日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: コーチング

パデル テニス スカッシュ スペイン 名古屋
以前読んだ本の中に、

「簡単なことを難しく、難しいことを簡単に」

という一文があったことをふと思い出しました。


「なんでテニスって人のいるところばっかに打つんですか?」


テニス時代に指導していたジュニアの親御さんに、昔こう言われたことがありました。

その方は自分ではテニスをされないので、プロの試合やお子さんの試合を見ていて、不思議だったり歯がゆい思いをしていたそうです。

それまでの私はしばらくの間「ただ空いてるところ(スペース)に打てばいい」という視点でテニスを見ていなかったので、心の中では思わず「確かに!」と晴れやかな気分になったのを覚えています。

もちろん実際には「かくかくしかじかな理由がいろいろあるので、ただ空いてるところに打てばいいわけじゃないんですよ」と伝えると、目から鱗が落ちるのお手本のような顔をされていました。

一方で、全国(を目指す)レベルの子達になると逆の現象が起きることもしばしば。

彼らは強くなるためにコーチ達の知識や知恵を可能な限り吸収しようとします。

ムーディ勝山のように適度に受け流せる選手もいますが、コーチからもらったアドバイスをすべてやろうとして分析麻痺に陥る子も少なからずいます。

分析麻痺とは簡単に言うと、プレー中に必要以上のことを考え過ぎて上手にプレーできなくなる状態を指します。

こうなると先ほどのような「かくかくしかじかなときはこうしてあーして・・・」というアドバイスは逆効果で、「相手が嫌がるまでクロスに深いボールを打ち続けるんだ」「相手のセカンドサーブに対しては積極的にリターンしていこう」といった“大きな”アドバイスに留めます。

この状況ではブルース・リーのセリフで有名な、「Don't think. feel!」がベターです。(このアドバイスのほうが機能するレベルというのは、なかなかなレベルであることは付け加えておきます)


究極的なことを言えば、この親御さんの言うように常に空いているところに打ち続けられれば、テニスは簡単に勝てます。

そのようなプレーをするにはどうしたらいいのか。

「簡単にプレーする」ためにはどうしても難しいことが必要になります。

簡単にプレーしようとしているのにミスが出る。

この場合、そのミスが出る理由を“きちんと”説明できる必要がある。

また指導過程で、その難しいことを必要とする段階もあるし、そこを知りたい選手もいます。

積極的に行け!、だけでは上達できない、納得しない選手もいるということです。

「簡単」と「難しい」を臨機応変に出せるような自分でいたいと思います。

対象に応じて、木を見たり森を見たり枝を見たり葉っぱを見たりできるような自分でありたい。(はやくそんな人間になりたい!!※妖怪人間ベム風に)


パデルに置き換えるなら、

「高くて甘いボールばっか来てるのに、なんでバシって決めないの?」

という視点で見ると、ロブに対しては全部スマッシュで決めればいいじゃん、という考え方があります。

これが実現できればパデルは簡単です。

でもこれを実現することが簡単ではないことは、パデルを一定程度プレーされたことがある方は想像がつくと思います。

究極に簡単なプレーで勝つにはどうしたらいいか。

まだまだ楽しみは続きそうです。

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
初めて知ったこと、背中を押してくれたもの、間違いを正してくれたものなどがありました。

究極の鍛錬の中の、

「コンフォートゾーン・ラーニングゾーン・パニックゾーン」という考え方や、

「究極の鍛錬」の定義の、 

①教師により体系的に構築されている
②何度も繰り返すことが出来る 
③継続的にフィードバックを受けることが出来る 
④精神的にはとてもつらい
⑤そして、あまりおもしろくない

はとても合点がいきました。

そして汎用的な才能や能力といったものはなく、その分野に関しての「極端なまでの知識」が達人を作り上げるというのも、以前にも増して腑に落ちました。

自問自答が大切ということも改めて確認出来ましたし、情熱は生まれつきのものではなく努力して身に付けるもの、という素晴らしい言葉もありました。

一方で、

「早く始めれば始めるほどよい」
「偉業を成し遂げるうえで(家庭)環境は重要」
「乗数効果」
「ちょっとした優位性がのちのち大きな違いを生む」

ともあり、偶然や思い込みも達人になる要素の一つで、努力こそがすべてとも言っていませんでした。

ただ最終的には、

自分が本当に欲しいと思っているものはなにか、という「自分を知る」作業

そしてその分野で達人になるためには、(生まれ持った才能がすべてを決めるのだという迷信を信じるのではなく)「自分を信じる」という決意や覚悟があるかどうかのほうがはるかに大事、と心の底から思えるか

ということが重要と説いていました。

何を信じるか
何を信じるかを決める

読後、この二つはうまくいくかいかないかを分ける大きな要素だと、以前にも増して思うようになりました。

また一つ点と点が繋がりました。

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
私は指導する際、不変・普遍・不偏の三つを大事にしています。


不変・・変わらないこと
普遍・・多くに共通していること
不偏・・偏らないこと


そうすると、

①昔はあったけど今はないもの
②昔はなかったけど今はあるもの
③昔も今もないもの
④昔も今もあるもの

ざっくりですがこの4パターンに分けられます。

スポーツ界も(用具の進化に伴い)日進月歩がすさまじいので、勉強していないとあっという間においていかれます。

①はその典型です。

③は考慮しなくてよいので、問題は②と④。

これは私がこれまで指導の現場に携わってきた経験則から言えることですが、いつの時代も②は脚光を浴びます。

「ブーム」「流行り」「トレンディ」「ナウい」などとも言い換えられます。

“新しいもの”は人を引きつけるので当然と言えば当然です。

④は「スタンダード」「定番」「基本」などと呼ばれるものですね。

若い子であれば、女子中高生ケータイ流行語大賞2012で13位に選ばれた「安定の〇〇」なんて言い方をされるものが当てはまります。

当たり前ですがすでにあるものなので、目新しさはなく刺激もありません。

なので多くの人の目にあまり留まりません。

もちろん②も、今は流行りものとくくられているが、年月が経っても変わらず残っていれば「スタンダード」に変わっていく可能性もあります。

ですが逆にもてはやされているのは今だけで、年月が経って振り返ったとき、“あれ”はいわゆる一発屋だったという可能性もあります。

“それ”は現段階ではスタンダードになるかは分かりません。
パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
ですが④に関しては、その心配はありません。

テニスに関しては(現代テニスの形になってから)140年以上の歴史があり、パデルは40年以上の歴史があります。

過去から現在に至るまで、それぞれの時代のチャンピオンが使用してきた、消えずに現代でも使われているものを無視するというのはどうしても私には出来ません。

もちろん、この先“それ”が淘汰され過去の遺産になる可能性もあるので、そこにもアンテナは張っておかなければなりません。

なので私は、指導者というのは「温故知新」の精神が必要不可欠だと思っています。

そしてまずは「間違いの少ない指導」が出来るようになることを目指し、“プラスアルファ”や“独自のメソッド”を考えるのはそのあとです。

ダイエットのスタンダードは今も昔も変わらず「消費カロリーを増やし、摂取カロリーを減らす」です。

一時ブームになっては消えていった「〇〇ダイエット」というのは枚挙にいとまがない。

こういったものは「消費カロリーを増やし、、」という幹から派生している枝葉に過ぎません。

パデルにおける幹とは何か、パデルにおけるスタンダートとは何なのか、これからも探し続けていきたいと思います。


以上、ホームボタンのないiPhoneを初めて触ったときのリアクションが、チンパンジーと変わらないサウスポーおじさんがお伝えしました。

このページのトップヘ