日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 私見

テニスを学び始めた当初、数珠つなぎ的に新たなものに出会ったり、テニスのルーツであるjeu de paume(フランス語で「手の平の遊び」みたいな意味です)に出会ったりしましたが、パデルを学んでいてこの数珠つなぎに久々に出会いました。

Tenis criollo。(Tenis con paleta)

ブエノスアイレスなどの一部の地域で今でも盛んなスポーツなようで(その地域でしかほとんどプレーされてないようです)、動画見てみると、ラケットはパデルに似ていて、コートはテニスに似ています。

1940年に生まれたスポーツらしいので、このスポーツからパデルに移行した人も少なくないだろうなーと想像します。

Tennis criolloのPuntazo載せておきます。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
普段インソールのサポートをしていただいているBMZ様から、以前から気になっていた「歩いているだけでトレーニング!」出来るインソール、アシトレを提供していただきました。

簡単に説明すると、「靴の中に“登坂”を作る→足指を使うようになる=トレーニングになる」、ということのようです。

詳しい説明はこちらのインソールの選び方に譲りますが、BMZさんの「立方骨を支えつつ(安定性)、逃げ場(運動性の確保)も作る」という考え方にとても共鳴しました。

なにせインソール作りの過程で社長自ら実験台となり、サッカーをプレー中にケガをし、そのフィードバックから現在の「安定性と運動性の両立」という結論に至ったらしく、そういうイケイケなところもとても好感が持てます(笑)

私はオフコートで履くシューズにはこのアシトレ、オンコートで履くシューズにはこちらのプレミアムカーボンインソール“スポーツ”を使用しています。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
パデルをプレーしていてボールに唯一直接影響を与えることが出来るのはラケットのみで、そのラケットと自分をつないでいる部分は掌です。

ですからラケットやグリップテープにこだわるというのはごく自然なことです。

だからテニスではストリングやラケット、グリップテープなどのギアの種類が無数にあり、プレーヤーはそこから自分に合ったものをチョイスします。

そしてこれもテニス、パデルどちらも同様ですが、自分の身体で唯一地面に接触しているのは足(裏)です。

ですからシューズ、インソール、ソックス等にこだわるというのもごく自然なことです。

いつか弘法筆を選ばずになれたらいいなとは思いますが、まだまだ名人の域に達しない私はこれからも筆にこだわっていきたいと思います。

IMG_3134
ある方から薦められて手に取ってみましたが、とても心地良く読めました。

すらすら読めるということではなく、ジャンルや分野は違えど、頷きながら読める本と出会うのは大変楽しい。

考え方や物事の捉え方が自分と似ている本(著者)と出会うと、背中を押してくれるし勇気をもらえる。

その意味ではトニ・ナダルが書いた本を読んだときもかなり勇気をもらった。

そのような背中を押してくれる本と、自分の考えとは違う視点の本、どちらも読むことで今後もものの見方を広げていきたい。

それに加え、古い情報を常時アップデートしていかなければいけない。

だがその中には不変的ものも混ざっているので、そういったものまで誤ってアップデートしないようにも気をつけなければならない。


こんなことを考えていてふと思ったことがある。

よく「信じる者は救われる」というが、正確には「何を信じるかを決めた者は救われる」のではないか。

信じることの前に、何を信じるかを決めなければならない。

それが決まればあとは、

「それを信じてよかった」
「それを信じたから救われた」

と言える自分で在れるよう自分自身を作り上げていく。

楽しみがまた増えました。

このページのトップヘ