日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: コーチング

パデル サッカー ライフキネティック
ライフキネティックという考え方に興味があり、それについて記載がある本ということで手に入れてみたのですが、数ページしか載っていませんでした。。

脳を活性化する「ライフキネティック」の凄み

コーディネーショントレーニングとかなり似ていますが、スポーツに特化せず、脳内のネットワークを改善し、また認知・判断機能の向上を目指すということで、老若男女問わず出来るメソッドのようです。


さて、この本の著者は、


子供のときは楽しさが最も大切
子供のときは自信がとても大切
サッカーを行う上で兼ね備えていなければならないものをすべて持っている選手を育てる
子供の頃から練習の中で多くのミスをさせる
自分たちに足りない部分を考えると同時に、もっと自分たちの長所を考える必要がある


と書いていました。

まさしくその通り!

と言いたいところですが、親御さんの中にはまだまだ勝利至上主義な方はいますし、幼少期から結果や大人顔負けのプレーを求める、悪い意味での拙速主義な親御さんも依然として一定数います。

指導の現場ではこの「理想と現実」の狭間でかなり苦労しています。


ちょっと思い出してみてください。

「 何も足さない 何も引かない」

「山崎」は昔こう言っていましたよね。

「何も足さない、何も引かない。 ありのまま、そのまま。この単純の複雑なこと」

これってウィスキーだけじゃなく、スポーツの指導にも当てはまる言葉でもあります。

小学6年生まで錦織圭選手を指導していた柏井コーチは、「圭の“邪魔”をしないよう指導していた」と言っていました。

お子さんに何かを足す、何かを変える、何かをやめさせるのは、お子さん本人が望んでからでも遅くはないと思います。

以上、山崎もタリスカーもイチローズモルトも全部同じに感じる味オンチの独り言でした。 

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

ご存知の方も多いかと思いますが、学習には5段階のレベルがあると言われています。


①自分が知らないということさえも知らないし分からない、そして出来ない状態

②それを知ってはいるが出来ない状態 

③意識すれば出来るが、意識しないと出来ない状態

④意識しなくても出来る状態

⑤無意識に出来ることを人に教えられる状態

 

スポーツを例に、かなり大雑把に分けるとしたら①〜③は愛好家、④が選手、⑤が指導者といったところでしょうか。

自分が今どの段階にいるのか、客観的に自分のことを把握しておくというのは、上達するうえでは絶対に欠かすことの出来ない要素です。

私にもまだまだ②や③の部分がたくさんあり、①の部分もかなりあると思います。

知っている、分かっている部分に関しては少しでも早く④の段階に、そして最終的に⑤の段階へと持っていきたい。

(上手くなりたいと思っている)愛好家にとってのゴールは④だが、指導者にとってのゴールは当然だが⑤である。

選手と指導者の「二足の草鞋を履く」ということがいかに大変かが分かる。

指導者はある程度のレベルまで自分の技術やプレーを高めることが必須で、そこからさらにもう一山超えなければいけないからだ。

私個人のことで言えば、油断するとすぐ脱げてしまいますが、脱げないようにそーっと歩きながらなんとか二足の草鞋を履こうとしているところです。

アトランタ五輪での有森裕子の気持ちがよく分かります笑

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

ダイエットをしようとトレーナーの元を訪れたら、トレーナーがぽっちゃりしていた

料理教室に通ったら、先生がレシピ本を見ながら作っていた


こういった指導者の言うことを素直に聞くのは難しい。 

あなたは今どこにいますか。

どこに行こうとしていますか。 

パデル テニス スカッシュ スペイン 東京

一昔前までは、

「俺の言う通り練習してればいいんだ!」
「いいからやれと言ったらやれ!」

といった言葉は、スポーツ界の至るところでよく聞く言葉でした。

私が子供の頃は体罰も罰トレも罵声も横行していました。

テニスの指導者になりたての頃は、体罰こそないものの罰トレを課したり罵声を浴びせたり、理不尽にキレている指導者を時々見かけました。

体罰を加えたことは一度もありませんが(体罰をする指導者の気持ちだけは未だに分かりません)、恥ずかしながら私自身もこういった類の言動をした経験があります。

自分の指導者としての能力の無さを露呈しているだけの愚行だったと今は反省出来ますが、当時は「それだけ指導に情熱を持っている証拠だ!」と正当化し指導していました。

正確に言うと、頼っていたというよりはその方法しか知らなかったというほうが正しいかもしれません。(ただ、「情熱を持って指導する」というのは誰もが出来ることではなく、知識や経験が不足していても情熱である程度までは指導が出来ます)

自身の指導に疑問を感じ始めていた頃、恩師に、

「強い選手、良い指導者になろうと思ったら、『なんで』を考え続けることが大事だよ」

と言われ、

そのあと、

「なんでフォアハンドストロークのグリップはセミウエスタングリップがいいと思う?」
「なんでプロはスライスをかけてボレーを打ってると思う?」
「なんで日本人選手はジュニアのときは強いのにプロになると勝てなくなると思う?」

と問われ、当時は考える材料すら頭の中に見当たらず、答えに窮していると、

「だからあなたは試合で勝てないんだよ。もう少しテニスを勉強してごらん」

とはっきり言われました。

このとき後頭部を金属バットでフルスイングされたときのような衝撃を受けたのと同時に、身体の中でやる気のマグマが沸々と溜まっていくのをハッキリと感じました。

そのときから今もずっと「なんで」を追求する習慣が続いています。

当時この「なんで」が分かってくるようになればなるほど、「そりゃ勝てんわ」「そりゃ上手くならんわ」と思うことの連続で、謎が解けたことの嬉しさと同時に、これを早く知っておけばもっと良い選手になれたかもしれない、あのとき選手にキレずに指導出来たかもしれない、という悔しさがこみ上げてきたのを今でも鮮明に覚えています。

おそらくパデルも数年後には「そういうことだったのか」ということがたくさん出てくるとは思いますが、可能な限りパデルの「なんで」を今後も追求していきたいと思います。


「なんで私は勝てないのか」
「なんで私は上手にプレー出来ないのか」

 まずはここが入口です。

さあみんなで考えよう♪

このページのトップヘ