日本パデルアカデミー

「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:コーチ

パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット

240日。

これは僕がパデルを始めた最初の一年でバンデッハを練習した日数です。

平均して週5回。

ひと月に20日間。

これぐらいやってやっと一年後ぐらいに「バンデッハって何となくこんな感じなのかな」というのが見えてきた程度です。

「もう4、5回パデルしてるけどまだバンデッハがちゃんと打てない」
「バンデッハ、もうわかった!」

コート内外で時折耳にする言葉です。

今から240回バンデッハを練習しようと思うと、単純計算で週2回練習して約2年半。
週1回だと約5年です。

仮にこの240回という数字がバンデッハをマスターするのに掛かる公式日数だったとすると、これだけの日数が必要で、そして週6回やっても約10ヶ月掛かります。

もちろん類稀なるセンスで簡単に出来てしまう人もいるかと思いますし、数回やっただけでコツを掴める人もいるかと思います。

ただ少なくとも、テニスの技術がある程度身についている私でも、ブレークスルーするまでに約1年掛かりました。


ここで一つ整理しておかなければいけないことがあります。

「バンデッハが出来る」というのは、試合というプレッシャーのかかる状況でも「無意識に出来る」ことを指します。

順番にすると、

球出し練習で意識すれば出来る
球出し練習で無意識に出来る
ラリー練習で意識すれば出来る
ラリー練習で無意識に出来る
練習試合で意識すれば出来る
練習試合で無意識に出来る
試合で意識すれば出来る
試合で無意識に出来る

パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット

本当はこの前に、


コートに入れることが出来る

狙って打てる

速く打ってもコートに狙って入れることが出来る


という段階があります。

ここでいう「出来る」の合格ラインは8割です。

「10球中8球狙ったエリアに入れることが出来る」ということです。

この確率で狙って打てないのであれば、打つボールのスピードを落とすかエリアを広くする。

それでも8割にいかないのであれば、そもそものフォームを見直してみる。

ここでよく見受けられるのは、「2回に1回は入る」程度の確率で良しとしてしまうこと。

2回に1回の「良かったほう」の思い出だけを持ち帰ってしまうこと。

恋愛とバンデッハは同じで、冷静になって良い面悪い面両方見なければ、また同じ過ちを犯してしまいます。

2回に1回入る程度では、「次は入るかな」という気持ちになり、8割入っていれば「また入るだろう」という気持ちになれるはずです。


ただ、これはあくまで「試合に出場し勝利を目指す」選手というのが前提ですのでお間違いなく。

選手であれば自分がどの段階にいるか見極め、一つずつ階段を上がっていってください。

「パデルは簡単なスポーツ」というイメージがあるからか、多くの人が「基本と反復」をすっ飛ばします。

これをすっ飛ばしてしまうと、必ず後で大変になります。

一歩ずつ進んでください。 

パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット

5月23~27日にかけて、ニコとマキシが日本に来ます!

この二人はテニスで言うと、ニコは元フェドカップ監督で現ジュニアナショナルチームの監督、マキシは現役プロのツアーコーチです。

私のパデルの8割はこの二人で出来ています。

2016・2017スペイン研修

二人とも普及や指導にとても情熱のあるコーチです。

二人から上達のためのヒントをたくさんもらってください。

パデル テニス スカッシュ スペイン ラケット


5月13日(日)に、パデル東京にて初の「パデル座学」を開催することになりました。

★全日本No.1!!! 庄山コーチのパデルの戦略勉強会
 
オンコートの練習だけでも限界があり、知識だけあってもコート上でそれを表現することは出来ません。

両方がうまく噛み合うことで初めてコート上で良いプレーが出来ます。

私もまだまだ試行錯誤、勉強中の身ですが、少しでも皆さんがスマートなプレーが出来るようお手伝い出来たらと思っています。


このページのトップヘ