日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 考え方

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

私はコスパという言葉が嫌いです。

俗に言う「コスパがいい」「コスパが悪い」という言葉には、

値段と量
値段と時間
値段と質

を相対的に見て発することが多いと思いますが、スポーツの場面での「コスパがいい・悪い」というセリフには個人的には少し首をかしげてしまいます。

なぜならスポーツの世界ではほとんどの場面で「コスパが悪い」ことだらけだからです。

上達などこれっぽっちも考えていないという場合を除き、多くのスポーツでは費やした時間やお金に比例して上達するなどということは、ごく一部の恵まれた才能の持ち主以外ではあり得ません。

「やってもやっても上手くならない」
「こんなに練習してるのに全然勝てない」

こういったことは(競技)スポーツの世界では日常茶飯事です。

もっと残酷なのは、

「全然練習していない(才能豊かな)人に負ける」

というのも現実としてよくあります。

スポーツの世界でも一時期よく言われていた「一万時間の法則」というのがありますが、最新の研究ではプロスポーツの世界などでの優劣は、費やした時間よりも生まれ持った身体や性格といった「遺伝」でほぼ決まるとも言われています。

競技として何かスポーツに関わってきた方であれば、おそらく一度か二度は「次元が違う」人を目の当たりにしたことがあると思います。

しかし、なんだじゃあやめようと思う人は少ない。

なぜか。

それはまず第一にやはりそのスポーツが好きだからである。

例えばパデルであれば、

パデルをすること自体が楽しい
次にパデルをする予定を立てていることがすでに楽しい
パデルについてあれこれ考えている時間が楽しい

好きなことや没頭出来るものがある人というのは意外と少ない。

そういった人から見たら、「あんなに夢中になれるものがあるなんて羨ましい」と思うはずです。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
私は今までコスパを考えて練習したことはありませんが、これまでのスポーツ人生をコスパで振り返ったとしたらかなり悪いと思います。

「練習してもしても上手くならない、いや、前より下手になってる気がする」
「こんなに練習しても上手くならないんだから、これ以上やっても上手くならない気がする」
「もうそろそろもっと違うことに時間割いたほうがいいんじゃないかな」

こう思ったことは何度も何度もありました。

それでもなんとか続けていると、ある日突然上達した手応えを感じられたり、新たな発見や気づきがあったり、今までにない身体感覚が得られたりと、私にとっては「コスパがいい」瞬間に出会えることがあります。

このときの感動や嬉しさというのは文字通りプライスレスです。

おそらくですが、こういった発見や気づきが練習する度にいつもいつも必ず得られていたら感動も嬉しさもないはずで、ということはやはり月並みですが、苦しさを乗り越えて得るものだからこそ価値があり、もっと言えば、そういったことに感動出来る自分で良かったと思えます。



先週末、コートを何時間も取って自主練に励む方、千葉・東京・埼玉のパデルコートをはしごして練習している方、遠くから時間をかけて練習に来てくれるジュニアとその親御さん、週末の休みにパデルを学びにレッスンに来てくださる方、週末二日とも練習したうえ、練習後に一人黙々とラダーをやる奥様とそれを優しく見守る旦那さん、嫁と出張の合間を縫ってなんとか上達を目指す戦うサラリーマンなどをパデルコートで見かけました。

僕はこういった「コスパの悪い」人達が大好きです。

スイッチが違うところに入っていたら危うく涙してしまうとこでした。

こんな皆さんに心を動かされた週末でした。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
テニス時代、面白いことを言うジュニアがいました。

その子は関東ジュニア出場経験もある上手な子でしたが、あるとき、

「テニスより勉強のほうが楽しい。勉強は努力した分だけ結果がついてくるけど 、テニスは頑張っても結果がついてこないことのほうが多いから」

と親御さんに漏らしていたことがあったそうです。

このとき、そういう捉え方も確かにあるなと感心したのと同時に、私はなぜ思わなかったのだろうと考えてみました。(勉強で結果が出なかったのは置いておいてw)

すぐ答えは出ました。

それはテニスをやること自体が楽しいからです。

結果が出ようが出まいが問答無用で楽しい。

でも勉強は、良い点数が取れたときこそ嬉しいものの、机に向き合っている時間はまったく楽しくなく、ファミコンでドラキー倒してるほうがよっぽど楽しかった。


結果が出るからやる、結果を出すためにやるというのも一つの考え方ですが、テニスもパデルも本来はゲームを楽しむものです。

Gameをスペイン語に訳すとJuego、juegoを日本語に訳すと「遊び」とか「試合」と出てきます。

Playに至っては「遊んで楽しむ」と出てきます。

辞書の言う通り、パデルやテニス含め、本来スポーツは「試合を(遊びながら)楽しむ」ものだと思います。

ではなんで遊んだり楽しんだりするものに努力が要るかといえば、これまたファミコンのようなゲームと一緒で、素手では倒せない相手が出てくるから武器を探したり、ただのキックでは倒せない相手が出てくるから必殺技を覚えようとするわけです。


私はパデルでもっともっと遊びたいし、もっともっと楽しみたい。

いつかクッパや竜王を倒しに行きたい。

だから今より良い武器を探したり、今より良い必殺技を覚えようと思います。

¡Quiero jugar más!
 

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

今から10年以上前の話になりますが、2004年というと皆さんは何を思い浮かべますか。

ヨン様やマツケンサンバを思い出す人がほとんどかと思いますが、私は17歳でウィンブルドン初優勝を果たしたシャラポワを思い浮かべます。


 ちょうどその頃恩師と話す機会があり、

「なんでシャラポワが素晴らしいと言われているか分かる?」

と聞かれ、 答えに窮していると、

「“素晴らしい”と“すごい”の違いは分かる?」 

と畳み掛けられ、 一休さん状態になりました。

あばれはっちゃくばりに逆立ちもしてみようかと思いましたが、はっちゃけそうもなかったので素直に分かりませんと答えると、シャラポワの幼少時代からウィンブルドン優勝に至るまでの道のりを教えてくれました。

シャラポワやお父さんの決断や苦労や積み重ねてきているものを知っているからこそ、ウィンブルドンの観客は素晴らしいと褒め称えてくれるんだよ、と教えてくれました。

だからもしあなたが今いきなりウィンブルドンに出場出来たとしても、「すごい」とは言われるかもしれないけど、「素晴らしい」とは言われないよね、とも言われました。

当時は「すごいと言われるだけでも十分すごいんじゃないの?」と思い(笑)、いまいちピンときていませんでしたが、時が経つにつれこの「素晴らしい」の意味が分かってきました。

最近ふとこの話を思い出し、すごいと言われているうちはまだまだで、いつか素晴らしいと言われるような選手や指導者になっていたい。

そうなるために少しづつでもいいから日々積み重ねていくことが大事なんだと再認識しました。

このページのトップヘ