日本パデルアカデミー

「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 私見

パデル 大井町 コート レッスン スポル

「パデルって楽しいですよね」

パデルを始めて以来、本当によく聞かれる。

パデルは楽しい、本当に楽しい。

この楽しさが多くの人に伝わってくれているのを目の当たりにすると、本当に嬉しい。


でもふと考えることがある。

今目の前の人が言っている「楽しい」と、私の感じている「楽しい」は一緒なのだろうか。

これはテニスのときから時折感じていたことで、安易に「そうですね」と答えていいのかどうか躊躇するような時期もあった。

今は、私がパデルと出会った頃に感じていた「楽しさ」を、今この目の前の方も感じているのだろうと想像し、そうですね、楽しいですよねと答えている。


さて、タイトルにあるワインだが私はまったく飲まない。

美味しさがわからないので飲みたいとも思わない。

こう言うと、「それは美味しいワインを飲んでないからだよ」と必ず言われるが、私に言わせればミニッツメイドのグレープ味のほうがよっぽどブドウを感じれて美味しい。

ワイン通の人を見ていると、産地や年代、一緒に食べる食事等にこだわりがあり、側からその光景を眺めていて私にはとても「楽しそう」に映る。

逆にその人たちからすると、私はワインを全然「楽しんでいない」ように映っているのだろう。

ワイン通は赤・白、ぶどうの種類、産地、年代などによって味の違いなどを楽しむという。

私はそういったものを十把一からげにして「ワイン」としか認識していない。
パデル 大井町 コート レッスン スポル
なぜこんな話をしたかというと、パデルやテニスでもこれと同様のことが起こるからだ。

パデルはプレーするうえで技術的な容易さがアドバンテージとなり、老若男女多くの人が楽しめるスポーツである。

テニス経験者ならすぐに、そうでない人でもある程度プレーすれば楽しめる。

(壁を利用せず)相手コートに返すだけなら人によってはその日のうちに、しかもそれだけでも十分楽しい。

でも壁を利用できるようになるともっと楽しい。

バンデッハなどのパデル特有のショットも出来るようになるともっともっと楽しい。

そしてパデルの戦略や戦術なども理解し、実践出来るようになると更に楽しさが増す。


テニスの時代からそうでしたが、私はテニスやパデル含めスポーツというのは、「出来ること・知っていることが増えれば増えるほど楽しみが増え(そして勝て)る」と感じています。

「でもそんないろんなこと出来なくても知らなくてもパデルは楽しい」という意見も分かりますし、実際そういった一面もあると思います。

私のワインと同様、こういった人たちのパデルもパデルであり、こういった人たちの「楽しい」も本当に楽しいのだと思う。

が、やはりそれはパデル(スポーツ)の一面しか見ていないように思います。

山口百恵の言うようにさよならにも向こう側があるのですから、パデルやテニスにも「向こう側」があり、そこには深みのある「楽しさ」が待っています。

ただ、そこに到達するには何度も何度も反復して各技術を習得、そしてそのスポーツを理解するという過程が欠かせません。

そんなの面倒くさいし、そもそもパデルにそんなことまで求めてないよ、という方も多いと思います。

私もワイン通の方に、「葡萄の向こう側を知ったほうがいいよ」と言われたら大きなお世話だと感じますから。

だから強要は出来ませんが、 簡単に楽しめるパデルにも 奥深さがあると教えてくれたのはあなたでした といつか言われてみたい。

私もいつかワインを嗜む日が来るのではないかと思っていますが、こうしてファンタグレープを飲みながら記事を書いているうちはまだまだ遠いなと思います。

パデル テニス スカッシュ スペイン コーチ
先週行われていたニコとマキシのコーチング巡業の最終日、京都駅で2人から思いもかけないプレゼントをもらいました。

マキシからは自身の契約メーカーのK-Swissのキャップ。

そしてニコからはなんとWorld Padel Championshipでアルゼンチン代表が着ているシャツをいただいてしまいました。
パデル テニス スカッシュ スペイン アルゼンチン
パデル テニス スカッシュ スペイン アルゼンチン

どれぐらい価値があるものか、下の写真
を見てもらえたら分かると思います。 

軽々しくJITTERIN'JINNで替え歌にして歌っていいレベルではありません。
 
パデル テニス スカッシュ スペイン アルゼンチン
パデル テニス スカッシュ スペイン アルゼンチン
ニコと会うのはこれで3回目ですが、初めてプレゼントをもらいました。

そして初めてのプレゼントが私にとって大変重たいものでした。

私のパデルが少しだけまともになってきたこと、日本代表に選ばれたこと、来週オーストラリアで行われる予選に勝てば、10月にパラグアイで行われる本戦でアルゼンチン代表と当たれるかもしれないこと。

そんな色々な意味を込めてニコは私にシャツをくれたのかなと勝手に想像しています。

来週の今頃はオーストラリアで予選を戦っています。

なんとしても予選を勝って、ニコやアルゼンチン代表が待っているパラグアイに行きたい気持ちが強くなりました。
 
私の気持ちを奮い立たせてくれるとても大事なシャツになりました。

 Gracias,Nico.

パデル テニス スカッシュ スペイン コーチ

先日、あるグループの方々のレッスンをする機会があった。

事前の情報では定期的にコートを取ってパデルをされているとのことで、どんな内容にするか考えていたところ、「ゲームとかはやってるんですけど、ちゃんとしたやり方とかは知らないのでそれを教えてもらいたい」ということで、よく見かけるテニスのミニチュア版のような形でプレーされてるのかと思いきや、ふたを開けてみたら想像以上だった。

壁を使っていないのはもちろん、ラケットワークやポジションなどもパデルのそれとは程遠い。

教わっていないのだから当然なのだが、レッスン中ある方の「私たちパデル歴1年になるけど何にも知らないままやってたんだねー」という一言を聞いたとき、身近に指導者の存在があることや、身近にパデルが学べる施設があるというのは、パデルを(正しく)普及させるという意味で重要だとこのとき再認識させられた。


さて、今回のタイトル「三足のわらじ」を履かなければいけないのは誰か。

それは指導者である。

一般愛好家は「パデルが出来る」という一足のわらじが履ければ良い。

選手は「パデルが出来る」「パデルを知っている」という二足のわらじを履けることが必要。

指導者は「パデルが出来る」「パデルを知っている」「パデルを伝えることが出来る」という三足のわらじを履くことが求められる。

出来るけど知らない
知ってるけど出来ない
知ってるし伝えることも出来るけど、自分では出来ない

こういう人はスポーツの世界でよくいる。

最後の典型はプロ野球観てヤジを言ってるオジサン 笑

「じゃあお前がやってみろ」というあれです。

ゴルフの石川遼選手のように、その競技経験がない親がコーチをして選手が育つ場合もありますが、やはりあれは「親子」という特殊なケースで、一般的な「コーチと選手(生徒)」の場合はある程度指導者はその競技が出来なければならない。

オリンピックなど最高峰のレベルまで行けば別ですが、その競技の初期の段階で指導者自身が出来ないことをやれと言われても、指導を受ける側としてはそれをなかなか素直には取り組めない。

逆に指導者自身が上手に出来ても、伝え方が「スーっと来たのをバーンって打つ感じ」では多くの人は理解出来ない。

「パデルが上手に出来る」だけでも十分努力を要するし、「パデルを知る」にはそれなりの研究が必要で、「パデルを伝える」には伝えるための勉強が必要です。

今回のレッスンを通して、

良い指導者を養成する

その指導者が良い指導を行なう

その指導を受けた選手や愛好家の方が草の根レベルで他の人に伝える

という正の連鎖をちゃんと起こす必要があると感じました。

こればかりは特効薬的なものはないので根本から地道にやっていくしかない。

でないとパデルの魅力や楽しさが多くの人に伝わらず、多くの方が「ぎりぎりルールは知っている」というだけの状態でプレーすることになり兼ねず、それでは「またプレーしたい」と思う人がなかなか増えない。

「プレー人口」「施設」「指導者」というのは同時進行で増加していく必要があり、その歯車がうまく噛み合ったとき、スターを取ったときのマリオぐらいの疾走感でパデルが世の中を駆け抜けていくことと思います。
 

このページのトップヘ