日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:ダブルス

image

パデル経験も浅いのにいつも偉そうなことを書いて何様のつもりだ!

というお叱りはまだ受けたことはありませんが、私のブログを読んだことで筑紫哲也の異論!反論!OBJECTIONが心の中に渦巻いている方は一定数いらっしゃるかと思います。

今までテニスで蓄えた知識や経験、また実際にスペインに行って体感したことや学んだことを元に、パデルに関する「ほぼ正解」のものから「きっとこうなんじゃないか」という仮説の域を出ないものまで、思ったこと感じたことを自身のアウトプットも兼ねこうして書いています。

私自身まだまだパデルを理解していませんので、「パデルとはこういうものだ」「こう打たなければならない」「こうあるべき」などと言うつもりは毛頭ありません。

ただ、「なんとなくの正解」すらないなかでプレーするというのは面白くないし、どこに進んでいるか、どこに進んだほうがいいのかも分からないなかで努力を重ねるのは、個人的には怖過ぎます。

ファミコンでもそうですよね。

操作方法が分からず適当にボタンを押していたら敵を倒せたとか、主人公が何を目指しているのか全く見当もつかないままゲームをしても面白くないのと同じです。

僕に限らずこのように思う方は少なくないと思います。

だからスペインで見聞きしてきたものを中心に、それプラス今まで自分の中にある数少ない知恵を総動員してパデル上達のための仮説を立てて自ら実行し、どうもうまくいかなければまた別の仮説を立て、それでもうまくいかなければ再度渡西するしかない 笑

レベルに関わらず、上達意欲のある人は多かれ少なかれこういったことは考えながら日々の練習に向き合っていると思いますし、特に競技テニス出身者はこういったことは半ば無意識にやっていることと思います。

そういった方には「こんな考え方もあります」というようなお手伝い、まだパデルを始めたばかりで「考える材料自体がない」という方には大まかに「パデルとはこんなスポーツで、こんなことを考えながらプレーするといいですよ」というようなものをお伝え出来たらいいなと思いながらコートに立ったり、このブログを書いたりしています。

今後パデルもテニスのように様々な人が仮説を立てて実行したり、パデルの強い国へ勉強しに行ったり、その強い国から選手やコーチが来たりするすることで、新たな情報や知恵や指導法などが日本にも普及していくことと思います。

その中に自分もいたいという思いもありますし、そうやってブラッシュアップされていくことでより洗練されたパデルが日本各地で観れるようになり、「自分でやるのも楽しい、人のを観てるのも楽しいスポーツ」へとなっていってくれたら最高です。

そうなるためのまずはたたき台を作りたい。

とっいっても時間のない社会人にとってはなるべく正確なたたき台を作りたい。

こんな風に思っています。

なので練習や試合を通して「この考え方はうまくいった」「これをやったら負けた」など、いろいろなフィードバックをもらえたらと思います。



最後に自分で仮説を立てる際の注意点を。

現在はネットのおかげでパデルに限らずスポーツの上達のための様々な指導法や考え方がとても簡単に手に入るようになりましたが、反面その反動で「何を選んだらいいか分からない」というデメリットも出てきているように思います。

これは個人的な意見ですが、昔から「今すぐ出来る」とか、「誰でも出来る」というキャッチコピーの指導法が嫌いです。

「今すぐ出来る」ということは、それを見聞きした人はすぐ出来るわけですから他の選手と差がつくことはなく、「誰でも出来る」ということは文字通り誰でも出来るわけですから、私にも出来ることは隣のこの人も出来る。

これではどんぐりの背比べから一向に抜け出せません。

もちろん「目から鱗」ということはありますが、これはその題材について考えていたからこそ起きる現象だと思っています。

私自身スポーツに関しての上達の鍵は大きく二つあると思っていて、一つは「温故知新」。

昔からあるもので現在も行われているもの、それはまず間違いなく真理で(少なくとも現在までは)、そういった部分に関しては絶対外さず、またそういった部分から現在にも通用する正解を探していくのが重要と考えています。

もう一つこれと似ている考え方で、「多くの強い選手がやっていることをやる」ということも大事です。

裏を返せば「多くの選手がやっていないことはやらない」ということです。

この二つを念頭に置くと、例えばテニスのシングルスで、クロスラリーの回数よりストレートラリーの回数のほうが上回ることはない。

となると、強くなるにはまずはクロスラリーが上手に出来る必要があり、上手になるにはどんな打ち方が良いのかとなる。

パデルでも強い選手でグリップの厚い選手はいない。

となるとそこを無視して練習をしてはいけない(高いレベルまではいけない)ということになる。

これらに関してはまたいつか詳しく書きたいと思います。

最後に。

これも結局は私の仮説であって、信じるか信じないかは貴方次第です。

パデル コート 東京

パデルにおいてどんなペアと組むかは重要な問題である。

今まで聞いてきた中で比較的多いのは、

「ミスが少ない人と組みたい」
 「壁が使える人と組みたい」
「決めてくれる人と組みたい」

まあこんな人いたらまず私が組みたい笑

壁が使えるというのは、「使える使えない」ということではなく、本来パデルにおいては「使えなければならない」。

ただ勘違いして欲しくないのは、「使える」ということと「得意」ということは違うということ。

使えるようになったほうがいいが、得意なことにまでする必要はないということ。

となると残りは「ミスが少ない人」と「決めれる人」。

ミスが少なくて決めれるAさん
ミスが少なくて決めれないBさん
ミスが多くて決めれるCさん
ミスが多くて決めれないDさん

皆さんはこの四人の中のどの人と組みたいですか。

1位と4位は簡単ですね。

Aさんが1位でDさんが4位です。

問題は2位をどちらにするか。

僕は即答でBさんと答えます。

なぜならパデルは「一発逆転」がないスポーツだからです。

ただ人によっては自分が決めれないタイプなので、多少ミスが多くても決めてくれる人のほうがいいという人もいると思います。

パデルはペアで試合を行うスポーツですので、2人が相互依存出来るようなペアの作り方は悪くないと思います。

特に右利き同士のペアだとこういった役割分担が比較的はっきりしています。 通常右利き同士がペアを組む場合、デュースサイドのプレーヤーにはオールラウンドなプレーが求められます。

キャプテン翼で言えば岬くん。

そしてアドバンテージサイドにはこのオールラウンドなプレーにプラスして良いスマッシュが打てることと、フィジカルが強いこと、クレバーなことなどが求められます。

キャプテン翼で言えば翼くん。

三杉くんはフィジカル、日向くんはクレバーの部分で少し疑問符がついてしまいます。

一方右利きと左利きが組んだ場合、基本的には2人共が翼くんを目指さなければなりません。

もちろん右利き同士で組むデュースサイドのプレーヤーもこれを目指しても全く構いませんが、どちらかというと右利き同士のデュースサイドのプレーヤーには「より高い安定感と精度」のあるプレーがアドサイドのプレーヤーよりも求められます。

そのほうがまずはペアとして総合力が上がります。

その上に攻撃的なプレーを積み上げていけば言うことなしです。

現在WPTで急遽組むことになっているlamperti・moyanoペアのlampertiは元々アドサイドのプレーヤーで、moyanoと組むときはデュースサイドに入ってプレーをしていることも多々あります。

この組み合わせは単純に考えれば右利き同士の最強ペアなのではないかと思いますが、そこまで勝てていないことを考えるとパデル(のペアリング)はそう単純なものでもないようです。

私は幸か不幸か左利きですので、必然的にデュースサイドで翼くんを目指さなければいけませんが、もし自分が右利きだったらまず間違いなく岬くんを目指します。

岬くんになるだけでも大変なのに、翼くんになるなんて並大抵の努力では到達出来ない気がします。

現在の日本のパデルプレーヤーはアドサイドを選択することが多いですが、「そっちの山はとてつもなく高い山ですよ〜」と心の中では余計な心配をしています。

デュースサイドがとてもやりづらいとか、そもそもその高い山をあえて目指してるとかであれば余計なお世話ですが、私が予想するにおそらくアドサイドのほうが「フォアでたくさん打てるから」という理由で選んでいるような気がします。

「まだどちらが良いとか分からない」という方が多いと思いますが、少しづつこういったことも考慮しながら自分のサイドを決めてみてください。


最後にすべてのパデルプレーヤーに必要な要素が一つ。

日向くんのタイガーショットを「顔面ブロック」しにいく石崎くんのような「気持ち」を持つことを忘れずに。

 
石崎くん 顔面ブロック パデル

image


「そーなんだー、だからあんなに上手いんだ」
「じゃあすぐ上手くなるね」

過去にテニスをやっていたパデルプレーヤーの話になると比較的よく出てくるセリフです。

ただこのセリフには2パターンあって、語尾が、

「じゃあすぐ上手くなるね⤴︎」
「じゃあすぐ上手くなるね⤵︎」

のどちらかに分かれます。

前者はおそらく「また一人上手な人がパデル始めてくれた、わーい」なのに対し、後者は少々妬みも入り混じりつつのセリフのように感じます。

これはパデル以外のスポーツでもあり得ると思います。

例えばサッカー経験者がフットサルに移行してきたときや、ソフトテニス経験者が硬式テニスに移行してきたときなども、おそらくフットサル側、テニス側の人達に同様の感情が芽生える人は少なくないかと思います。

スポーツ経験が「フットサルが初めて」「テニスが初めて」という人や、趣味程度や習い事としてプレーしていた人にとって、サッカー上がりのフットサルプレーヤーやソフトテニス上がりのテニスプレーヤーがそんなに練習していないのに上手にプレーしているところを見ると、「あの人あまり練習していないのに、こんなに練習してる私より上手なんて」という気持ちになるのは分かります。

とてもよく分かります。

似たような感情として、テニスプレーヤーが自分より才能溢れる他の選手を見たときにも起こるので、私自身も経験があります。

あのなんとも言えない虚無感、絶望感。

何かに八つ当たりしたくなるあの気持ち。

あれを自分の中で消化するのはそれなりに大変でした。

正直なところ、競技が同じほうが精神的ダメージが大きいと思います。


話をパデルに戻します。

先ほどのセリフを言う際、語尾が下がってしまいそうな気がする方にちょっと考えてもらいたいことがあります。

それは、そのパデルに移行してきた元テニスプレーヤーが、

「テニスに捧げていたであろう時間とエネルギーは如何程だったのだろうか」

ということ。

テニスはパデルと同じか、それ以上に技術(とそれをどう使うかという戦術)が必要なスポーツです。

フォアハンドストロークの技術一つとっても、グリップ・レディポジション・テークバック・フォワードスイング・インパクト・フォロースルー・フィニッシュと、意識するところはたくさんあります。

技術を作り上げていくときや調子が悪くなったときなどは、これら一つ一つを確認しながらボールを打ちます。(パデルも高いレベルを目指そうとしたらもちろん同様です)

私も経験がありますが、練習相手にボールを出してもらったり、相手がいなければボールマシンやオートテニスにお世話になっていました。

昔グリップの握り方を修正していたとき、悩み過ぎて練習中全身に蕁麻疹が現れ、慌てて病院に駆け込んだことがあります 笑

私のこの例は極端だとしても、それぞれのレベルで一定の戦績を残してきたテニスプレーヤーや、現在パデルにおいて高い技術を持っている元テニスプレーヤーは大なり小なりこういった苦労は経験しているかと思います。

また、友達と遊びたい盛りの小中高のジュニア期に、学校から帰ったら真っ直ぐテニスクラブに行って練習に明け暮れた人もいるでしょうし、大学に入ってキャンパスライフを満喫したいのを我慢して練習に明け暮れた人もいるでしょうし、社会人になってから様々な誘惑や、嫁(夫)の「またテニス⁈」という厳しい言葉に負けず練習に明け暮れた人もきっといることと思います。

現在パデル界にいる、「パデル経験は少ないのに上手な人達」というのは、おそらくみんなが勉強していたとき、遊んでいたとき、呑んでいたときに練習していたんです。

「特に練習もしてないのにいきなりパデルが上手くなった」わけではないんです。

こういった点を少しは鑑みてもらえたらなと思います。

今後もこういったプレーヤーは現れると思うので、そのときは「昔地道な努力を積み重ねてきた人なんだな」と心の中で捉えてあげてください。

これとは逆に、テニスに明け暮れてる人を横目に勉強や仕事や家事に精を出していた人は、現在そっちの方面で活躍されていることと思います。

勉強期をすっ飛ばしてきてしまった私は、案の定「脳みそまで筋肉」タイプになってしまいました 笑

なのでテニスでも戦績を残すと同時に、勉強や仕事でも良い成績を残したり、円満な家庭を築き上げている人を見ると素晴らしいなと思わずにはいられません。


最後に、壁を使った技術以外はテニスと似てるとパデルは言われますが、パデルの技術を細かく見ていくとフットワークや打つタイミング、テークバックや回転量、打点やグリップなどが微妙に違います。

上手な元テニスプレーヤーがパデルの技術を細かくしていきたい段階に入ったら、おそらく今まで培ったテニスの各技術を多少なりとも修正しなければならなくなります。

そうすると、パデル未経験の人は「ゼロの状態からパデルの技術を積み上げる」のに対し、元テニスプレーヤーは「テニス側に寄っている技術を一旦ゼロに戻してからパデル技術を積み上げる」ことになるため、これはこれで時間もストレスもかかる作業です。

となると元テニスプレーヤーからしたら、「いいなー、テニスしてないパデルプレーヤーは」と思うかもしれません。

結局のところ、「他人の芝生は青く見える」ということであって、自分の出来る範囲で少しずつ積み上げていくしか方法がなく、またそれしか意味がないとも言えます。

このページのトップヘ