日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 雑感

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
 今日は千葉のパデル&フットサルでトレーニング&レッスン&練習&レッスンでした!

今日二つ発見がありました。

一つ目はトレーニング中。

フロントランジのとき今までと違った足の裏の感覚があり、足裏間のいい感じの体重移動と、いい感じの体重の乗っかる場所を発見。

これ意識するとスムーズな感じがするのと、上に力が出しやすい感じがあり、1人でニヤけてました。

もう一つはオンコートでの練習中。

かなり自信を持ってプレーしてる自分にふと気づきました。

練習とトレーニングの違いは何か

このブログにも書きましたが、なんとなくですが頭の中でイメージしていることと、身体の神経がうまく繋がった感じがあります。

あまりいろいろなことを気にしなくても、以前と同じかそれ以上のプレーが出来る。

それが自分で分かるので、自分に自信を持ってボールを打てる。

1年に1回ぐらいこういうご褒美があるから練習もトレーニングもやめれない!

継続最高!!笑

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
昨日はパデルワンでレッスン、パデル東京で練習&レッスンでした!

パデルワンではJPTチャレンジ大会優勝を目標に頑張っている方々のレッスン。

今年も試合に参加する新しい選手が増え、ダンロップジャパンパデルツアーさらに盛り上がりそうです。


レッスン終了後、ランチは瀧田盛りで有名?!なお店へ。

量もすごいですけど、何よりこういうお店を見つけ出す彼女の嗅覚がすごい(笑)


そしてパデル東京に移動ししばらく練習していると、どこからともなく鳥だ、飛行機だ、スーパーマンだ、の言い方で、

「アジアチャンピオンだ!」

の声が。

ふと横を見ると、小学生の男の子二人。

かなり照れましたが、何で知ってるの?と聞くと、「ふれあい祭りでマイクの人が言ってたじゃん!」と言われ、その後もじーっと練習しているところを見られ、このときふと、プロスポーツ選手がよく言う「子供のお手本になれるよう頑張ります」とか「子供たちに夢を与えたい」というセリフの意味がほんの、ほんの少しだけ理解出来ました。

今まではそういった選手たちのその言葉はメディア向けの常套句なんだと思っていましたが、あんな純粋な眼でアジアチャンピオンだなんて言われたら、自然とそれらしく在りたいと思いましたし、そのイメージを壊したくないと自然と思いました。

「勝つことにも責任が伴う」なんてまるで実感がなかったですが、こういったことが現実に身の回りに起きつつあることを考えると、意識しなければいけないなと感じています。

本当は「世界の盗塁王」こと福本豊のように、「そんなんもろたら立ちションできなくなる」といって国民栄誉賞を辞退するぐらいのワイルドさが欲しいところですが、そんな度胸はありません。


福本豊つながりでいうと、

アナウンサー「盗塁成功の秘訣はなんですか」
福本豊   「まず塁に出ることやね」

このやり取りが大好きです 笑

「パデルの秘訣は何ですか」
「まず相手コートに入れることやね」

いつか私もこのやり取りをしてみたい 笑


冗談はさておき、

恥ずかしいと感じることから進歩は始まる
地位が人を作り、環境が人を育てる

野村監督のこの言葉は今の私には言いえて妙です。


こんな日はこの曲が聴きたくなります。

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
今日はパデル東京でレッスンでした! ​
 
 そして今日のパデル東京は朝からレッスン、個パデル、レンタルコートで満員御礼。  

そして今日も多くの方に声をかけていただきました。

 個パデルに来ていた方の中にはすでに支援してくださっている方がいらっしゃったり、善福寺公園テニスクラブの支配人からは「100万円のリターンないの⁈あれば支援したのにな〜残念っ笑。あとで支援しますね」という、本気とも冗談ともとれる温かいお言葉をいただいたり、ある方には「リターンあり過ぎて選べない!だから支援してない!」と面と向かってハッキリ言われたりしました 笑  

リターンに関しては私一人の力ではたかが知れているので、アドバイスを何人かの方に求め、あのようにいくつものリターンが出来上がりました。  

ブレーンがいなくて、リターンを私一人で考えていたらきっとこうなっていたと思います。  
パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
それと、「今年で僕も43歳になるんですよ、だからちょっと頑張りたいですね」  というお言葉もいただきました。
 
今回のプロジェクトの年代別の支援者数というのが見れるのですが、それを見ると40代が一番多いんです。

もし今回の自分の挑戦が、同年代の方に少しでも何か感じていただけているのだとしたら、個人的にはそれはもうマンモスうれピーです。

そして今日は写真のパデル日本ランキング2位の日下部選手と、昨日に引き続きパデル女子日本代表の吉元選手と練習しました!  

引き続き頑張ります!

このページのトップヘ