日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

カテゴリ: 日本代表

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
松岡修造さんはテニスには「楽しむテニス」と「世界を目指すテニス」の二種類があるとよくおっしゃっています。

楽しむテニスでは問われないけど、世界を目指すテニスでは問われることがあると言います。

先日の引退会見でイチロー選手は、

「18、19歳の頃は1軍に行ったり、2軍に行ったり。そういう状態でやっている野球は結構楽しかった。94年、仰木監督と出会って、レギュラーで初めて使っていただいて、この年まででした、楽しかったのは。その頃から急に番付を一気に上げられて、それはしんどかった。やはり力以上の評価をされるのは、とても苦しい。そこから純粋に楽しいということは、もちろんやりがいがあって、達成感を味わうこと、満足感を味わうことはたくさんあった。しかし、楽しいかというと、それとは違う」

と言っていました。

テニスや野球のようなメジャースポーツではない場合はどうか。

セパタクローという「先輩」の言葉です。

セパタクローは日本ではまだメジャースポーツとは言えませんが、東南アジアではメジャースポーツだそうで、パデルも日本ではまだまだですが、ヨーロッパや南米ではメジャースポーツ。

共通点がありそうです。

「日本代表になりたい……」セパタクローに転向「それぞれの理由」 日の丸を背負って見えた風景とは?

「試合の結果だけでなくそれまでのプロセスや、その試合で勝利する一瞬のために積み上げてきたものがあって、それを試合で表現することで、その姿にお客さんが共感したり自分を重ねて感動させられることができると思っています。(中略)トップクラスのプレーをし続けることが日本代表の役割だと思っています。見ていてすごいな、かっこいいなと思ってもらえるために良いプレーをし続けること。それだけではなく代表選手はそのスポーツ自体の普及のために自分たちで発信することを率先してやるべき立場だと思います。また競技のトップ選手になるので、プレーもさることながら人間としての立ち振る舞いも見られてくるので人としても成熟し、その姿も人に見せて行きたいと思います」
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
プロセスも必要
結果が大事
良いプレーをすることは当たり前
普及のために自ら発信
成熟した人間であること


これらのことが「日本代表」には求められるとセパタクロー先輩は言っています。

こうなってくると「楽しむ」という次元ではなくなってくるように思います。

パデル女子日本代表監督の玉井さんも、「エンジョイパデルではよくても、日本代表のパデルではよくないことがある」とおっしゃっていました。


よく様々な競技の日本代表の選手が、

「今度の試合は楽しみたいと思います」

というような発言を会見等でしているのを耳にしたことがありますが、先ほど挙げた「プロセスも必要・結果が大事・良いプレーをすることは当たり前」を踏まえたうえで楽しむと言っているのですから、それまでに積み重ねてきているものが垣間見えます。

結果を出すことだけでいっぱいいっぱいになりそうなところで、楽しみたいと言える選手に私もいつかなりたい。


長くなりましたが、日本代表になるということは「失うものがあるから手に入れるものがある」ということです。

28年前のちょうど今日発売されたリンドバーグの名曲、GLORY DAYSの歌詞の意味がやっと分かりました。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
先週の土曜日、「パデル&フットサル 晴れのち晴れ」にて、日本パデル協会としては初の女子パデル日本代表の公式練習が行われました。

パデル協会の副会長でもあり、女子日本代表の監督でもある玉井監督から「日本代表」としての心得を話していただき、私からも女子日本代表のコーチとして選手の皆さんに一言だけ述べさせていただきました。

一方私は男子の代表の一人でもあり、自分の言った言葉はそのまま自分に跳ね返ってきます。

「日の丸をつけて日本を代表してパデルをする」ということが、どれだけの責任とチャンスがあるかということなど、去年生まれて初めて日本代表に選出されるまで考えもしませんでした。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
今回、男女共に今年初めて日本代表に選出された選手も少なくなく、そういった選手の方々はおそらくまだあまり実感はないかと思います。

ただ今日玉井監督がミーティングで話していた、「私たちはSAMURAI BLUEやなでしこジャパンと同じ立場にいます」という言葉で事の重大さに気づいた選手もいると思います。

プレーはもちろん、自身の一挙手一投足に対してハードルが一気に上がります。

出来て当たり前という目で見られ、加点方式ではなく減点方式で見られかねない。

「さすが日本代表!」と言われるのか、「日本代表なのに・・」と言われるのか。

今月末のアジアカップとNexusCup(FIP125)では、観戦に来てくださった方々に前者のセリフを言っていただけるような試合が出来るよう代表選手一同頑張りたいと思います。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
・・・とはいうものの、私たち(あえて私たちと書きます)男女日本代表選手はまだまだ経験に乏しく、何が正解なのかまだまだ完全に手探り状態です。

そんな中でもみんな自分なりに「パデル日本代表らしく」在ろうしています。

私個人のことで言えば、なんとかパデルは少しだけまともに出来るものの、いい年しているわりには人格や人柄がまったくそれに追いついてきません。

「パデルが出来るオジサン」が、急に「日本代表」という肩書きを持つ。

「パデルが出来るOL」が、急に「日本代表」という肩書を持つ。

「パデルが出来るサラリーマン」が、急に「日本代表」という肩書きを持つ。

こんなの高低さあり過ぎて耳キーンってなります。

私は今一生懸命人格や人柄という名の鞭を自分に入れていますが、まだまだ日本代表と呼ばれるに相応しいものとは程遠いところにあります。

他の選手も大なり小なり似たような状況かと推測します。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
ですので応援してくださる皆さんには、厳しさと温かさの両面を持ち合わせた、タプタプでおなじみ安西先生になったつもりで今月末千葉まで観戦に来ていただけたらと思います。

少しずつでも男女共に来年に向けて成長していきたいと思っています。

そして去年叶わなかった「男女でパデルワールドカップの本戦出場」という目標を来年果たしたいと思っています。


以上すべて私の独り言でした。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
昨日2019年度の日本パデル協会の総会が開催され、2019年度の男女日本代表が発表されました。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
これで来月開催されるアジアカップのメンバーも確定しました。

初選抜の選手もいれば、2回目の選手もいます。


私個人のことで言えば、去年の6月にオーストラリアに敗れたときの悔しさは決して忘れてはいません。
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
この悔しさを経験した選手が今回私を含め3人います。

オーストラリアがどういったテンションで大会に参加するのかは知りませんが、「チーム日本」として絶対に勝ちたい。

去年選出されたとき、正直なところいまいちピンと来ていませんでしたが、今回は違います。

色々な人の想い(本当に色々な思い)や期待や厳しい目が「日本代表」に寄せられているんだということをひしひしと感じています。


来年6月のアジア予選まであと485日。

まずは来年も選ばれるよう引き続き精進していきたいと思います。

残念ながら今回選ばれなかった選手の中にも実力が拮抗している選手もいますし、ケガで出られない選手、そして最近メキメキと実力をつけ「日本代表になる」と宣言している選手達もいます。

こうして切磋琢磨し合って強い選手や良い結果が生まれ、そしてそれが協会の提案する「トリプルミッション(勝利・普及・資金)」に繋がっていくことと信じています。


さあ今日も練習練習。

このページのトップヘ