日本パデルアカデミー

「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: JPT

パデル 大井町 コート レッスン スポル

今日は男女共に1・2回戦が行なわれました。

明日はSF・Fです。

順当にシードを守っているペア、残念ながらシードを守れなかったペア、なかなか勝てなかった相手に勝ったペア、今までは手も足も出なかった相手に善戦出来たペア、JPT初勝利を手にしたペア、やっぱり壁を使わないと勝てないなと再認識したペアなど、今日もいろいろとドラマがありました。


パデル 大井町 コート レッスン スポル
パデル 大井町 コート レッスン スポル

観戦に来ていたある方が、「大人になってからこんなに真剣に取り組むものが見つかるなんて思ってなかったです。幸せですよね」とおっしゃっていましたが、同様に感じている方少なくないと思います。

「仕事終わったらパデル出来る」
「今週頑張れば週末パデル出来る」

こう思うことで普段の仕事や生活にハリが出る。

明石家さんまが昔テレビで、「(恋人に)会えない時間が愛を育てる」と言っていましたが、パデルも同様ですね。

出来ない時間がパデル愛を育てる。

ほんとパデルは不思議なスポーツです。



パデル 大井町 コート レッスン スポル

そして今日はWorld Padel Championships 2018でアジア予選を突破し、見事本戦出場を決めた女子日本代表「忍Japan」の発表が同時に行なわれました。

トーナメントも過酷なのはもちろん、トーナメントに出場するのも大変。

本戦まであと数ヶ月。

自身の仕事、練習、クラウドファンディング。

やることたくさんだとは思いますが、選手のみんなには帰りの飛行機の中で、「もっと練習しておけばよかったなー」という後悔の念が湧き出ないよう日々を過ごしてもらいたい。

そして私事になりますが、光栄にも日本パデル協会から女子日本代表のコーチに任命していただきました。

任命していただいたからには可能な限り全力でお手伝い出来たらと思います。

目標は2年後の本戦ストレートインの権利の獲得。

それに向けて彼女たちと一緒に練習出来たらと思います。

その前に明日頑張ります。

ジャパンパデルツアー 優勝 アシエル 庄山

8月5日に所沢パデルコートで開催されたJapan Padel Tour2018「所沢大会第2ステージ」にて、清立商工所属のAsier Gago Martinez選手と組んで優勝することが出来ました。

今年は彼と組んでこれで3大会目の優勝、去年から通算すると6大会連続で優勝することが出来ています。

Asier,Gracias
Me ayudó tu espíritu de lucha.

競技レベルが少しづつ上がり、対戦相手も私たちを倒すための研究・対策をしてきつつあります。

そして何より「あの二人を倒す」という目標が、より一層普段の練習のモチベーションを高めているのだろうと想像しています。

一方パデルが普及していくことで私やアシエルはコーチとしての活動が増え、二人して嬉しい悲鳴をあげている今日この頃です。

選手とコーチという二足のわらじを十数年振りに履けることに感謝しつつも、二足のわらじを両立させることの大変さを久しぶりに痛感しています。
ジャパンパデルツアー 優勝 アシエル 庄山
また、規模やレベルはまだまだまだまだ他のスポーツと違いますが、「常勝」するもしくはそれを求められるということがどういうことかほんの少しだけ理解してきました。

「常勝軍団」とか「常に勝つと思われている選手」の抱えるプレッシャーの程がほんの、ほんの少しだけ垣間見えています。

そう考えるとWorld Padel Touで現在16年連続世界1位のBela選手の偉大さは尋常ではないです。

・・並べてはいけませんでした^^;

モチベーションの保ち方、見つけ方、結果が出ているのにもかかわらず自身のパデルを進化・変化させていくことetc。

「勝つ」だけでなく、「勝ち続ける」ための心の持ちようを一度でいいから聞いてみたい。
ジャパンパデルツアー 優勝 アシエル 庄山
さて、次は9月のFIP100。

FIP100というのは国際パデル連盟公認のトーナメントで、ざっくり言うとテニスのプロツアーのATP250・500・Masters1000・グランドスラムと似ていて、FIPもFIP100・250・500・1000(オープン)・1000+(Master)となっています。

出場すると世界ランキングが付与され、遠いですがポイントを獲得していった先にはWorld Padel Tourがあります。

その入り口となるのがFIP100です。

あまりピンときていない方が多いかもしれませんが、これは本当に素晴らしいことだと思います。

個人的にはこの大会が日本で開催されるということの恩恵に最大限あずかろうと思います。

あと一か月間、アシエルと二人で良い準備をして大会に臨みたいと思います。

パデル JPT 2018 優勝
パデル JPT 2018 優勝
先日所沢パデルコートで開催された「2018JPT所沢大会第1ステージ」にて、清立商工所属のAsier Gago Martinez選手と組んで優勝することが出来ました。

決勝は悲しい結末となってしまいましたが、高野選手には早く復帰してもらい、また対戦出来ることを楽しみにしています。

JPTに出場する度に思いますが、本当に男女共に競技レベルが上がり、また今年から新たな参加選手が増え始めています。

これもとても素晴らしいことだなと感じていますし、それから、自分が負けても研究のために他の選手のプレーを残って観ている選手なども増えつつあります。

そして毎大会夜遅くまで試合を観戦しに来て下さっている方もいらっしゃり、こういった方々がいらっしゃることで選手は良い緊張感を持って試合に臨むことが出来、そのおかげで良いプレーを(お見せ)することが出来ます。

パデルが好きな方、パデルが好きな選手、パデルが好きな関係者がいるおかげでこのような環境があり、そのおかげでこうして試合が出来ていることに感謝しています。

Captain of the Shipの中で長渕剛も言っていますが、これからも決して奢らず、決して高ぶらず、決して自惚れず、一歩ずつ確かな道を歩んでいきたいと思います 笑



Asierと組んでからはこれで5大会連続で優勝。

「勝って当たり前」

という声と、

「負ける恐怖」

に押しつぶされないようこれからもお互い努力を続けていきたいと思います。

パデル JPT 2018 優勝
パデル JPT 2018 優勝
パデル JPT 2018 優勝

このページのトップヘ