日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:ハイブリッドスポーツ

padel パデル テニス

「Estrella Damm Barcelona Master 2021」に出場することが昨晩決まりました。


と言っても予予選です。
#現実はきびしい
#と言っても世界は世界
#少しだけ自分で自分をほめたい


皆さんがYouTubeで目にするのは「本戦出場」という狭き狭き門をくぐり抜けていった本戦出場選手たちで、その前に惜しくも本戦に入る前に予選で負けた選手たちがいて、その前にその予選に出場するためにもがいている選手達がいるところが予予選です。


確か5~6回勝たないと予予選から本戦には行けません。
とても厳しい世界ですが、その環境でプレーが出来ることに今はとてもワクワクしています。


2年前の経験を活かしたいと思います。
目標はまずは「WORLD PADEL TOURで日本人初の勝利」です。
そして目指すは「予予選突破」です。


そして裏目標は「日本人初勝利は庄山さんじゃなくて俺がする」という若い選手が現れてくれることです。
#言っちゃった


嬉しいことに何人かの選手に相談されました。
「地味に怖い」「地味に真面目」という評判の私に聞きに来るということ自体がその人の気持ちを表しています。
#怖いを凌駕するものがその人の中にある


マジの人にはマジに対応します。
#マジ風の人はダメよ
#レベルは関係ない


話が逸れました。
現地到着が9月9日で試合は9月11日という若干タイトなスケジュールですが、昭和世代全員が持っていると言われている「気合い」で頑張りたいと思います。

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
先ほど一般の方向けに行なった初のオンラインパデル&テニス講座を終えました。

2時間みっちり使い切りました。

二日前に急きょ思いついたわりにはまだよく出来たほうなのかなと、有森裕子の名言で頭がいっぱいの庄山です。

今回初の試みということでしたが、大人の方の2時間を拝借するというのは貴重なことです。

適当なことは言えませんし、一つでも「時間を割いてよかった」と思うものがあってほしい。

そして、始めてしばらくして驚いたのは、このおじさんサウスポーの話すことをメモしてる方が何名かいらっしゃったこと。

時間を割いてメモまで取って真剣に聞いてくれている。

この二つの現象を体験した私は、講義後とても幸せな気持ちになったのと、モチベーションが超絶上がりました。

お世辞でもなんでもなく、向上心や探求心がある方がいるからこそ私は教えることができ、学ぶ意欲がより湧くのだと感じました。

当たり前ですがそういった方々がいなければ、私は教えることもできませんし学んだことを伝えることもできません。

一方独学ではこれ以上上達は望めないと思っているから私のようなコーチが必要なわけで、その意味では皆さんにも多少は感謝してもらいたいなと思っていることは心のうちに留めておきます。

今日やっとチャーリー浜の「君たちがいて僕がいる」の意味が分かりました。

皆さんこれからもよろしくお願いします。



このページのトップヘ