日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 本

パデル テニス スポーツビジネス最強の教科書 大井町 スポル

学生の頃から「教科書」という響きに嫌悪感を抱いていますので、読もうか読むまいか迷っていましたが、結果読んでとても参考になりました。


「ヤンキースが新しくスタジアムを建設した際、座席数を減らした理由」

とか、

「チームの成績と人件費は相関関係にあるという研究結果があり、選手や指導者といった才能への人件費支出を増加させることは、チームの勝率を上げるために十分なだけでなく必要な条件」

であるとか、

「勝利とは単に勝つことだけでなく、勝利を最後まで求めること、勝利を追求するプロセスで多くのものを得られることを含む。勝利という目的を達成するために理念に基づいた強化や管理といった手段が重要」

とか、読んでいて相づちの鉄則、「はひふへほ」が思わず出るぐらい勉強になりました。


それと、文中に「アルゼンチンと日本は国民の平均身長が変わらない」という一文があり、となるとパデル最強国の呼び声高いアルゼンチンに日本も近づけるのではという気持ちになりました。

ただサッカーなどではかなり実力に差があることを考えると、体格などのスケール効果以外の何か(環境や脳)が違うんだと考えます。

最近この「脳」にとても興味があります。

パデルに限らず、「たくさん練習して身体に覚えこませなきゃ!」というセリフはテニスでもよく耳にします。

ですが「筋肉には記憶能力がない」ので、正確にはこの場合の身体の部位は「脳」ということになります。

だからただひたすら練習するより、何かを意識して脳に覚えこませる必要があります。

自分自身でも脳にいろいろな情報や刺激を与えたら、まだ良い変化が起きそうな気がしています。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
他にも、

「日本のピッチャーは膝を曲げ、ボールを前に移動させる(並進運動)距離を確保するが、アメリカは膝を伸ばし肩の移動スピード(反動)を高める」

動作の中で求めているのは前者はコントロールで、後者はスピード。

もちろん全員が全員ではないが、こういう傾向があるそう。

そして日本にはオーバースロー、スリークォーター、サイドスロー、アンダースローなど投げ方が多数あるが、アメリカではそれほどない。

これは、日本が「バッターが打ちにくくする」ことを主体に考え、アメリカは「スピードで抑える」ことを主体に考えているからだそう。

これでいうと私の思考も日本寄りです。

1998年に38年振りに日本一に輝いたベイスターズを牽引した選手の一人、大魔神こと佐々木主浩投手はストレートとフォークのほぼ2球種で勝負し、4年連続最優秀救援投手となっています。

なぜ二種類しかないのに打たれないのか。

個人的にはこの部分をパデルでも追及していきたいなと思っています。

もしかしたらBelaもこの部分が長けているのかもなんて勝手に想像しています。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
少し逸れましたが、先ほど出た複数あるピッチャーの投げ方も、体幹の傾きが異なるだけで脚の出し方、肩から先のムチ動作、スナップ動作などはほとんど同じである、とあります。

これはパデルでも同様で、remate、liftado、viboraこれらのショットも体幹の傾きが異なるだけで、脚の出し方、肩から先のムチ動作、スナップ動作などはほとんど同じです。

パデルにはテニスにはないパデル特有のショットがいくつもありますが、各ショットは「腕を屈伸させるか」「反動をつけるか」「ムチ動作を入れるか」で大別することが出来ます。

こうして枝葉の部分ではなく、幹の部分の理解があると間違いが少ないように思います。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
「家で素振りしたほうがいいですか」
「コート借りてたくさん練習しないとダメですよね」


これもよく聞かれます。

これに対する回答を以下第4章-「打つ」-から抜粋します。

「素振りで理想とする動作が出来ないのに、何度も(素振りの)練習をすることは、習字で下手な見本を見て何度も練習するのと同じで、効率が悪いどころか、変な癖がついてしまう。まず素振りで目標とする動作を習得すること」


「努力すること」が大事なのではなく、「正しい努力をすること」が大事ということですね。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

私はテニス時代、恩師から「選手として心技体、そして頭が最も成熟するのは40代」というのを言われていました。

当時は20代でしたから、「さすがにそれは言い過ぎなんじゃ・・」

と思っていましたが、実際に自分が40代になりプレーしていて、少しだけその言葉の意味が分かるようになってきました。

これらの本の中にも少しその答えがありました。


面白かったところを少し抜粋すると、

キャバクラやホストを求める人は言語による快感を求めている

というのはスポーツとは関係ないけど(笑)なるほど興味深かったですし、文中にあった「大数の法則」は、私はテニスやパデルにおいてとても大切な考え方だと思っています。

プラシーボ効果」は私自身絶対あると思っていますが、脳科学的にも証明されているらしい。

年齢を重ねても新しく神経細胞は生まれ続け、神経回路は変化し続ける。人間の脳は経験によって大きく変わる

これは40代の私にとってとても強く背中を押してくれる言葉でした。


何かを始める際、“それをしないと気持ちが悪いと感じる”ようになるまで頑張る
長期間の努力を要する作業は、大抵始めるときがいちばん困難。私たちの脳が“努力とその結果与えられるご褒美”を覚える。習慣づけてしまえば次第に楽になり、最後には苦しいとは思わなくなる

例えばパデルで、レボテを中心としたディフェンスの技術を高いレベルまで持っていこうとすると、肉体的にもしんどく、また地味な練習メニューが多い。

なのでなんとなく肉体的にキツイから避けたり、つまらないからやらなくなりがちです。

そこを一日一善ならぬ、「一日一レボテ」を今年の目標にしてはいかがでしょうか。

一日一レボテなら続けるのは全然難しくない。

「レボテをしないと気持ち悪い」と思うようになるまで頑張りませんか。

その努力の結果「与えられるご褒美」を考えながら今年一年を過ごし、そして2020年を一緒に迎えませんか(^^)

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

スポーツ動作の本は、読めば読むほど社会の教科書を塗り絵代わりにしていた学生時代の自分にビンタしたい気持ちに駆られました。


F(力)=m(質量)a(加速度)

僕の中ではこれがギリですが(笑)、この本からもパデルを上手にプレーする上でヒントとなるものが数多くありました。



並進運動と回転運動

運動エネルギーと位置エネルギー

パワーは力と速度との積

生理的限界と心理的限界

運動神経の「神経」とは、あくまで運動指令の伝達路に過ぎず、運動の優劣により強く影響するのは脳

スポーツにおけるスキルの評価基準
1.合目的性
2.効率性
3.力学法則への適合性

運動量と力積の関係

感覚と客観的事実



これらのキーワードはパデルの技術を考える上において、またラケットを選ぶ上においてもとても参考になります。

例えばよく聞くセリフの一つに、「パワーがないからパワーがあるラケットがいい」というのがあります。

このとき多くの人が想像しているのは、少し重ためのラケットやしっかりスイングしたときに飛ぶラケットのこと。

ただ、「パワーは力と速度との積」ということを考えると、

重たくても振れなければダメ
振れても軽くてはダメ

ということになります。

こう考えると、男性より筋力的に劣ることが多い女性が男性用のラケットを使用することや、始めて間もないプレーヤーが上級者向けのラケットを使用することには疑問が残ります。

もちろん感覚的な個人差もありますし、希少性やデザイン性でラケットを選びたくなる気持ちも分かります。

ただこれはテニスの頃から感じていましたが、一般愛好家の多くの方がオーバースペックのラケットを使用しているせいで上手にプレー出来なかったり、ケガの一因になったりしています。

スポーツ科学が分かるとこんなことも分かるようになってきます。

あーもっと勉強しておけばよかったw
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル



「最後だとわかっていたなら」はこんな本です。


当たり前ですが自分の人生において、いつも「今日」が一番若いことを考えるとまだまだなんでも出来るという気になります。

でもそうは言ってもチャンスはそう何度も来ない。

このチャンスは絶対逃さない。

聴覚検査と一緒で、雑音は気にせず大事な音だけを拾っていきたいと思います。

このページのトップヘ