日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:パデルアジアカップ

パデル アジアカップ FIP125 
先週末千葉で開催されたアジアカップ(国別対抗戦)、女子優勝しました!

いろいろな意味で難しい大会であったと思いますが、しっかり勝ち切るところは素晴らしいと思います。

女子日本代表コーチ冥利に尽きます。
パデル アジアカップ FIP125 
・・・と胸を張って言えたらよかったのですが、今回私自身が男子のほうで個人戦団体戦共に出場していたため、まったくと言っていいほど女子チームに関わることが出来ませんでした。

玉井監督、知念キャプテン、そして選手のみんなごめんなさい。

でも最後のミーティングでみんなの想いも聞け、また今回の大会で女子の課題もいくつか見えてきたのは個人的にはよかったと思っています。

画期的な解決策はないと思うけど、少しずつ前に進みながら、特にディフェンスの実力を積み上げていきつつ来年の予選に備えましょう!
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 







パデル アジアカップ FIP125 
一方男子は決勝でオーストラリアに負け、準優勝。

そしてそのオーストラリアに準決勝で僅差で負けたのがカタール。

来年のWORLD PADEL CHAMPIONSHIPSのアジア予選は、日本・オーストラリア・カタール、この三つ巴になりそうです。
パデル アジアカップ FIP125 
今回の大会は収穫もあり、課題も見えた大会でした。

相手国に対する対策ももちろん必要ですが、個人個人がもう少しやれることを増やすことがまずは必要で、そうすることで結果的により多くの対応策が生まれると思っています。
パデル アジアカップ FIP125 
とはいうものの、これは女子も男子もですが、代表選手のほとんどは普段仕事をしながら練習に励んでいます。

2月に代表選手の発表があり、それから今回の大会まで選手全員可能な限りパデルコートにいる時間を増やそうと努力していたのは間違いない。

時間もお金もエネルギーもすべてパデルに注いでこの2か月過ごしてきたのは間違いない。

でも選手というのは「勝ち」か「負け」で判断される。

「あーあ」
「すごーい!」

このどちらかでしか判断されない。

桜井さんみたいに、白と黒のその間に無限の色が広がっている、なんて誰も言ってくれない。
 
だから悔いが残らないようにやりたい、でも現状それも出来ない。

「やり切りたい」のに、現実の生活を考えるとそこまでやり切れない。

というより、「なんとかギリギリやっている」という選手もいるかもしれない。

悔いが残らないようにすらやれない。

でも試合では勝たなければいけない。

勝ったとしてもそれまでの自分に完全に納得がいくことはないし、負けたら必ず「もっと練習しておけばよかった」と後悔の念が生まれる。

だからといってパデルとの向き合い方は現状なかなか変えられない。

そんな様々な葛藤を抱えた選手が流す涙を見て、もらい泣きしないわけがない。

パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
全員カッコ良過ぎます。

こんな表情されたら全盛期の羽賀研二ぐらいモテちゃいます。
パデル アジアカップ FIP125 
今回も残念ながら悔し涙でしたが、来年こそは嬉し涙に変えたいと思います。

この想いは高松監督もコーチのAsierも、そして試合に出られなかったトミカズも同じ気持ちだと思います。
パデル アジアカップ FIP125 
来年の予選まで約一年三か月。

月並みですが、後悔の無いよう一日一日を過ごしていきたいと思います。

もうこの涙は流したくない。

パデル アジアカップ FIP125 
3月24~31日にかけて「パデル&フットサル 晴れのち晴れ」にて開催されていた、第1回Nexus Cup選手権(FIP125)で、清立商工所属のAsier選手と組んで優勝することが出来ました。

Asier,gracias.
Somos un equipo.Buenos tiempos y malos tiempos.
El siguiente es todo Japón!

アシエルには、「初恋の人が運命の人だった」ような感覚があります 笑

これからもよろしくね。
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
今回のNexus cup(FIP125)は第三回パデルアジアカップと同時開催で、カタール・インド・タイ・中国・オーストラリア・日本のパデルプレーヤーが一堂に集まるトーナメントで、日本で初なのはもちろん、アジア圏で開催されるのも初です。
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
オーストラリアの選手とは去年のアジア予選でプレーしていますし、海外の選手と対戦するのも経験がないわけではないので特別意識することはなかったですが、私が最も信頼しているパートナーと組んで海外の選手と対戦したときにどういった試合になるのか、あまり明確に想像は出来ていませんでした。

でも内容もある程度は満足出来るものでしたし、優勝という最高の結果で終えることが出来、今は素直にとても嬉しいです。
パデル アジアカップ FIP125 
パデル テニス スカッシュ 大井町 スポル
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
FIPとは国際パデル連盟の略称で、FIP125とは国際パデル連盟公認の国際大会です。

FIP100、FIP125、FIP250、FIP500、FIP1000、FIP1000+とあり、数字が大きくなるほど大会のグレードが上がっていき獲得ポイントも賞金も多くなります。

今回は本戦24ドローで開催され、そのうち13ペアが海外からのエントリーという、立派な国際大会です。

予選はもちろん、本戦も国内で開催されているJPT(国内公式戦)とはまた違った雰囲気のなか試合が行われていました。

個人的にはあのピリピリした感じが好きです。

今大会のベストマッチの呼び声高い(自分で勝手に思っていますw)、準決勝進出をかけたカタールペアvs第二シードのオーストラリアペアの試合は、観戦有料にしてもいいぐらい良い試合でした。

「アジアパデル界の交流の場」とは程遠い、国を代表して来ている選手としてのプライドとプライドがぶつかり合う、「戦いの場」でした。

ちょっと大げさかもしれませんが本当にそう思いました。

それから中国の選手が上手だったことや、インドの選手がこの三日間で明らかに上達していくのが見て取れたことも驚きでした。
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
海外の選手を見ていて勉強になるのは、オンコートとオフコートをきっちり分けられている選手が多いこと。

「殺し屋」と「紳士」の出し入れが自然に上手に出来る選手が多い。

それから、良いプレーをすると敵味方関係なく称賛の声を掛けること。

私も試合後、

「お前はクレーバーなパデルをする」
「お前はとてもスマートにプレーする」
「お前はどうやったらミスするんだ?教えてくれ」

的な言葉を掛けられました。

気持ちの入った試合に負けた直後にこういった言葉を相手に掛けられるというのはそんな簡単に出来ることではない。

僕は3週間後ぐらいなら出来るかな 笑

と同時にそういったプレーを目指しているし、そういった印象を相手に与えたいと思っているのでそういった意味でも嬉しい。
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
そして面白いのは、自分より強いと認識した選手に対して積極的にアプローチすること。

悪く言えば手の平を返すのが早い 笑

「俺たちが最強ペアだから練習しないか?」
「オーストラリアには次いつ来るんだ?」

これはスペインに行ったときも感じました。

とても分かりやすいので個人的にはこれは嫌いじゃない。

サッカーの世界などでよく聞く、チームメイトに認められるまではパスが全然回ってこないけど、一度認められると自分にパスが回ってくるようになるあれと近い感覚かもしれません。
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
今回優勝出来たことで、アジアの中では上位のほうにいることが分かりました。

去年から取り組んできたいくつかのことが実ってきていることも分かり、これは自信になりました。

ですがまだ足りないところ、もっと伸ばしたいところも見つかりました。(英語力は言うまでもないw)
パデル アジアカップ FIP125 
今年は国内でFIP250も開催される予定です。

ヨーロッパや南米から強い選手がエントリーする可能性もゼロではありません。

そのときに良い試合が出来るよう、これからも少しずつ実力を積み上げていきたいと思います。


最後になりますが、前例がないなかこのような素晴らしい国際大会を企画・運営していただいた日本パデル協会スタッフ並びにボランティアスタッフの皆様、トーナメントディレクターの平田さん、そして協賛企業のダンロップ様、HEAD様、SUNTORY様、国内外の選手及び関係者の皆さん、コンディショニングトレーナーの方々、BBQ職人&焼き師の皆さん、ブースを出展していただいた各ラケットメーカーの皆さん、野菜職人、写真&配信職人の皆さん、チパデラーの皆さん、おもてなし担当の皆さん、現地&Live配信で応援していただいた皆さん、そして冠スポンサーでもあるNexusのスポーツ事業部のみんな。
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
パデル アジアカップ FIP125 
これからに向けて新たな活力となる大会となりました!

大変貴重な経験をさせていただきました!!

本当にありがとうございました!!!
パデル アジアカップ FIP125 

パデル アジアカップ FIP125 
そして勝って兜の緒を締めよ!!

このページのトップヘ