日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

フォア(デュース)サイド

デュース(フォア)サイドのプレーヤーに求められるもの(技術編)

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
以前の続きです。

今回はデュースサイドのプレーヤーの技術に関して求められるものを考えてみたいと思います。

  • 確率の高いショット
  • 良い(深い)ボレー
  • (プレーを)急がない
  • 確率の高いバンデッハ
  • プレースメントの良いBajada de pared
  • 完璧なロブ

などが挙げられます。

ディフェンス能力が高いというのは言わずもがなです。

これに良いビボラがあればもう言うことなしです。

お気づきかと思いますが、決して威力やスピードを求められていないということです。

ヤクルトの池山のようなタイプではなく、ベイスターズの石井琢朗のようなタイプが求められると言えば分かりやすいですね。

これはテニスと同様、第1ポイントが常にデュースサイドから始まるからという理由も含まれています。

デュース(フォア)サイドのプレーヤーに求められるもの(性格・心構え編)

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
以前「アドバンテージサイドのプレーヤーに求められるもの」を書きましたが、今回はデュースサイド(の心構えや性格)について考えてみたいと思います。

  • 忍耐強い
  • 自制心がある
  • 賢い
  • 共感力がある
  • 閃く
  • 戦略家である

などが挙げられます。

テニス同様、基本的にデュースサイドは確率の高いスマートなプレーが出来るプレーヤー求められます。

そのプレーの上に、「ペアを自分の一部のように考えてプレーする」ことが出来ればバッチグーです。

今流行りの言葉を使うなら、「One Team」でプレー内容を考えることが必要で、また、自分の良いプレーより味方の良いプレーでポイントを取ったときのほうが嬉しいと思える気持ちを持つことも必要です。

WPTを見ていると、アドバンテージサイドのプレーヤーがスマッシュで決めた直後に、デュースサイドの選手のほうが激しくガッツポーズをしているという場面を見かけるかと思いますが、あれはそういうことです。

僕ぐらい年齢が上がると、あのガッツポーズを見ただけでも泣こうと思えば泣けます(笑)
管理者


パデルプレーヤー(Jugador de pádel)
Daisuke Shoyama

スポーツギフティング「UNLIM」
パデルプレーヤー庄山大輔


☆WPT Lugo Open出場(2021)
★WPT Barcelona Master出場(2021)
☆WPT Valladorid Master出場(2019)
★アジアカップ優勝(2019)
☆全日本パデル選手権優勝(2017・2018)
★世界ランキング最高位257位


メッセージはこちら

仕事のご依頼やご質問等ある方はこちらからお願いいたします。

名前
メール
本文
戦績
2018FIP100優勝

2019NFIP125優勝

2019FIPPromotion準優勝

第3回アジアカップ(国別団体戦)準優勝

自己最高位世界ランキング257位

パデル男子日本代表コーチ

前パデル女子日本代表コーチ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

にほんブログ村 その他スポーツブログへ