日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:テニス

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
テニス時代、面白いことを言うジュニアがいました。

その子は関東ジュニア出場経験もある上手な子でしたが、あるとき、

「テニスより勉強のほうが楽しい。勉強は努力した分だけ結果がついてくるけど 、テニスは頑張っても結果がついてこないことのほうが多いから」

と親御さんに漏らしていたことがあったそうです。

このとき、そういう捉え方も確かにあるなと感心したのと同時に、私はなぜ思わなかったのだろうと考えてみました。(勉強で結果が出なかったのは置いておいてw)

すぐ答えは出ました。

それはテニスをやること自体が楽しいからです。

結果が出ようが出まいが問答無用で楽しい。

でも勉強は、良い点数が取れたときこそ嬉しいものの、机に向き合っている時間はまったく楽しくなく、ファミコンでドラキー倒してるほうがよっぽど楽しかった。


結果が出るからやる、結果を出すためにやるというのも一つの考え方ですが、テニスもパデルも本来はゲームを楽しむものです。

Gameをスペイン語に訳すとJuego、juegoを日本語に訳すと「遊び」とか「試合」と出てきます。

Playに至っては「遊んで楽しむ」と出てきます。

辞書の言う通り、パデルやテニス含め、本来スポーツは「試合を(遊びながら)楽しむ」ものだと思います。

ではなんで遊んだり楽しんだりするものに努力が要るかといえば、これまたファミコンのようなゲームと一緒で、素手では倒せない相手が出てくるから武器を探したり、ただのキックでは倒せない相手が出てくるから必殺技を覚えようとするわけです。


私はパデルでもっともっと遊びたいし、もっともっと楽しみたい。

いつかクッパや竜王を倒しに行きたい。

だから今より良い武器を探したり、今より良い必殺技を覚えようと思います。

¡Quiero jugar más!
 

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

今から10年以上前の話になりますが、2004年というと皆さんは何を思い浮かべますか。

ヨン様やマツケンサンバを思い出す人がほとんどかと思いますが、私は17歳でウィンブルドン初優勝を果たしたシャラポワを思い浮かべます。


 ちょうどその頃恩師と話す機会があり、

「なんでシャラポワが素晴らしいと言われているか分かる?」

と聞かれ、 答えに窮していると、

「“素晴らしい”と“すごい”の違いは分かる?」 

と畳み掛けられ、 一休さん状態になりました。

あばれはっちゃくばりに逆立ちもしてみようかと思いましたが、はっちゃけそうもなかったので素直に分かりませんと答えると、シャラポワの幼少時代からウィンブルドン優勝に至るまでの道のりを教えてくれました。

シャラポワやお父さんの決断や苦労や積み重ねてきているものを知っているからこそ、ウィンブルドンの観客は素晴らしいと褒め称えてくれるんだよ、と教えてくれました。

だからもしあなたが今いきなりウィンブルドンに出場出来たとしても、「すごい」とは言われるかもしれないけど、「素晴らしい」とは言われないよね、とも言われました。

当時は「すごいと言われるだけでも十分すごいんじゃないの?」と思い(笑)、いまいちピンときていませんでしたが、時が経つにつれこの「素晴らしい」の意味が分かってきました。

最近ふとこの話を思い出し、すごいと言われているうちはまだまだで、いつか素晴らしいと言われるような選手や指導者になっていたい。

そうなるために少しづつでもいいから日々積み重ねていくことが大事なんだと再認識しました。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

ナダルの叔父、トニ・ナダルの本にはとても感銘を受けました。

賛否両論あるコーチングスタイルかとも思いますが、僕は好きです。

多くの点で納得出来ます。

なかでも、自身の性格について「私の批判的性格の最大の問題点は、私がいつまでたっても満足を覚えることが出来ず、したがって安息を得られないということ。(中略)あらゆるものに疑問を突きつけるため、無条件で何かを楽しむということが出来ない」と書いてある部分があるのですが、これには大きく頷きながら爆笑してしまいました。

テニスに関する細かい技術的な内容はほとんど書いてないので、テニスを知らない方でも十分読めます。

他のスポーツ指導者や選手の方にもぜひ読んでいただきたい本です。

パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル

先週は東京FMにて中西哲生さんがメインパーソナリティを務める、クロノスというラジオ番組の週録に行ってきました。

もちろん初のことでかなり緊張しましたが、パデルについて少しだけ話してきました。

エレファントカシマシの宮本さんの気持ちがよく分かりますw

全国にあるスポーツショップ、スーパースポーツゼビオの店内でも流れるそうです。


さて、コンディションも良くなったので今週から練習再開です。

Vamos!!

このページのトップヘ