日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 考え方

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

読書欲が止まりません。

アラフォー世代の私にはヨガでお腹をへっこますと言えば、鶴ちゃんではなくやはりヒクソンです。

初めてあれを見たときは衝撃を受けました。


本の帯に「大事なのは勝つことではなく、絶対に負けないこと」ありますが、文中にもヒクソンの父エリオ・グレイシーが息子ヒクソンに、「試合に勝ちたければ、まずは負けないことだ」と言っている場面があります。

昔からこの言葉遊びのようなセリフは耳にしてきましたが、今は実感を伴いつつ納得出来ます。

「次の試合は勝ちにいきます!」

と、

「次の試合は負けないように気をつけます」

どちらが耳障りがいいでしょう。

明らかに前者ですね。

でも隙があるように聞こえます。

そこを強い人は狙ってるんでしょう。


他にもたくさんヒントがありました。


「たとえ自信があってもプレッシャーはなくならない」

「目に見えない技術を知ることは、見えない何かを読み取ることとは違う。目に見えないほどの細かい違いを学ぶことだ」

「試合前、私は相手に対して自分をライオンの状態にする」

「柔術は理解してくると、どこでミスをしたかもわかるようになる。まるで肉体のチェス」


最後の柔術は肉体のチェスというのは興味深かった。

テニス時代、恩師に「テニスは脳の格闘技とも言われているんだよ」と教えてもらったことがあり、そこまで考えてやるものなんだと驚いた記憶がありますが、パデルもそれに近いものがあります。

格闘技ならノーガードで相手に突進していくのが危険なのは誰が見ても明らかですが、パデルになるとそれが分かりにくく、時々横でプレーしていて危な過ぎて思わず顔を覆いたくなるような場面に出くわします笑

パデル 大井町 コート レッスン スポル

9月も中旬、読書の秋ということで三冊読了しました。

どれも興味深い内容でしたが、中でもカズの言葉がいちばん突き刺さりました。




若々しくはなくとも、生き生きとした選手でいたい

サッカーはミスのスポーツ。点が入るときは必ず相手のミスがある。相手をしっかり崩しての得点なんて何%あるだろう

勝利のためにどうするか。コツコツ積み重ね、続けていることを信じ、繰り返す。それしかない

努力が精神の安定感として実を結ぶ

試合を出来ることがどれだけ嬉しいことか。試合のために練習するのであって、その逆じゃない

サッカーはディテールにこだわるスポーツ。105×68mのピッチで30㎝ほどがものを言う。細かな部分で差が出る

ワールドカップ予選を勝ち抜き、日本が本戦出場を決めた。そして日本全国でサッカーをしている人達に「ワールドカップに出場し、世界と戦う」権利が与えられた。もちろん僕にもその権利はあり、だからその夢を追いかけて頑張れる

サッカー選手はダッシュのタイムが落ちようとも、プレースタイルを変えれば生き残れる。記録のスポーツはそうはいかない

J1の選手よりJ2の選手のほうがたくさん走っているように感じるのは、細部のミスが多いからで、技術が足りない分だけ運動量や頑張りでフォローしなくちゃいけない。選手のポジショニングが良く、球を止める、蹴る技術も高いJ1のほうは動きのムダが少なくなる。ヨーロッパリーグならなおさら

43歳の今でも自分が上手くなれる感覚がある。余裕が出来、頭が良くなったというか。若手のようなスピードではなくても、その若手のスピードを活かせばいい。経験と技と体力、サッカーはそれらすべてを駆使するものだと改めて学んでいる

ボールなしで競争したら二十歳には勝てないのに、ピッチではタイミング一つ、緩急一つで勝敗は変わる

スピードや体格は確かに武器。でもそれがすべてじゃない。大事なのは「サッカーを覚えること」




この本を出した当時のカズの年齢が43歳。

50歳を超えた現在でも現役でプレーしています。

「サッカー」の部分を「パデル」に置き換えて読んでもしっくりくる部分が多々ありました。

パデルも、

ミスのスポーツ
ディテールにこだわるスポーツ
記録では勝敗が決まらない
ポジショニングや技術が必要
タイミングや緩急が大事
自分にスピードがなくてもスピードのあるペアを活かせばいい
スピードや体格も武器になるが、大事なのは「パデルを覚えること」

です。

私も五十路を超えてもWPC(World Padel Championships)を目指す自分でありたいなと思いました。

こう思えるのもJPAがFIPに正式加盟しWPCへの参加が認められたからで、これには本当に感謝です。

次の2020年のWPCは現在パデルをしているすべての人、もっと言えばまだパデルと出会っていない人にも出場するチャンスがあります。

この目標があるのとないのとでは日々の練習に対するモチベーションがまったく違います。

これからもコツコツ積み重ね、続けていることを信じ、繰り返していこうと思います。

パデル 大井町 コート レッスン スポル

「パデルって楽しいですよね」

パデルを始めて以来、本当によく聞かれる。

パデルは楽しい、本当に楽しい。

この楽しさが多くの人に伝わってくれているのを目の当たりにすると、本当に嬉しい。


でもふと考えることがある。

今目の前の人が言っている「楽しい」と、私の感じている「楽しい」は一緒なのだろうか。

これはテニスのときから時折感じていたことで、安易に「そうですね」と答えていいのかどうか躊躇するような時期もあった。

今は、私がパデルと出会った頃に感じていた「楽しさ」を、今この目の前の方も感じているのだろうと想像し、そうですね、楽しいですよねと答えている。


さて、タイトルにあるワインだが私はまったく飲まない。

美味しさがわからないので飲みたいとも思わない。

こう言うと、「それは美味しいワインを飲んでないからだよ」と必ず言われるが、私に言わせればミニッツメイドのグレープ味のほうがよっぽどブドウを感じれて美味しい。

ワイン通の人を見ていると、産地や年代、一緒に食べる食事等にこだわりがあり、側からその光景を眺めていて私にはとても「楽しそう」に映る。

逆にその人たちからすると、私はワインを全然「楽しんでいない」ように映っているのだろう。

ワイン通は赤・白、ぶどうの種類、産地、年代などによって味の違いなどを楽しむという。

私はそういったものを十把一からげにして「ワイン」としか認識していない。
パデル 大井町 コート レッスン スポル
なぜこんな話をしたかというと、パデルやテニスでもこれと同様のことが起こるからだ。

パデルはプレーするうえで技術的な容易さがアドバンテージとなり、老若男女多くの人が楽しめるスポーツである。

テニス経験者ならすぐに、そうでない人でもある程度プレーすれば楽しめる。

(壁を利用せず)相手コートに返すだけなら人によってはその日のうちに、しかもそれだけでも十分楽しい。

でも壁を利用できるようになるともっと楽しい。

バンデッハなどのパデル特有のショットも出来るようになるともっともっと楽しい。

そしてパデルの戦略や戦術なども理解し、実践出来るようになると更に楽しさが増す。


テニスの時代からそうでしたが、私はテニスやパデル含めスポーツというのは、「出来ること・知っていることが増えれば増えるほど楽しみが増え(そして勝て)る」と感じています。

「でもそんないろんなこと出来なくても知らなくてもパデルは楽しい」という意見も分かりますし、実際そういった一面もあると思います。

私のワインと同様、こういった人たちのパデルもパデルであり、こういった人たちの「楽しい」も本当に楽しいのだと思う。

が、やはりそれはパデル(スポーツ)の一面しか見ていないように思います。

山口百恵の言うようにさよならにも向こう側があるのですから、パデルやテニスにも「向こう側」があり、そこには深みのある「楽しさ」が待っています。

ただ、そこに到達するには何度も何度も反復して各技術を習得、そしてそのスポーツを理解するという過程が欠かせません。

そんなの面倒くさいし、そもそもパデルにそんなことまで求めてないよ、という方も多いと思います。

私もワイン通の方に、「葡萄の向こう側を知ったほうがいいよ」と言われたら大きなお世話だと感じますから。

だから強要は出来ませんが、 簡単に楽しめるパデルにも 奥深さがあると教えてくれたのはあなたでした といつか言われてみたい。

私もいつかワインを嗜む日が来るのではないかと思っていますが、こうしてファンタグレープを飲みながら記事を書いているうちはまだまだ遠いなと思います。

このページのトップヘ