日本パデルアカデミー

「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 本

パデル テニス スカッシュ スペイン 東京

「コミュニケーション」「エンターテイメント」「パーク化」「コミュニティ」といったキーワードが、これからのスポーツ業界で大事になってくるような気がしました。

あれ、パデルってどれも満たせるような気が。



吉田沙保里選手と水谷隼選手、やはりチャンピオンだけあって変態です。

何が変態かというと思考がです。

僕は変態が大好きです。

チャンピオンになるような人はやはり頭の中がちょっと違います。

「練習」「休息」「試合」などの捉え方は、一般プレーヤーとチャンピオンとで違うのはもちろん、チャンピオン個々人によっても違います。

例えば練習。

「すべて出し切る」とか、「All out」とかいうのはよく耳にすることがあるかと思いますが、水谷選手は、

「追い込むと反動が来る。追い込んだぶん休養を取らないといけないので、練習では少し物足りないくらいでやめておくのがベストと思っている」

と言っています。

一般プレーヤーとチャンピオンの考え方、どちらを参考にしたほうがいいのか。

思考は行動に表れるので、当然チャンピオンの考え方を取り入れて練習したほうが強くなる可能性は高い。

だがここで盲目的になってはいけない。

なぜかというと、その考え方が「そのチャンピオン独自の思考」かもしれないからだ。

これはダイエットに当てはめると分かりやすい。

「水とガムダイエット」「ヨーグルトダイエット」「野菜と豆腐ダイエット」など、現れては消えていく新しいダイエット法の数々。

どれも提唱者はその方法でダイエットに成功しているのだから、間違いとは言い切れない。

だがそれで多くの人がダイエットに成功したかというと疑問が残る。

取り入れようと思っている人からすると、どの方法を取り入れたらいいのか迷う。

でもどんなに突拍子もないダイエット法を謳っている人でも認めている考え方がある。

それはダイエットには「摂取カロリーを抑え、消費カロリーを増やす」ということが大前提ということ。

おそらくこの基礎・基本を無視して提唱しているダイエット法はないように思う。

もしここを無視しているとしたら、それは「ただの個性派」になってしまう。

枝葉の部分に躍起になるより、太い幹の部分を外さずに行なったほうが効果が高いのは言うまでもない。

パデル テニス スカッシュ スペイン 東京
スポーツに置き換えてみる。

各種スポーツには昔から語り継がれている「セオリー」があり、多くの選手の頂点に立つ「チャンピオン」が発する言葉が残っている。

「ただの個性派」なのか、「そのチャンピオン独自」のものなのか、「普遍的」なものなのか。

取り入れようとしているものはどれに当てはまるのか。

そこを見極める必要がある。



最後に水谷語録をちょこっとだけ。

同列に並べることは出来ませんが、スペインに行っていたときのことを思い出し、共感出来る部分が多々ありました。



ヨーロッパなどではミスすると露骨に嫌な顔をされる。それが恐怖心になり緊張感になる。
自分の力を示し、相手がそれを認めてくれれば練習で自分を指名して来る。

レベルが上がっていけばいくほど強い相手を求めて練習するしかない。だからこそ常に新しい環境に飛び込む。

 練習では実力を問うのではなく、その選手の意識を問うて相手を探したい。
高い意識でやっている選手のボールは生きている。
本気で自分に立ち向かってくるようなボールを打っているかどうか。
強い選手はみなそういう悩みを持っている。

ヨーロッパの練習は目の前のボールに対し、全神経を集中させて打球するためにラリーを続けようという気はまったくない。

誘いを断ったら仲間に嫌われるけど、嫌われても自分のやり方を貫く人が強くなる人間。

自覚ある異常者は強い。

私は生まれながらに異常性を持っていたのではなく、勝つために「異常性」を備えた。

いかに練習で正しい反応を身に付け、その反応出来る領域を広げていくかが大切。

海外に行くと、練習場所が確保され、練習相手もいる。
卓球以外の余計なものは何もないために、卓球だけに集中出来る。
食生活でも必要なものしか摂取しない。
さらに海外で単身でやることによって、「俺は一人でやっているんだぞ」という自信が出て来て、強くなることを再確認して、新たに決意することが出来る。

他の人が楽しんでいるような時にも、「俺はそんなお前らとは違う。俺一人で挑んでいるんだ」という強い気持ちになれる。
海外に行って一番良かったのは卓球が強くなれたことであり、自分の知らない世界を見れたこと。
そして、視野が非常に広がった。
海外に行ってみて自分はなんて狭い世界にいたんだろうと痛感した。
言葉を含め生活では苦労が多いが、それでも不自由な環境を経験することが精神面を強くする。

本当に強くなろうと思ったら、海外の強い選手と練習や試合をしたほうが自分のためになる。

開成高校 野球部 パデル 東京 所沢
頭の良い子が野球をするとこういう発想になるのだなと感心しました。

「エラーは開成の伝統」らしく、

「僕たちのようにエラーしまくると、相手は相当油断しますよね。油断を誘うみたいなところもあるんです」

と戦略の一環でエラーしてるかのような発言があったかと思えば、 

「でも僕たちは油断ではなくなめられているんです。油断はそこに付け入ることも出来ますが、なめられていいことは一つもありません。なめられているということは相手は楽な気持ちでいるということしか意味しませんから」

 「油断している」と「なめている」の違いを理解していたり、駆け引きやバッティングや守備などに関して、とても面白い考え方をしている子たちばかりでした。

中でも感じたのはみな自分を客観的に分析していること。

野球に限らずパデルでも自分をよく知ることはとても大事で、さらに言えば本当の自分の実力を自分が本当に理解していることが本当に大事です。

ある子が、

「苦手は自分でそう思っていることということで、下手は客観的に見てそうだということ」

なんて発言もしています。

多くの人は自分の実力を本当の自分の実力以上に評価してしまいますが、この子達はどちらかというと過小評価しているような気がしました。

頭が良いとなんでもわかり過ぎてしまうのでしょうか。
 
過小評価してしまうと本当は出来ることも出来なくなってしまうので、過不足なく実力を評価することが自分の実力を上げていく上で重要です。
padel パデル 東京 所沢
この野球部の選手たちも面白いのですが、僕がもっと興味を惹かれたのはこの野球部の監督。

「確実に1点取ってもその裏の攻撃で10点取られる。局面における確実性を積み上げていくと、結果的に負けてしまう」

「送りバントのようなセオリーを用いるチームには、“相手の攻撃を抑えられる守備力がある”という前提が隠されている。だが我々にはそれがないから“10点取られる”という前提で、一気に15点取る打順を考える」

この発想には高校野球ならではの「コールド」というルールも関係しています。

与えられた条件と環境で勝つ確率がいちばん高い方法を選択する。

勉強になります。

これをちょっとパデルに当てはめてみます。

「守れないから攻撃をより強化する」

これ、パデルでも使えそうな考え方です。

でも野球と大きく違うところがあります。

野球では守備をしているときはどんなに良い守備をしても自チームに点は入らず、パデルは守備をしているときでも点が入る可能性があるということです。

野球では攻撃をしているときはうまくいけば5点10点と大量得点を積み重ねていくことも出来ますが、パデルではどんなに良いショットでポイントを取っても1点、どんなに良いプレーを続けても一度に1ゲームしか取れません。

これが「ノータッチエースを取ると2ポイントもらえる」とか、「レマテ・ポル・トレスを成功させると1ゲームもらえる」のようなルールであれば、私もおそらくレマテ・ポル・トレスしか練習しないと思います笑

ルールと言えばテニスではテレビ放映等の関係で5セットが3セットになったり、(スーパー)タイブレークやノーアドバンテージ方式が採用され、どんどんスピード化、短期決戦化してきています。

一時期はサーブを1回だけにしようという試みもありましたし、サーブのレットを廃止しネットに当たってサービスボックスに入った打球は続けるという試みもありました。

当時はこのどちらも選手から大不評だったので採用されませんでしたが、「サーブのレット廃止」は現実のものになりつつあります。

先日行われた21歳以下の選手による「ネクストジェネレーションATPファイナル」では、このサーブのレット廃止のほかに、4ゲーム先取の5セットマッチ、ノーアドバンテージ方式の採用などが実際に採用されています。

パデルもこれまで少しづつルールが変更され、今年からはテレビ放映も始まったようなので、もしかすると試合時間短縮のためにこういった改正もいつしかあるかもしれません。
padel パデル 東京 所沢
話が逸れましたが、他にもこの監督は、

「バッティングとは物理現象」
「ちゃんと半身になって両肩を結ぶ線より上に肘を上げて、体重移動で前に投げる。これが安定的に出来ればピッチャー」

バッティングもピッチングも獲得する動作と言っています。

レボテもレマテも同様です。


「全てはまず基本動作から。基本動作は理屈から。理屈とは動作を分解すること」

パデルの基本も同様です。


「野球に教育的意義はない。野球はゲームに過ぎない」

巷のジュニアスクールでは教育や躾の要素を前面に出したものが溢れていますが、個人的にはこの監督と同様、パデルもテニスも「ゲーム」を楽しむものと思っています。


「練習ではなく実験。1球ごとに実験する。やること自体は同じでも、取り組む考え方を変える」

おおいに賛同出来ます。

傍から見ると「いつも同じ練習しかしてない」ように見えても、やってる本人は毎回新鮮ということもあります。

さらに、もちろん日々の練習(実験)には目的があってしているのですが、若い頃は「練習しなきゃ」だったのが年齢を重ねてくるとコートで思う存分プレー出来ること、パデルに関して試行錯誤していること自体が楽しいと思えるようになってきました。


「野球の守備に関して、練習して上手になってもエラーすることはあり、下手でも上手に処理出来ることもある。1試合で各ポジションの選手が処理する打球は大体3~8個。そのうち猛烈な守備練習の成果が活かされれるような難しい打球は1つあるかないか。そのために少ない練習時間を割くわけにはいかない」

これもパデルに当てはめられます。

守備練習の部分を「スペシャルショット」に置き換えて読んでみてください。


「球がストライクゾーンに入らないとゲームにならないから、それは相手に対して失礼。うちのチームとしては試合をしたい。試合をするには打たれるにせよストライクを安定的に入れなければいけない。勝負の前にマナーとして」

これも大いに頷けます。

テニスではよく技術を高めていく際、

①コートに入れることが出来る
②左右に打ち分けられる
③深さを打ち分けられる
④回転を打ち分けられる
⑤スピードの強弱をつけられる

という順番で行ないますが、この最初の段階がおぼつかない人がパデルでも多数います。

「ボールは速いがコートに入れられない」人のよく言うセリフとして、

「そんなゆっくり入れるだけのボールじゃ相手に打たれちゃいますよね」

というのがあります。

こんなとき私は、

「これだと相手と試合してることにならないですよね。負けるかもしれませんが、どうせ試合に出るなら相手と勝負したほうが試合に出た意味が出てくるんじゃないでしょうか」

と言っていますが、これからは一言、

「それはマナー違反ですからやめてください」

というようにします 笑

パデル テニス スカッシュ スペイン 新スポーツ
なんとなくは聞いたことはあるがうろ覚えだったことや、初めて知ったことなどがいくつもありました。

「自分の筋の出力特性だけでなく、身体の各部分のテコ比も知ることが自分に適した運動動作、競技種目を考える上で重要」

「筋力を発揮するには筋肉量を増やすことも大事だが、動員率を高めること、収縮のタイミングを合わせることも大事」

「乳酸と筋肉痛には因果関係が認めにくい」

「筋肉痛の度合いでトレーニングの負荷を決めるのは間違いである可能性が高い」


「人間の持つ機能は、使わなければ退化し、適度に使えば発達するが、使い過ぎると萎縮してしまう」というのが生理学の基本原則とのことで、室伏重信氏も「生物は刺激に反応し続けると適応する。これが心身を鍛えるうえでとても重要なキーワード」と言っていますが、言葉にするとこんな簡単なことなのに、これを実行・継続するとなるとまさに言うは易く行うは難しです。

これからも適度な刺激を与え続けていきたいと思います。


さてこの本の中でいちばん勇気づけられたのは、

「年を取ると筋肉痛になるのが遅くなる」は実験では差異が認められないこと。

これで、筋肉痛になっていないのに筋肉痛のフリをする必要がなくなりました 笑
 

このページのトップヘ