日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 雑感

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
先週の土曜日、「パデル&フットサル 晴れのち晴れ」にて、日本パデル協会としては初の女子パデル日本代表の公式練習が行われました。

パデル協会の副会長でもあり、女子日本代表の監督でもある玉井監督から「日本代表」としての心得を話していただき、私からも女子日本代表のコーチとして選手の皆さんに一言だけ述べさせていただきました。

一方私は男子の代表の一人でもあり、自分の言った言葉はそのまま自分に跳ね返ってきます。

「日の丸をつけて日本を代表してパデルをする」ということが、どれだけの責任とチャンスがあるかということなど、去年生まれて初めて日本代表に選出されるまで考えもしませんでした。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
今回、男女共に今年初めて日本代表に選出された選手も少なくなく、そういった選手の方々はおそらくまだあまり実感はないかと思います。

ただ今日玉井監督がミーティングで話していた、「私たちはSAMURAI BLUEやなでしこジャパンと同じ立場にいます」という言葉で事の重大さに気づいた選手もいると思います。

プレーはもちろん、自身の一挙手一投足に対してハードルが一気に上がります。

出来て当たり前という目で見られ、加点方式ではなく減点方式で見られかねない。

「さすが日本代表!」と言われるのか、「日本代表なのに・・」と言われるのか。

今月末のアジアカップとNexusCup(FIP125)では、観戦に来てくださった方々に前者のセリフを言っていただけるような試合が出来るよう代表選手一同頑張りたいと思います。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
・・・とはいうものの、私たち(あえて私たちと書きます)男女日本代表選手はまだまだ経験に乏しく、何が正解なのかまだまだ完全に手探り状態です。

そんな中でもみんな自分なりに「パデル日本代表らしく」在ろうしています。

私個人のことで言えば、なんとかパデルは少しだけまともに出来るものの、いい年しているわりには人格や人柄がまったくそれに追いついてきません。

「パデルが出来るオジサン」が、急に「日本代表」という肩書きを持つ。

「パデルが出来るOL」が、急に「日本代表」という肩書を持つ。

「パデルが出来るサラリーマン」が、急に「日本代表」という肩書きを持つ。

こんなの高低さあり過ぎて耳キーンってなります。

私は今一生懸命人格や人柄という名の鞭を自分に入れていますが、まだまだ日本代表と呼ばれるに相応しいものとは程遠いところにあります。

他の選手も大なり小なり似たような状況かと推測します。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
ですので応援してくださる皆さんには、厳しさと温かさの両面を持ち合わせた、タプタプでおなじみ安西先生になったつもりで今月末千葉まで観戦に来ていただけたらと思います。

少しずつでも男女共に来年に向けて成長していきたいと思っています。

そして去年叶わなかった「男女でパデルワールドカップの本戦出場」という目標を来年果たしたいと思っています。


以上すべて私の独り言でした。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

私はテニス時代、恩師から「選手として心技体、そして頭が最も成熟するのは40代」というのを言われていました。

当時は20代でしたから、「さすがにそれは言い過ぎなんじゃ・・」

と思っていましたが、実際に自分が40代になりプレーしていて、少しだけその言葉の意味が分かるようになってきました。

これらの本の中にも少しその答えがありました。


面白かったところを少し抜粋すると、

キャバクラやホストを求める人は言語による快感を求めている

というのはスポーツとは関係ないけど(笑)なるほど興味深かったですし、文中にあった「大数の法則」は、私はテニスやパデルにおいてとても大切な考え方だと思っています。

プラシーボ効果」は私自身絶対あると思っていますが、脳科学的にも証明されているらしい。

年齢を重ねても新しく神経細胞は生まれ続け、神経回路は変化し続ける。人間の脳は経験によって大きく変わる

これは40代の私にとってとても強く背中を押してくれる言葉でした。


何かを始める際、“それをしないと気持ちが悪いと感じる”ようになるまで頑張る
長期間の努力を要する作業は、大抵始めるときがいちばん困難。私たちの脳が“努力とその結果与えられるご褒美”を覚える。習慣づけてしまえば次第に楽になり、最後には苦しいとは思わなくなる

例えばパデルで、レボテを中心としたディフェンスの技術を高いレベルまで持っていこうとすると、肉体的にもしんどく、また地味な練習メニューが多い。

なのでなんとなく肉体的にキツイから避けたり、つまらないからやらなくなりがちです。

そこを一日一善ならぬ、「一日一レボテ」を今年の目標にしてはいかがでしょうか。

一日一レボテなら続けるのは全然難しくない。

「レボテをしないと気持ち悪い」と思うようになるまで頑張りませんか。

その努力の結果「与えられるご褒美」を考えながら今年一年を過ごし、そして2020年を一緒に迎えませんか(^^)

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

明けましておめでとうございます。

昨年中は大変お世話になりました。


2018年は年始に立てた6つの目標のうち、3つを達成することが出来ました。

2019年は今のところ目標が12個あります。

このうち絶対達成したい目標は9つ。

一つでも多くの目標を達成出来るよう頑張っていきたいと思います。


さて年末は色々とテレビを観る機会が多かったのですが、大晦日の格闘技の大会に出場していた宮田和幸選手や浜崎朱加選手、そしてメイウェザー選手にはとても刺激を受けました。

中でも一番刺激を受けたのは、中村俊輔選手のドキュメンタリー番組。

40歳を迎えた今も現役バリバリで活躍している元日本代表の中村選手が番組の中で、今自分を突き動かしているものは何なんですか?という質問に対して、

「もっと上手くなりたいから」

と答えていました。

また番組内で、

「もっと練習したい。したいけど(身体のことを考えて)我慢しなきゃいけないのがもどかしい」 

とも発言していました。

私もパデルがもっと上手くなりたい。もっと練習したい。

パデルはまだ日本で始まったばかりの新進気鋭のベンチャースポーツで、上手くなること以外にやらなければいけないことはまだまだたくさんありますが、私の心の中はこの曲のような気持ちです。






いや、こっちかな。


 
上手くなりたい気持ちが抑えきれない。

練習したい気持ちが止まらない。

ゆっくりリフレッシュするつもりでいた年末年始ですが、早くも心に火がついてしまいました。

とにかく本年もよろしくお願い致します。

このページのトップヘ