日本パデルアカデミー

「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: トレーニング

images
スポーツは大きく分けて瞬発力系競技、筋持久力系競技、神経系競技と大別される。

瞬発力系に代表される競技といえば重量挙げや短距離走、筋持久力系に代表される競技といえば長距離走やトライアスロン、神経系に代表される競技といえば射撃やアーチェリーなどがある。

テニスやサッカーなどの球技は瞬発的に速く動く要素も多いが、試合時間が1~2時間を超える場合も多いため持久系の要素もある。

パデルはどうか。

その前に、先ほどは書かなかったがテニスには繊細なラケットワークや身のこなしが必要とされる技術も多数あるため、神経系の要素もある。

パデルに話を戻す。

パデルもテニスと同様この三つの要素があるが、テニスに比べると筋持久力系と神経系が占めるウェイトがより多いように思う。

この二つの中でも神経系はより重要だと思っている。

神経系を言い換えるなら「感覚」といったところだろうか。

テニスでもパデルでも「身体の使い方が上手い」「タッチが柔らかい」と評される選手がいる。

例えばこんな選手たち。



 



 





こういったプレーをするには、様々テクニックを覚える過程で「遊び」の要素を取り入れながら練習すること、こういったイマジネーションをかき立てられるようなプレーを「観る」こと、更に言えばSAQトレーニング、コーディネーショントレーニング、ハンドアイコーディネーショントレーニングなどが必要である。

パデルはテニスに比べるとパワー(筋力×スピード)が求められる場面が少ない一方で、イレギュラーや速いボールへの対応がテニスより多くなる。

となると、身体(や手先やラケット)を自在に操ることが出来たり、反射能力やハンドアイコーディネーション能力が高いほうが有利で、それらが可能となるような練習やトレーニングにより多くの時間を割いたほうがコート上でのパフォーマンスアップにつながるのではないかと思っている。

最初に挙げた神経系の競技で活躍している選手の中には、比較的年齢が上の選手やふくよかな体格の選手が少なくないが、パデルでもそういった選手が世界レベルで多数活躍している。

もちろんこれ以外の要素も多々あるが、こういった事実もパデルがパワー以外の要素が占めるウェイトが高い競技である証拠なのではないだろうか。

もちろん基礎体力を向上させてからの話にはなるが、こういった違いも考慮して練習やトレーニングに取り組んでみてはいかがだろうか。

パデル ダブルス ラケット ボール


以前この記事の中でテニス以上に必要なパデルの技術について書いた。

今回は「技術」というよりも「感覚」について考えてみる。(感覚も技術なのだが、分けたほうがわかりやすいだろうと思ったので)

一般的に、「技術」というと獲得出来るもの、「感覚」というと生来持っているものというイメージがある。

書道に置き換えると綺麗な字を書くには「技術」が必要だが、書を芸術にまで高めるには、その人が元々持っている「感覚」みたいなものが必要ということ。(間違っていたらごめんなさい)

もっと平たく言うなら、「センス」と呼ばれるものがあるかないか。

ここでちょっと考えて欲しいのは、自分はどんな人のことを「センスがある」と思い、どんな人のことを「センスがない」と思っているか。

もしくは自分自身のことをセンスがあると思っているか否か。

多くの人は「センス」と「才能」を同義語で捉えているが、指導のプロは一緒くたにはしない。

「センス(感覚)」は学べる(後天的に獲得出来る)が、才能は持って生まれたもの(先天的に獲得しているもの)で学べない、というのが多くのプロの指導者に共通している認識だ。

多くの人は、

「あの人センスあるから勝てないよ」
「私はセンスないから無理だよ」

こんなふうにふわっとセンス(感覚)のことを捉えていて、「なんだか掴みようのないもの」として自分の中で消化してしまっている。

だからそこから先になかなか進まない。

だがよく分かっている指導者であれば才能とセンスは分けて捉えているため、「あのセンスなら努力すれば獲得出来るよ」となる。

「教えてもいないのに上手に出来る」
「誰も真似が出来ないほど独創的(上手に)なプレーをする」

こういったプレーヤーのことを「才能がある選手」と呼ぶ。

ちなみにイチローは自分のことを、「僕は天才ではない」と言っている。

「小さい頃からコツコツと自分なりに考えてやってきたことを積み上げた結果であって、突如降って湧いたように出来たわけではないから」と言っている。

また、天才というのは自分がした天才的なプレーを説明出来ないことが多い。(長嶋さんが好例である)

だがイチローは、「自分がなぜヒットを打てるか、なぜホームランが打てるかすべて説明が出来る」とも言っている。

だから天才ではないと言いたいのだと思うが、百歩譲ってイチローの言葉を額面通り受け取ったとしても、それでも「努力し続ける才能」というのは持っているように思う。

話が逸れたが、パデルで必要な感覚とは何か。

私が思うに、

グレイディング(筋力発揮調整力)
ハンドアイコーディネーション(目と手の協調性) 

この二つの感覚はパデルでは特に必要とされる感覚である。

テニスよりも反応時間が短い中でプレーすることが多く、またテニスよりもイレギュラーな状況の中で返球しなければいけない場面が多いからだ。

この二つはテニスでもよく言われる「タッチ」とも関係している。

「あの人のボレーはタッチがいい」などと言うときに使うあのタッチだ。

これも「学ぶものではなく持って生まれたもの」と捉えている人が多いが、それは間違いである。

タッチは十分学べるものである。

ただストロークやボレーのような技術を覚えるのと同様、タッチも地味な反復練習が必要である。(と同時に遊びのような練習の中から“良い感覚”を覚えるというのも往々にしてある)

こう考えていくと、パデルの場合オンコートでの練習以外にSAQトレーニングやコーディネーショントレーニングといったトレーニングに時間を割く必要性が出てくるような気がする。

もちろんテニスでも行われているが、パデルの場合はテニスよりより一層試合の勝敗に直結してくるのではないか。

テニスで培った遺産(感覚)のみでパデルをプレーするのではなく、パデル特有の感覚を獲得しようとする人が一人でも増えることを望む。

このページのトップヘ