日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:スポル

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
明日から第3回全日本パデル選手権が開催されます。

まず、大小様々なスポーツイベントが軒並み中止のなか、無観客とはいえこうして無事開催していただけたことに関して、運営に携わっていただいている関係者の皆様に感謝です。

この状況のなか、「プレーする舞台」を整えていただけたこと、Muchas graciasです。

そして今大会に出場している選手の中に、私を信頼してレッスンに足を運んでくださっている方も何名かいらっしゃいます。

その中にはスクール開講当初から私のレッスンに足を運び続けてくださっている方もいます。

今のパデルの規模を考えると、これも当たり前のことではありません。

皆さんありがとうございます、そしてこれからも継続していきましょう。


ボブ・ブレットは、

「チャンピオンとは自分の持っているものすべてを出した選手のことを指す。その結果が10位であろうが100位であろうが、紛れもなくその選手はチャンピオンである」

と言っています。

明日から三日間、何人のチャンピオンが生まれるか楽しみです。

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
以前の続きです。

今回はデュースサイドのプレーヤーの技術に関して求められるものを考えてみたいと思います。

  • 確率の高いショット
  • 良い(深い)ボレー
  • (プレーを)急がない
  • 確率の高いバンデッハ
  • プレースメントの良いBajada de pared
  • 完璧なロブ

などが挙げられます。

ディフェンス能力が高いというのは言わずもがなです。

これに良いビボラがあればもう言うことなしです。

お気づきかと思いますが、決して威力やスピードを求められていないということです。

ヤクルトの池山のようなタイプではなく、ベイスターズの石井琢朗のようなタイプが求められると言えば分かりやすいですね。

これはテニスと同様、第1ポイントが常にデュースサイドから始まるからという理由も含まれています。

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
この度、パデル日本代表のコーチに就任いたしました。(人間に紛れ込んでいるナメック星人っぽいのが私です)

三年続けて日の丸のついたユニフォームを着れること、大変光栄に思っています。




パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
日本が「世界」を目指す戦いはここから始まりました。

このチームで過ごした時間
は今でも鮮明に思い出します。

文字通り泣いたり笑ったりの日々でした。




パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
去年も悔しい思いをしています。

“主戦場”は少し変わりますが、「日本をパデルの強い国にする」という目標は変わりません。

代表チームのために全力を尽くしたいと思います。

このページのトップヘ