日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 本

パデル サッカー ライフキネティック
ライフキネティックという考え方に興味があり、それについて記載がある本ということで手に入れてみたのですが、数ページしか載っていませんでした。。

脳を活性化する「ライフキネティック」の凄み

コーディネーショントレーニングとかなり似ていますが、スポーツに特化せず、脳内のネットワークを改善し、また認知・判断機能の向上を目指すということで、老若男女問わず出来るメソッドのようです。


さて、この本の著者は、


子供のときは楽しさが最も大切
子供のときは自信がとても大切
サッカーを行う上で兼ね備えていなければならないものをすべて持っている選手を育てる
子供の頃から練習の中で多くのミスをさせる
自分たちに足りない部分を考えると同時に、もっと自分たちの長所を考える必要がある


と書いていました。

まさしくその通り!

と言いたいところですが、親御さんの中にはまだまだ勝利至上主義な方はいますし、幼少期から結果や大人顔負けのプレーを求める、悪い意味での拙速主義な親御さんも依然として一定数います。

指導の現場ではこの「理想と現実」の狭間でかなり苦労しています。


ちょっと思い出してみてください。

「 何も足さない 何も引かない」

「山崎」は昔こう言っていましたよね。

「何も足さない、何も引かない。 ありのまま、そのまま。この単純の複雑なこと」

これってウィスキーだけじゃなく、スポーツの指導にも当てはまる言葉でもあります。

小学6年生まで錦織圭選手を指導していた柏井コーチは、「圭の“邪魔”をしないよう指導していた」と言っていました。

お子さんに何かを足す、何かを変える、何かをやめさせるのは、お子さん本人が望んでからでも遅くはないと思います。

以上、山崎もタリスカーもイチローズモルトも全部同じに感じる味オンチの独り言でした。 

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
「なぜ自分はこんなにスポーツ(運動)が好きなのか」
「なぜ自分は試合に勝ちたいのか」
「なぜ自分はそこまでしてボールを上手に打てるようになりたいのか」


こんなことを以前から考えるようになり、答えを見つけられるかなと思いこの本を手に取ってみました。

やはりスポーツは「遊戯」からきていて、中世では日頃の生産活動からの一時的な開放(リフレッシュ)も目的とされていたよう。

トーナメントの語源は中世ヨーロッパで行なわれていた騎士の馬上試合らしく、「トーナメント」に勝利した騎士は品位と徳性を備えた「騎士道精神」を兼ね備えている騎士と見なされていた。

そして騎士道精神を身につけた騎士たちは、自らの生活を冒険と愛の探求に求め、諸国を歴訪してはその武勇と気品とを顕示することにあてていた。

真剣勝負による実力の誇示と、自らの勇気と気品をさらに向上させるために訓練をしていた。

一方でトーナメントの勝者は試合が終わった後、女王から花輪と元気な若い軍馬を授与され、試合後に城中で開催される貴族たちの贅沢極まりない陽気な宴会に招かれることもあった。

第2章の「ボールとは?」では、

ボールとは何か。
そしてなぜボールは丸いのか。
(中略)マヤ、アステカ時代において球技の本質的なメッセージは、宇宙的イベントであった。丸い物体が飛び交う様子に、天体(月や太陽)を同一視したからこそ球形物を投げ、飛ばすことに価値を認識していた。
ボールは単なる遊び道具ではなかったということだ。


要約すると私は、

とにかく遊びたい
「品位と徳性を身につけたい」を隠れ蓑に、贅沢したり自己顕示欲を満たしたい
宇宙との交信がしたい

ということのようです笑

パデル テニス スポーツビジネス最強の教科書 大井町 スポル

学生の頃から「教科書」という響きに嫌悪感を抱いていますので、読もうか読むまいか迷っていましたが、結果読んでとても参考になりました。


「ヤンキースが新しくスタジアムを建設した際、座席数を減らした理由」

とか、

「チームの成績と人件費は相関関係にあるという研究結果があり、選手や指導者といった才能への人件費支出を増加させることは、チームの勝率を上げるために十分なだけでなく必要な条件」

であるとか、

「勝利とは単に勝つことだけでなく、勝利を最後まで求めること、勝利を追求するプロセスで多くのものを得られることを含む。勝利という目的を達成するために理念に基づいた強化や管理といった手段が重要」

とか、読んでいて相づちの鉄則、「はひふへほ」が思わず出るぐらい勉強になりました。


それと、文中に「アルゼンチンと日本は国民の平均身長が変わらない」という一文があり、となるとパデル最強国の呼び声高いアルゼンチンに日本も近づけるのではという気持ちになりました。

ただサッカーなどではかなり実力に差があることを考えると、体格などのスケール効果以外の何か(環境や脳)が違うんだと考えます。

最近この「脳」にとても興味があります。

パデルに限らず、「たくさん練習して身体に覚えこませなきゃ!」というセリフはテニスでもよく耳にします。

ですが「筋肉には記憶能力がない」ので、正確にはこの場合の身体の部位は「脳」ということになります。

だからただひたすら練習するより、何かを意識して脳に覚えこませる必要があります。

自分自身でも脳にいろいろな情報や刺激を与えたら、まだ良い変化が起きそうな気がしています。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
他にも、

「日本のピッチャーは膝を曲げ、ボールを前に移動させる(並進運動)距離を確保するが、アメリカは膝を伸ばし肩の移動スピード(反動)を高める」

動作の中で求めているのは前者はコントロールで、後者はスピード。

もちろん全員が全員ではないが、こういう傾向があるそう。

そして日本にはオーバースロー、スリークォーター、サイドスロー、アンダースローなど投げ方が多数あるが、アメリカではそれほどない。

これは、日本が「バッターが打ちにくくする」ことを主体に考え、アメリカは「スピードで抑える」ことを主体に考えているからだそう。

これでいうと私の思考も日本寄りです。

1998年に38年振りに日本一に輝いたベイスターズを牽引した選手の一人、大魔神こと佐々木主浩投手はストレートとフォークのほぼ2球種で勝負し、4年連続最優秀救援投手となっています。

なぜ二種類しかないのに打たれないのか。

個人的にはこの部分をパデルでも追及していきたいなと思っています。

もしかしたらBelaもこの部分が長けているのかもなんて勝手に想像しています。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
少し逸れましたが、先ほど出た複数あるピッチャーの投げ方も、体幹の傾きが異なるだけで脚の出し方、肩から先のムチ動作、スナップ動作などはほとんど同じである、とあります。

これはパデルでも同様で、remate、liftado、viboraこれらのショットも体幹の傾きが異なるだけで、脚の出し方、肩から先のムチ動作、スナップ動作などはほとんど同じです。

パデルにはテニスにはないパデル特有のショットがいくつもありますが、各ショットは「腕を屈伸させるか」「反動をつけるか」「ムチ動作を入れるか」で大別することが出来ます。

こうして枝葉の部分ではなく、幹の部分の理解があると間違いが少ないように思います。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
「家で素振りしたほうがいいですか」
「コート借りてたくさん練習しないとダメですよね」


これもよく聞かれます。

これに対する回答を以下第4章-「打つ」-から抜粋します。

「素振りで理想とする動作が出来ないのに、何度も(素振りの)練習をすることは、習字で下手な見本を見て何度も練習するのと同じで、効率が悪いどころか、変な癖がついてしまう。まず素振りで目標とする動作を習得すること」


「努力すること」が大事なのではなく、「正しい努力をすること」が大事ということですね。

このページのトップヘ