日本パデルアカデミー

「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: JPT

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

11月3日に所沢フットサル&パデルコートで開催されていた「JPT 所沢大会 第3ステージ」で清立商工所属のAsier Gago Martinez選手と組んで、第1・2ステージに続き優勝することが出来ました。

これで彼と組んで通算9大会目の優勝、そして去年の10月から続く連続優勝は8大会目で、連続試合勝利数は30(通算34)となりました。

数字を意識するメリットもデメリットもありますが、今はメリットのほうを強く感じています。

Asierと組んで勝ち取った34の勝利という事実と経験は、私たちのチームにとても大きな自信を与えてくれています。

二人の力が上手く噛み合わさったことで得た勝利もあれば、噛み合わない中でも勝ち取った勝利もあります。

こういった経験を重ねていくことで見えてくることや気づくことの多さを実感していますが、一つはっきりしているのは私たちはもっともっと強くなれる可能性があるということ。

個人的には技術にも体力にも精神にも頭脳にもまだまだ改善の余地があり、「ここをこうしたい」「こうならないようにしたい」ことがいくつもあります。

いかに脳から「正しく指令するか」ということと、それを何回繰り返すかということなので、結局は研究と反復練習が欠かせないわけで、要はやるかやらないかだけなのですが。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
20代前半の若い選手が台頭してきているなか、相手と戦うだけでも大変なのですが、私は自分の身体とも戦わなければならない年齢になりつつあります。

ここ数大会ベストなコンディションで試合に臨めていません。

ケガしない身体作りが中長期的な課題です。

そのためにまずはファンタやコーラをやめ、いろはすにしようと思います。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
そして同じぐらい意識しようと思っているのが精神。

自分の思っているようにコントロールしたい。

これも日々の習慣で改善出来ると思っているので頑張りたい。


今後はランキングや大会で優勝することも多少は意識しますが、それよりも自分の目指すパデルがコート上で表現出来るよう努力していきたいと思います。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
そして今大会は女子が鈴木薫・鈴木智美ペアの初優勝で幕を閉じました。

二人は千葉を拠点にして練習しています。

おめでとうございます!


また今大会もJPTオープン大会初出場の選手もいました。

少しづつですが裾野が広がってきています。

この勢いのままパデルも私も2020年まで成長していきたいと思います。

待ってろ、Campeonato Mundial de Pádel 2020!
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

最後になったけど、Asier gracias,¡Somos el equipo!


※本文中の写真は同大会に出場していた平野俊輔選手にお借りしました。ナイスな写真を撮ってもらいたい方は是非平野カメラマンまでお声がけください^^

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

10月13日にパデル&フットサル晴れのち晴れにて開催されていた「JPT千葉オープン3rdステージ」で優勝することが出来ました。

Que bien Asier, y gracias.

 前回の東京オープン2ndステージでも良いプレーが出来ていましたが、今回はそれにも増して良いプレーが出来ました。

プレー中二人してPerfectoと声を掛け合うポイントがいくつもありました。

もちろんまだまだ改善させたい点はありますが、それでも一緒にプレーしていく時間が増えるのに比例してお互い良いプレーが出来るようになっています。

お互いトーナメントに出場する度に課題を見つけ、修正して次のトーナメントに臨むというサイクルが出来ています。

これは個々の課題もそうですが、「ペア」としての課題もです。

自分の技術やプレーが上手くいってポイントが取れたときも嬉しいですが、2人の頭の中が同じでその通りプレー出来たときの快感は何物にも代え難いものがあります。

そういうポイントのことを僕の中では勝手にタイタニックポイントと呼んでいます 笑

 言葉を交わさなくても通じ合っている。

そんな状態でプレー出来てるときの気持ち良さを例えるなら、はぐれメタルを立て続けに2回倒せたときと同じぐらい気持ちが良い。

これからも二人ではぐれメタルを倒しまくってレベルアップしていくことをpromiseしたいと思います。

¡Asier,juntos arriba!

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
今大会もいろいろ感じました。

大井町でプレーされてる方や現役テニスコーチ、オープン大会初出場の方のトーナメント参戦があったり、初のベスト4入りを果たした選手もいました。

そして晴れのち晴れのパデルスクールに来ていただいている方々の試合観戦や、いつも最後まで残って試合を見てくれている選手がいることは、実はとても嬉しい。

高倉健、いや沢尻エリカ並みに不器用な私ですので伝わらないかもしれませんが、本当はとても嬉しい。

パデルが好き、楽しい、上手くなりたいというのが言葉はなくとも伝わってくるからです。


最後になりますが、いつもサポートしていただいているNexus、Padel Asia、NIPPONPADEL、清立商工、善福寺公園テニスクラブ、パデル&フットサル晴れのち晴れ、パデルワンの関係者の皆様には大変感謝しております。

年内は残り二戦。

良い結果が残せるよう頑張ります。
 

パデル 大井町 コート レッスン

9月8・9日にパデル東京で開催されていたJPT東京オープン2ndステージで優勝することが出来ました。

今回も清立商工所属のAsierと。

これで彼と組んで今年は4大会連続、去年から通算で7大会連続で優勝することが出来ています。

優勝後にも少しスピーチさせてもらいましたが、正直なところ今年の三月に開催された全日本ぐらいまでは二人の個々の技術力で試合をしているようなところが個人的にはありました。

戦術的な要素はあるにはありましたが、セオリー通りのプレーぐらい。

個々に修正し、個々に自分を鼓舞し試合をしていた感じ。

それが3大会ぐらい前から「ペア」として試合に臨んでいるような感覚が出始め、昨日の大会ではかなり良い形でそれが出せるようになりました。

阿吽の呼吸というか、相互依存といったら大げさかもしれないですが、Asierとはそんなようなチームが出来つつあります。

パデルはテニスと同様かそれ以上にラリー中に判断(思考)する時間が少ない。

なのでペアにも意識を向けつつプレーしなければならないというのは苦しい。

ラリー中、「ペアはどこにいるんだろう」「ペアはどこに打つんだろう」というのが気になってしまうようではネットの向こうにいる相手に意識を向けることが出来ない。

また、戦略・戦術を考える際、自分の長所短所とペアの長所短所を踏まえた上で決定しますが、これも「ペアの長所短所が分からない」では決めようがない。(自分の長所短所が分からない人も少なくないが…)

身体の反応に任せてプレーが出来るペアと、一球毎に「判断」しなければいけないペア。

後者が分が悪いのは明らかです。
パデル 大井町 コート レッスン スポル

Asierと組み始めて約1年。

ようやくペアとしてパデルが出来るようになってきていること、ペアでうまくポイントが取れたときの喜びや楽しさなどが理解出来つつあります。

テニスのダブルスでもありましたが、「一心同体」を感じることができるようになりつつあります。

色々な人と組むことで新たな発見が出来たりするメリットもありますが、こういった一心同体を感じることは即席ペアでは難しいように思います。

多くの方にこれからそういったペアを見つけてもらい、一心同体 少女隊を体感してもらえたらと思います。
パデル 大井町 コート レッスン スポル

このページのトップヘ