ほどのような相談に来る人に対しては、

「プロにはなれないかもしれないけど、努力をしなければ得ることが出来なかった喜びや幸せ、自信を得ることが出来るかもしれない。もし思うような結果が出なかったとしても、周りの人たちに勇気や感動を知らず知らずのうちに与えているかもしれない。人に影響を与えられるってすごいことだと思いますよ」

的なことを答えています。

お金で買えないもの、目に見えないものが手に入る、感じることが出来る。

これって素晴らしいことだと思いませんか。


もっと素晴らしくなるにはこの水晶玉を・・・笑

このページのトップヘ