日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:パデルラケット

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
昨日一昨日と、ベロ(Verónica Virseda Sánchez)と一緒に練習することが出来ています。

彼女は現在世界ランキング30位の選手で、今私がお世話になっているMaxiのアカデミーのスタッフでもあります。

彼女と練習するのは今回で4回目になりますが、やる度に彼女の「強さ」をより感じます。

見方を少し変えるとしたら、彼女の強さに私が気付けるようになってきたということも言えます。

始めて練習したときはもちろん球の速さや、ディフェンスの技術の高さに驚きました(もちろん今も球は速いしディフェンスも上手い笑)が、パデルはテニスほどには技術のみで「全然違う」と感じることはそこまで多くない。

スペインではもちろん、日本でもそれなりのフォームでプレーしている人は多くいる。

ベロとやっていて一番感じるのは、私のやろうしていること、私が考えていることがばれているんじゃないかと思うことです。

分かりやすく言うと「蛇に睨まれた蛙」状態。

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
当たり前ですが彼女と私はパデルの経験値がまったく違いますし、彼女は写真のような世界ランキングトップ10の選手とも対戦したり練習しています。(こういった選手とプレーしている彼女と練習すること自体がとても価値のあるもの。なぜなら彼女がトップの選手とプレーして「必要」と思っていることが、必ず私と練習しているコート上でも出ているはずだからです)

いわゆる「傾向と対策」の質も量も全然違う。

私のそれが国語ドリルぐらいの厚さだとしたら、彼女のそれは六法全書くらいに感じます 笑

彼女が凡ミスをすることはほぼなく、また彼女からエースを取れることもほぼなく、こちらが意図的にミスを引き出すように仕向けないと点が取れません。

半面クロスならまだしも、半面ストレートのみのラリーとなるとどう終わらせるのか分からなくなるぐらいラリーが続きます。

それでも比較的私がしつこいタイプの部類に入るのか、結構長いラリーでポイントが終わって私が肩で息をしていると、半笑いのベロが「How old are you?」と聞いてきますw

腹立つような嬉しいような。。


そしてこれはテニスでも当然ですが、レベルが上がれば上がるほど不用意な一球を強い選手は見逃しません。

その不用意な一球でラリーがまたニュートラルに戻ってしまったり、時にはそこから一気にポイントを奪われてしまったりします。

このレベルの選手と練習することで得られるこの経験は、必ず今後私の財産になります。

そしてこの無形の財産、日本に持って帰りたいと思います。

クラウドファンディングの活動報告です。

昨日は固定観念にとらわれてはいけない、それに気づかせてくれたそんな一日でした。

ジムでのトレーニングも開始!

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
シューズを再度選び直しました。

先日足に関してのお話を聞いていくうちに、今までの私のシューズ選びの判断が180度に近いぐらい間違っていた可能性が大なことに気づき、急いで若者の街、シブヤに行ってきました。

自分の足の客観的なデータ、自分のごく個人的な感覚、そしてシューズマスターの知識を掛け合わせるといろいろなことが分かってきました。

今まで自分が選んでいたようなシューズとは全然違うシューズを提案され、そして実際に試し履きするとさらに違いが分かり、シューズに対して少し理解が深まり、一人でニヤニヤしていました。

今まで良いと思っていた感覚をリセットするとしたら、個人的には、

・ヒールカウンターがしっかりしている
・シューズの中(ソールパターン)があまりフラットでない
・ごつごつしていないアッパーであること

これらを満たしてくれるシューズが良さそうです。

何種類ものシューズを履くと、「このアッパーは好きだけど、ソール形状が・・」とか、「このアッパーもいいけどヒールカウンターが・・」なんていうのが出てきます。

このシューズとこのシューズとこのシューズが合体したシューズがあればいいのに!なんて子供みたいなことを頭の中で思いながら試し履きしてました。

そんな思いを満たしてくれたのがこのシューズでした。

ウイルソンのシューズを履いた記憶は覚えてる限りではほとんどないですが、個人的にはとてもしっくりきました。

様々なメーカーの様々なモデルを履いたり、サイズを変えて試し履きすること自体がかなり久々だったのと、足の形状や状態もそのときによって変化する可能性があるので、先入観を持たず色々なシューズを試し履きしたほうが自分に合ったシューズに出会える可能性が高い。
パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
それが可能なお店がこちらです。

閉店後までわたしのあーでもないこーでもないにお付き合いいただきまして、吉野さんありがとうございました!

とてもいいお買い物が出来ました。

お伺いしたこの日もパデルラケットを購入された方がいらっしゃったそうで、パデルオジサン、マンモスウレシイだっちゃ。
パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング

このページのトップヘ