日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

スカッシュ

コンフォートゾーン

padel パデル テニス ハイブリッドスポーツ WORLDPADELTOUR

 こっちに来ると改めて「コンフォートゾーンの少し外側にいること」の大変さ、重要さが分かる。

矯正、指示、指定などされながらプレーするというのはとても負荷がかかる。

その負荷から逃げようとコンフォートゾーンに戻ってプレーすると、まあそれはそれは快適。

でもこれをしていても脳も身体もいっこうに変化しないだろうことは簡単に想像出来る。

ケガしない、イヤにならない程度の「コンフォートゾーンの少し外側」を自分なりに見つけたり、そこにい続けることというのは意外と難しい。

一区切り。


ARFAFARに続きCORDOBAも出場することが出来ませんでした。
なのでこれで今回のWPTへの挑戦はいったん終了にする予定です。
ただWPT以外(FIP等)のトーナメントは引き続き探していますし、11月の世界大会への帯同も考慮しつつ今後の活動を決めていけたらと思います。
スペインに残るか、日本に帰国するか、グリーンパスを取得して他のヨーロッパ(のトーナメント)に行くか、早めにカタール入りして日本チームのスパイとして暗躍するかww
応援していただいている皆さん、本当にありがとうございます。
今のところは結果を出せずに申し訳ないですが、経過や過程は共有出来るので帰ったらお伝えしますね。
そして、
ありがとうございます。
おかげさまでなんの不安もなく挑戦することが出来ました。
あ、写真はこっちのちょっといいレストランのトイレの標識です。
一瞬どっちが男性か分からず、同じポーズをすればそのドアが開くのかと勘違いして思わずやりそうになりました。
padel
padel パデル テニス ハイブリッドスポーツ WORLDPADELTOUR

踏ん張りどき

padel パデル テニス ハイブリッドスポーツ WORLDPADELTOUR
padel パデル テニス ハイブリッドスポーツ WORLDPADELTOUR

午前の練習後にCarla Castillo にコーヒーご馳走になりました。
スマッシュを当てたお詫びだそうです🤣
そうそう、二年前に来た時にはなかったBarがクラブ敷地内に出来ていてびっくり。
自分のプレー的には上達の螺旋の今は下のほうにいる感覚がありますが、いずれ上に上がる感覚は何となくはあるので焦らず練習を重ねていきたいと思います。
管理者


パデルプレーヤー(Jugador de pádel)
Daisuke Shoyama

スポーツギフティング「UNLIM」
パデルプレーヤー庄山大輔


☆WPT Lugo Open出場(2021)
★WPT Barcelona Master出場(2021)
☆WPT Valladorid Master出場(2019)
★アジアカップ優勝(2019)
☆全日本パデル選手権優勝(2017・2018)
★世界ランキング最高位257位


メッセージはこちら

仕事のご依頼やご質問等ある方はこちらからお願いいたします。

名前
メール
本文
戦績
2018FIP100優勝

2019NFIP125優勝

2019FIPPromotion準優勝

第3回アジアカップ(国別団体戦)準優勝

自己最高位世界ランキング257位

パデル男子日本代表コーチ

前パデル女子日本代表コーチ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

にほんブログ村 その他スポーツブログへ