日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 本

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

私はテニス時代、恩師から「選手として心技体、そして頭が最も成熟するのは40代」というのを言われていました。

当時は20代でしたから、「さすがにそれは言い過ぎなんじゃ・・」

と思っていましたが、実際に自分が40代になりプレーしていて、少しだけその言葉の意味が分かるようになってきました。

これらの本の中にも少しその答えがありました。


面白かったところを少し抜粋すると、

キャバクラやホストを求める人は言語による快感を求めている

というのはスポーツとは関係ないけど(笑)なるほど興味深かったですし、文中にあった「大数の法則」は、私はテニスやパデルにおいてとても大切な考え方だと思っています。

プラシーボ効果」は私自身絶対あると思っていますが、脳科学的にも証明されているらしい。

年齢を重ねても新しく神経細胞は生まれ続け、神経回路は変化し続ける。人間の脳は経験によって大きく変わる

これは40代の私にとってとても強く背中を押してくれる言葉でした。


何かを始める際、“それをしないと気持ちが悪いと感じる”ようになるまで頑張る
長期間の努力を要する作業は、大抵始めるときがいちばん困難。私たちの脳が“努力とその結果与えられるご褒美”を覚える。習慣づけてしまえば次第に楽になり、最後には苦しいとは思わなくなる

例えばパデルで、レボテを中心としたディフェンスの技術を高いレベルまで持っていこうとすると、肉体的にもしんどく、また地味な練習メニューが多い。

なのでなんとなく肉体的にキツイから避けたり、つまらないからやらなくなりがちです。

そこを一日一善ならぬ、「一日一レボテ」を今年の目標にしてはいかがでしょうか。

一日一レボテなら続けるのは全然難しくない。

「レボテをしないと気持ち悪い」と思うようになるまで頑張りませんか。

その努力の結果「与えられるご褒美」を考えながら今年一年を過ごし、そして2020年を一緒に迎えませんか(^^)

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

スポーツ動作の本は、読めば読むほど社会の教科書を塗り絵代わりにしていた学生時代の自分にビンタしたい気持ちに駆られました。


F(力)=m(質量)a(加速度)

僕の中ではこれがギリですが(笑)、この本からもパデルを上手にプレーする上でヒントとなるものが数多くありました。



並進運動と回転運動

運動エネルギーと位置エネルギー

パワーは力と速度との積

生理的限界と心理的限界

運動神経の「神経」とは、あくまで運動指令の伝達路に過ぎず、運動の優劣により強く影響するのは脳

スポーツにおけるスキルの評価基準
1.合目的性
2.効率性
3.力学法則への適合性

運動量と力積の関係

感覚と客観的事実



これらのキーワードはパデルの技術を考える上において、またラケットを選ぶ上においてもとても参考になります。

例えばよく聞くセリフの一つに、「パワーがないからパワーがあるラケットがいい」というのがあります。

このとき多くの人が想像しているのは、少し重ためのラケットやしっかりスイングしたときに飛ぶラケットのこと。

ただ、「パワーは力と速度との積」ということを考えると、

重たくても振れなければダメ
振れても軽くてはダメ

ということになります。

こう考えると、男性より筋力的に劣ることが多い女性が男性用のラケットを使用することや、始めて間もないプレーヤーが上級者向けのラケットを使用することには疑問が残ります。

もちろん感覚的な個人差もありますし、希少性やデザイン性でラケットを選びたくなる気持ちも分かります。

ただこれはテニスの頃から感じていましたが、一般愛好家の多くの方がオーバースペックのラケットを使用しているせいで上手にプレー出来なかったり、ケガの一因になったりしています。

スポーツ科学が分かるとこんなことも分かるようになってきます。

あーもっと勉強しておけばよかったw
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル



「最後だとわかっていたなら」はこんな本です。


当たり前ですが自分の人生において、いつも「今日」が一番若いことを考えるとまだまだなんでも出来るという気になります。

でもそうは言ってもチャンスはそう何度も来ない。

このチャンスは絶対逃さない。

聴覚検査と一緒で、雑音は気にせず大事な音だけを拾っていきたいと思います。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

ナダルの叔父、トニ・ナダルの本にはとても感銘を受けました。

賛否両論あるコーチングスタイルかとも思いますが、僕は好きです。

多くの点で納得出来ます。

なかでも、自身の性格について「私の批判的性格の最大の問題点は、私がいつまでたっても満足を覚えることが出来ず、したがって安息を得られないということ。(中略)あらゆるものに疑問を突きつけるため、無条件で何かを楽しむということが出来ない」と書いてある部分があるのですが、これには大きく頷きながら爆笑してしまいました。

テニスに関する細かい技術的な内容はほとんど書いてないので、テニスを知らない方でも十分読めます。

他のスポーツ指導者や選手の方にもぜひ読んでいただきたい本です。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

先週は東京FMにて中西哲生さんがメインパーソナリティを務める、クロノスというラジオ番組の週録に行ってきました。

もちろん初のことでかなり緊張しましたが、パデルについて少しだけ話してきました。

エレファントカシマシの宮本さんの気持ちがよく分かりますw

全国にあるスポーツショップ、スーパースポーツゼビオの店内でも流れるそうです。


さて、コンディションも良くなったので今週から練習再開です。

Vamos!!

このページのトップヘ