日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

バック(アドバンテージ)サイド

アドバンテージ(バック)サイドのプレーヤーに求められるもの(戦術・頭脳編)

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
最後は戦術編です。

  • ポイントを終わらせることが出来る
  • off the ball(ボールに関与していない)のときに何をしたらいいのか(どこにいたらいいのか)知っている
  • いつポイントを終わらせればいいのか知っている
  • プレッシャーの掛け方を知っている
  • センターに気を配ることが出来る

スペインで練習していた際これらのことを全く知らなかった私は、帰る頃には一緒に組んでいたペアの、

「なんで今ので決めようとしたんだよ顔」
「なんで今のタイミングで前に行ったんだよ顔」
「なんでそんなとこに立ってんだよ顔」

等、すべての表情を読み取ることが出来るようになっていました(笑)

知らないことは今でもたくさんありますが、 思えば当時よくあれだけの知識でやっていたなという印象です。

知らなかったことを知り、知ったことが出来るようになる。

こんなに楽しいことは他にはない。

アドバンテージ(バック)サイドのプレーヤーに求められるもの(技術・体力・精神編)

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
前回は「性格」についていくつか特徴を述べましたが、今回はバックサイドのプレーヤーに求められる技術・体力・精神について。

  • 決定的なスマッシュが打てる
  • 良いバンデッハ(ビボラ)を持っている
  • パートナーをリードし、また励ますことが出来る
  • 試合の最初から最後まで自コートの2/3を守ることが出来るスタミナがある
  • (ポイントを取ることを)急がない

ディフェンスがしっかり出来ることや、良いボレーを持っているというのは言わずもがなです。

周りにこんなバックサイドいたらすぐ捕まえましょう(笑)

アドバンテージ(バック)サイドのプレーヤーに求められるもの(性格編)

パデル テニス スカッシュ スペイン 名古屋
「僕はフォアとバック、どっちをやったほうがいいですか」
「私は攻撃力がないからフォアサイドのほうがいいですか」

こう聞かれることがよくあるので、かなりざっくりですがフォア(デュース)サイド・バック(アドバンテージ)サイドそれぞれで求められるものを挙げてみます。(ちなみにこのフォア・バックは、スペイン語になるとフォアがderechaとかdriveと言われ、バックはrevésと言われています)


今回はバックサイドのプレーヤーに求められる「性格」について。

  • (正しい)決断が出来る
  • 心が堅い(精神的にタフ)
  • 大胆
  • 楽観的
  • リーダーになれる
  • 忍耐強い
  • 自分を王様だと思わない
  • 感謝出来る

どうですか。

けっこう大変ですね。

こんなバックサイドいたらどこまでもついていきます(笑)
管理者


パデルプレーヤー(Jugador de pádel)
Daisuke Shoyama

スポーツギフティング「UNLIM」
パデルプレーヤー庄山大輔


☆WPT Lugo Open出場(2021)
★WPT Barcelona Master出場(2021)
☆WPT Valladorid Master出場(2019)
★アジアカップ優勝(2019)
☆全日本パデル選手権優勝(2017・2018)
★世界ランキング最高位257位


メッセージはこちら

仕事のご依頼やご質問等ある方はこちらからお願いいたします。

名前
メール
本文
戦績
2018FIP100優勝

2019NFIP125優勝

2019FIPPromotion準優勝

第3回アジアカップ(国別団体戦)準優勝

自己最高位世界ランキング257位

パデル男子日本代表コーチ

前パデル女子日本代表コーチ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

にほんブログ村 その他スポーツブログへ