日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:コーチ

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
テニス時代、面白いことを言うジュニアがいました。

その子は関東ジュニア出場経験もある上手な子でしたが、あるとき、

「テニスより勉強のほうが楽しい。勉強は努力した分だけ結果がついてくるけど 、テニスは頑張っても結果がついてこないことのほうが多いから」

と親御さんに漏らしていたことがあったそうです。

このとき、そういう捉え方も確かにあるなと感心したのと同時に、私はなぜ思わなかったのだろうと考えてみました。(勉強で結果が出なかったのは置いておいてw)

すぐ答えは出ました。

それはテニスをやること自体が楽しいからです。

結果が出ようが出まいが問答無用で楽しい。

でも勉強は、良い点数が取れたときこそ嬉しいものの、机に向き合っている時間はまったく楽しくなく、ファミコンでドラキー倒してるほうがよっぽど楽しかった。


結果が出るからやる、結果を出すためにやるというのも一つの考え方ですが、テニスもパデルも本来はゲームを楽しむものです。

Gameをスペイン語に訳すとJuego、juegoを日本語に訳すと「遊び」とか「試合」と出てきます。

Playに至っては「遊んで楽しむ」と出てきます。

辞書の言う通り、パデルやテニス含め、本来スポーツは「試合を(遊びながら)楽しむ」ものだと思います。

ではなんで遊んだり楽しんだりするものに努力が要るかといえば、これまたファミコンのようなゲームと一緒で、素手では倒せない相手が出てくるから武器を探したり、ただのキックでは倒せない相手が出てくるから必殺技を覚えようとするわけです。


私はパデルでもっともっと遊びたいし、もっともっと楽しみたい。

いつかクッパや竜王を倒しに行きたい。

だから今より良い武器を探したり、今より良い必殺技を覚えようと思います。

¡Quiero jugar más!
 

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

ナダルの叔父、トニ・ナダルの本にはとても感銘を受けました。

賛否両論あるコーチングスタイルかとも思いますが、僕は好きです。

多くの点で納得出来ます。

なかでも、自身の性格について「私の批判的性格の最大の問題点は、私がいつまでたっても満足を覚えることが出来ず、したがって安息を得られないということ。(中略)あらゆるものに疑問を突きつけるため、無条件で何かを楽しむということが出来ない」と書いてある部分があるのですが、これには大きく頷きながら爆笑してしまいました。

テニスに関する細かい技術的な内容はほとんど書いてないので、テニスを知らない方でも十分読めます。

他のスポーツ指導者や選手の方にもぜひ読んでいただきたい本です。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

先週は東京FMにて中西哲生さんがメインパーソナリティを務める、クロノスというラジオ番組の週録に行ってきました。

もちろん初のことでかなり緊張しましたが、パデルについて少しだけ話してきました。

エレファントカシマシの宮本さんの気持ちがよく分かりますw

全国にあるスポーツショップ、スーパースポーツゼビオの店内でも流れるそうです。


さて、コンディションも良くなったので今週から練習再開です。

Vamos!!

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
テニスの本は今までのテニス本にはあまりない切り口で興味深かった。

トレーナーの方にとっては当たり前であったり必須かと思いますが、選手やコーチも知っておいたほうがいいことがたくさんありました。

僕は短腓骨筋(足裏から腓腹筋につながっている筋肉)が弱いようで、特に左足の短腓骨筋が弱く、年明けにトレーニングを始めたばかりの頃はサイドランジが正しく行えませんでした。

面白いもので、名称が分かり、部位が分かり、正しく鍛える方法が分かるとちゃんと筋肉は発達します。

自分の身体が変わる楽しさ、作る楽しさが少しだけわかるようになりました。

もしかしたら盆栽とかと近いものがあるのかもしれません。

時間をかけて変化と成長を楽しむ。

いつかサンオイルをたっぷり塗りたくったおじいちゃんボディビルダーになってるかも⁈


水谷準の本はこれで2冊目ですが、空気を読まない感じ、本音な感じ、いいです。

かっこいい言葉の連続で、とても参考になります。



試合で勝つために最も大切なことは練習の質であり、戦術と技術

始めたばかりの人や、試合で凡ミスを減らしたいレベルの選手は規則的な練習が有効

自分が取れないようなボールが送られてきたとき、それを喜びに感じるような意識を持つべき

選手としての最終目標は、試合中に無意識に身体が反応すること。才能で身体が反応するわけではなく、訓練によって身体は反応するようになる

頭を使わないから4時間も5時間も練習が出来る

試合に負けて課題が見つかることはあってもバネにはならない

「強気」と「無茶」は違う

メンタルに必要なのは技術。メンタルが強くても技術がなければ試合に勝てない

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

レッスン中時折、ラリーしている相手に対して「あーごめん、バックに打っちゃった」というセリフを耳にします。

これはテニスのときもありましたが、おそらく「ふつう」のラリーでは苦手なところやバックに打たない、というのが暗黙の了解としてあるのでしょう。

これでは強くなれません。

選手であれば水谷選手の言うように、「私の苦手なバックにたくさん打ってきてくれてありがとう。おかげでバックがたくさん練習出来る」という意識を持つべきです。

海外の選手はこういう部分を持っていると水谷選手も言っていますが、よく分かります。

私もスペインに行った際感じましたが、向こうの選手は私がレボテが出来ないとかそんなのお構いなしにガンガン打ってきます。

自分のことしか考えていないのか、私の苦手なところに打ってくれているのか 笑

でも一方で私の良いショットでやられると、Bienと言ってくれます。

これに慣れると日本での練習のほうが違和感を感じました。

なので日本では可能な限り私が打ちにくいボールを打ってくれ、と練習相手にお願いするようになりました。


テニスでもパデルでも、(暗黙の了解で)相手の苦手なところには打たない、良いショットを打たれてやられた人は相手を褒めるどころか「なんでそんなショット打つんだよ」顔をする人は少なくありません。

何を目的に練習しているのかにもよりますが、少なくとも選手であれば前者の意識が必要です。


スペインで感じた、あの良い緊張感のある練習環境を日本にも根付かせたいなと思います。

このページのトップヘ