日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 私見

パデル テニス スカッシュ スペイン ダンロップ
「何かをやりたい」
「何かになりたい」

パデルを始めてからこれまで、この人は私と同じできっとパデルをやりたい人なんだと思っていた人が何人かいるが、実は「(パデルを通して)何かになりたい人」だったことが分かったとき、毎回少しだけ寂しい気持ちになる。

私はパデルをやりたい。
高いレベルでパデルがやりたい。
高いレベルのパデルと接していたい。

テニスの頃から「やりたいことが仕事になっているというのは幸せだよ」とずっと言われ続けてきた。

若い頃は「そういうあなたもそうすればいいのになぜ?」と、今となっては恥ずかしいくらいに純粋にそう思っていた。

だから先ほどの言葉を言われても取り立てて嬉しくもなかった。

だが、

なりたいものはあるがやりたいことはない
やりたいことが(わから)ない

これまでいろいろと周りを見てきて、こういう人もいる、いやこういう人のほうが多いことに気づくと、小さい頃から今現在のパデルまで、その都度その都度夢中でやりたいと思えるものに出会えた私は本当に幸せだと思うと同時に、それを支えてくれた、そして今支えてくれている周りに感謝感激西城秀樹という気持ちでいっぱいになる。

やりたいことがある、やりたいことができている、この環境に感謝しつつ前進していきたい。

パデル テニス スカッシュ スポル
練習には大きく分けて「目的のある練習」と「限界的練習」の二つがある。

ここでいう目的のある練習とは、「本来その人が持っている能力を最大限引き出そうとする」ことを指していて、限界的練習とは、「常に現在の能力をわずかに上回る課題に挑戦し続ける」練習のことを指している。

よく「人間は持っている才能の3%しか使っていない。5%使えたら天才になれる」などと言われる。

だから持っている能力を最大限引き出すという考え方になる。

これも間違いではないと思うが、究極的には100%引き出してしまったらそこで成長は止まる。

一方限界的練習は、常に現在の能力をわずかに上回ることを目的にしているので、理論的には終わりがない。


今読んでいる本の中に、

現在では能力の規定量などというものは存在しないことがわかっている。
脳には適応性がある。
潜在能力という水瓶は、我々が人生を通じて何をするかによって形が変わり、いくらでも容量を増やしていくことが出来る。
学習は自らの潜在能力を引き出す手段ではなく、むしろ新たに作り出す手段。

とある。

これが正しいとなると(と思いたい)、常に現在の能力をわずかに上回ろうと努力し続ければ、どこまでも成長出来、考えるだけでワクワクする。

が一方でこうも書いてある。

限界的練習は学習者のコンフォートゾーンの外側で、常に現在の能力をわずかに上回る課題に挑戦し続けることを求める。
このため限界に近い努力が求められ、一般的に楽しくはない。


コンフォートゾーンとは、その人にとって「居心地のいい領域」のこと。
パデル テニス スカッシュ スポル
日本に帰ってきて約二週間が経った。

何度か練習をしたが、日本での練習を「楽しい」と感じている自分にふと気づき、驚いた。

意思の疎通が図れるなどの良い意味での楽しさももちろんあるが、ここでいう楽しいはそういう意味ではない。

スペインでも時折楽しいと感じる瞬間はあったが、基本的には楽しくなく、コートに行きたくないと感じることも何回かあった。

イチローの言葉の中に、

「楽しんでやれ」とよく言われますが、僕にはその意味がわかりません。
楽しむというのは決して笑顔で野球をやることではなくて充実感を持ってやることだと解釈してやってきました。
ここに辿りつくまでのことを「楽しんでやる」というような表現はとてもできません。

というのがありますが、全くもって同感です。

充実感や自分の成長を感じたいから、苦しいことやストレスのかかることもやろうと思える。
パデル テニス スカッシュ スポル
昔から漠然と夢見ていた「世界」という世界、テニスの頃も含め間接的に接していた「世界レベル」というものに今回パデルを通して初めて直接触れることが出来、多くのスポーツ選手がなぜ世界を目指すのか、なぜ海外を拠点に練習したいのかがよく分かりました。

自分の限界を超すのが難しく、自分が(これ以上)成長しないかもしれないという恐怖を感じるからです。

とはいうものの、そんな容易に環境は変えられない。

日本にいながら「居心地の良くない状態」をどうにかして作ろうと思います。

もしそれがムリそうだったら、江田島平八に言って男塾に入塾させてもらうか、星一徹にお願いしてWPT養成ギプス作ってもらおうと思います。

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
昨日はパデルワンでレッスン、パデル東京で練習&レッスンでした!

パデルワンではJPTチャレンジ大会優勝を目標に頑張っている方々のレッスン。

今年も試合に参加する新しい選手が増え、ダンロップジャパンパデルツアーさらに盛り上がりそうです。


レッスン終了後、ランチは瀧田盛りで有名?!なお店へ。

量もすごいですけど、何よりこういうお店を見つけ出す彼女の嗅覚がすごい(笑)


そしてパデル東京に移動ししばらく練習していると、どこからともなく鳥だ、飛行機だ、スーパーマンだ、の言い方で、

「アジアチャンピオンだ!」

の声が。

ふと横を見ると、小学生の男の子二人。

かなり照れましたが、何で知ってるの?と聞くと、「ふれあい祭りでマイクの人が言ってたじゃん!」と言われ、その後もじーっと練習しているところを見られ、このときふと、プロスポーツ選手がよく言う「子供のお手本になれるよう頑張ります」とか「子供たちに夢を与えたい」というセリフの意味がほんの、ほんの少しだけ理解出来ました。

今まではそういった選手たちのその言葉はメディア向けの常套句なんだと思っていましたが、あんな純粋な眼でアジアチャンピオンだなんて言われたら、自然とそれらしく在りたいと思いましたし、そのイメージを壊したくないと自然と思いました。

「勝つことにも責任が伴う」なんてまるで実感がなかったですが、こういったことが現実に身の回りに起きつつあることを考えると、意識しなければいけないなと感じています。

本当は「世界の盗塁王」こと福本豊のように、「そんなんもろたら立ちションできなくなる」といって国民栄誉賞を辞退するぐらいのワイルドさが欲しいところですが、そんな度胸はありません。


福本豊つながりでいうと、

アナウンサー「盗塁成功の秘訣はなんですか」
福本豊   「まず塁に出ることやね」

このやり取りが大好きです 笑

「パデルの秘訣は何ですか」
「まず相手コートに入れることやね」

いつか私もこのやり取りをしてみたい 笑


冗談はさておき、

恥ずかしいと感じることから進歩は始まる
地位が人を作り、環境が人を育てる

野村監督のこの言葉は今の私には言いえて妙です。


こんな日はこの曲が聴きたくなります。

このページのトップヘ