日本パデルアカデミー公式ブログ

このページは「世界に通ずる日本人パデルプレーヤー・コーチの育成」を目的に2016年に設立された「日本パデルアカデミー(JAPAN PADEL ACADEMY)の公式ブログです。 パデルに関する様々な角度からのヒントを載せていますのでよかったら参考にしてください。

ハイブリッドスポーツ

意外だったけどワクワクしたし、方向性も見えてきた。

padel パデル テニス ハイブリッドスポーツ WORLDPADELTOUR
「行動には正解しかなく、挑戦には成功しかない」という言葉を耳にしたことがあります。
#誰が言ったか忘れた

裏を返すと、行動しないことは「不正解」で、挑戦しないことは「失敗」とも言えそうです。
#知らないけど

「データがとれた挑戦」は成功らしいのですが、なるほどその理論でいくと「失敗」はない。
最近とれたデータで興味深いものがあり、なるほどなと1人でペコちゃん以上に大きく頷いています。

これは今までも経験しているので自分の中に感覚としてあるのですが、海外に一人で来ると感受性が高まる、思考が研ぎ澄まされてくる、普段自問自答しているときより深いところまで探っていける、こんな感覚があります。
#普段は江ノ島の海の中を探ってる感じで
#今は沖縄の海の中を探ってる感じ
伝わってるよね

これは私がスペイン語が理解出来ていたら起こっていない現象だと思っていて、そういう意味では不幸中の幸いかなと捉えています。
#ポジティブオジサン
#余計なフィルターを通らないでダイレクトに届く感じ
#とんでもない見当違いもたまにある

孤独は独創性を養い、自分ならではの思索をまとめるのに必要な時間。
孤独とは自分のオリジナリティある思考や生き方を育んでくれるチャンス。
#これも誰かが言ってた

スペインに来て大変なこと、引っ掛かることがないわけではありませんが、こう思えばトータルいやなことは何一つない感じです。

パデルにおいて私と同じような経験をしたことがある人は日本にまだいません。
私と同じ思考や生き方の人もいるわけがない。
#いたら気持ち悪い

今回あるデータが取れたことで私が孤独なのはむしろ自然なことだと認識でき、それだけでも十二分に意味がありました。

幸いなことに今回嬉しい誤算もあり、今後の私の方向性を定めてくれるデータを得ることも出来ました。

アンテナを張りながら引き続きこちらで過ごしていきたいと思います。

「Estrella Damm Barcelona Master 2021」出場決定

padel パデル テニス

「Estrella Damm Barcelona Master 2021」に出場することが昨晩決まりました。


と言っても予予選です。
#現実はきびしい
#と言っても世界は世界
#少しだけ自分で自分をほめたい


皆さんがYouTubeで目にするのは「本戦出場」という狭き狭き門をくぐり抜けていった本戦出場選手たちで、その前に惜しくも本戦に入る前に予選で負けた選手たちがいて、その前にその予選に出場するためにもがいている選手達がいるところが予予選です。


確か5~6回勝たないと予予選から本戦には行けません。
とても厳しい世界ですが、その環境でプレーが出来ることに今はとてもワクワクしています。


2年前の経験を活かしたいと思います。
目標はまずは「WORLD PADEL TOURで日本人初の勝利」です。
そして目指すは「予予選突破」です。


そして裏目標は「日本人初勝利は庄山さんじゃなくて俺がする」という若い選手が現れてくれることです。
#言っちゃった


嬉しいことに何人かの選手に相談されました。
「地味に怖い」「地味に真面目」という評判の私に聞きに来るということ自体がその人の気持ちを表しています。
#怖いを凌駕するものがその人の中にある


マジの人にはマジに対応します。
#マジ風の人はダメよ
#レベルは関係ない


話が逸れました。
現地到着が9月9日で試合は9月11日という若干タイトなスケジュールですが、昭和世代全員が持っていると言われている「気合い」で頑張りたいと思います。

リアル君たちがいて僕がいる

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
先ほど一般の方向けに行なった初のオンラインパデル&テニス講座を終えました。

2時間みっちり使い切りました。

二日前に急きょ思いついたわりにはまだよく出来たほうなのかなと、有森裕子の名言で頭がいっぱいの庄山です。

今回初の試みということでしたが、大人の方の2時間を拝借するというのは貴重なことです。

適当なことは言えませんし、一つでも「時間を割いてよかった」と思うものがあってほしい。

そして、始めてしばらくして驚いたのは、このおじさんサウスポーの話すことをメモしてる方が何名かいらっしゃったこと。

時間を割いてメモまで取って真剣に聞いてくれている。

この二つの現象を体験した私は、講義後とても幸せな気持ちになったのと、モチベーションが超絶上がりました。

お世辞でもなんでもなく、向上心や探求心がある方がいるからこそ私は教えることができ、学ぶ意欲がより湧くのだと感じました。

当たり前ですがそういった方々がいなければ、私は教えることもできませんし学んだことを伝えることもできません。

一方独学ではこれ以上上達は望めないと思っているから私のようなコーチが必要なわけで、その意味では皆さんにも多少は感謝してもらいたいなと思っていることは心のうちに留めておきます。

今日やっとチャーリー浜の「君たちがいて僕がいる」の意味が分かりました。

皆さんこれからもよろしくお願いします。
校長


庄山大輔(Daisuke Shoyama)

スポーツギフティング「UNLIM」
パデルプレーヤー庄山大輔

スペインメディア「Padelsuis」インタビュー記事
私はパデル中毒

☆WPT Lugo Open出場(2021)
★WPT Barcelona Master出場(2021)
☆WPT Valladorid Master出場(2019)
★アジアカップ優勝(2019)
☆全日本パデル選手権優勝(2017・2018)
★世界ランキング最高位257位


メッセージはこちら

仕事のご依頼やご質問等ある方はこちらからお願いいたします。

名前
メール
本文
戦績
2018FIP100優勝

2019NFIP125優勝

2019FIPPromotion準優勝

第3回アジアカップ(国別団体戦)準優勝

自己最高位世界ランキング257位

パデル男子日本代表コーチ

前パデル女子日本代表コーチ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

にほんブログ村 その他スポーツブログへ