日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:パデル名古屋

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
本を手に取るとき基本的には自分が読みたい本を手にしますが、たまには箸が進まない、自分の考えとは逆の視点の本も読むようにしています。

逆もまた真なりという言葉もありますし、もっと多くの視点でものを見れるようになっていきたい。

少し前に読んだ本にはリフレーミングと、巷で話題のカタカナで書いてありましたが要はそういうことです。

私は以前から「正しい努力」と「間違った努力」があると思っていますが、そこからもう一段掘り下げて考えるきっかけをもらった本でした。

この著者の本は3冊目ですが、いずれも面白いのでおすすめです。


努力には中毒性がある
正しい努力とはゴールが見えるルートをひたすら走っているようなもの。本来はそれは努力とは言わない。ただそこに向かっているだけ
努力や我慢をし過ぎると逸脱した行動をとりやすい
自己分析は広義の努力
自分の足が(勝手に)向いてしまっている方向と、自分が本当に行きたい方向が合っている人はすごく幸せ
素質がないのに努力するのは端的に言って愚かな行為
「自分にどんな適性があり、何が出来るかを見抜いたうえでの努力」であればいい


文中に「評価軸を変える」という箇所があり、これは以前為末大さんの本にも似たようなことが書いてあったのを思い出しました。

為末さんは400mハードルでオリンピックに出場されましたが、最初は100m走の選手だったそうです。

為末さんの目標は「オリンピックで金メダルを取る」ということだったのですが、どうやら競争が激しい100m走では並の選手になってしまうと感じ、400mハードルのほうがメダルが取れる可能性が高かったので転向したとありました。

本のタイトルは「諦める力」でしたが、今思えば、自分にどんな適性があるかしっかり自己分析するという“努力”をしたからこそのオリンピック出場であって、見方によってはまったく諦めていない。

また一つ点と点が繋がりました。


読後、今後は「努力をしない努力」ができるよう努力していきたいなと思いました(笑)

それとここ最近読んでいる本にことごとく“ミエリン”が出てくるので、気になってきました。

ちょっと調べてみようかな。(もちろんツイてるねノッてるねの人ではありません)

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
基本、応用、番外編。

何かを学ぶ際どこから学び始めますか。

多くの方はまず基本を選択するかと思いますし、私も同じです。

ただ、これだけ容易に情報が手に入る今の時代は、必ずしも基本から始めないといけないというわけでもないと思います。(が私はお勧めしません。後述します)

ホリエモンの「寿司職人が何年も修行するのはバカ」という発言(真意は置いておいて)はスポーツの世界でも一理ある部分ではあるかなと思います。

お寿司で大事なことは「美味しい」ということであって、修行歴ではありません。(違ったらすみません)

一方パデル(やテニス)ではどうか。

パデルは採点競技ではではないので、一番大事なのは最終的に試合に「勝つ」ことです。

勝てばいいので、基本から練習してようが応用から練習してようがそんなことはどうでもよく、勝った選手が「強い」となります。

ここが少しスポーツの残酷なところです。(今回は勝てばよいという前提で進めます)

なのでどこから勝利に向かってアプローチするかは選手や指導者によって違いがあります。


【で、どこから始める?】
先ほども言いましたが私は基本から始めます。

守破離の守からです。

あるトレーナーは、

「家を建てるとき、素敵なリビングで暮らしたいと思ってソファやテーブルを選んでも、それはしっかりとした土台があるからこそですよね。いくら素敵なソファやテーブルを置いても、家が簡単にぐらついてしまうようでは意味がありません。トレーニングもそれと同じです。だから身体の土台となる足(裏)から始めているのです」

と言っています。

私もパデル(テニス)に対して同様の意見を持っています。


【どうして?】
スポーツにおいて土台が脆いとどうなるか。

理由は2点あります。

「将来できなくなることが出てくる」
「直す手間が出てくる」

具体的に言うと、一つ目は打てないショットやできないプレーが出てくるということです。

二つ目は、すごろくで言うと周りの人が前に進んでいるのを横目に、自分だけ振り出しに戻るような感覚に陥ります。

時間がもったいないので、焦って「このままでいい!」と進んでも遅かれ早かれ結局一つ目の壁にぶつかります。

そうなると虫歯と一緒で、より“治療”が困難になります。


【ここで一つ問題が】
基本から始めたほうが良さそうということはなんとなくわかってもらえたかと思いますが、ここで出てくる問題が「私がやろうとしていることは本当に基本なのだろうか」ということ。

基本と思ってやっていたことが、応用だったり番外編だったという人を時折目にします。

これを避ける一番の方法は、守破離の守である「真似る」ことです。

“学ぶ”という言葉は“真似る”から来ていると言われているぐらいですから、上手な人を真似るのが基本から始める一番確実な方法です。

ですがここで一つだけ注意する点があります。

それは何かというと、上手な人のそれは「基本なのかクセなのか」ということ。

この二つがどれぐらい違うかというと、加勢大周と新加勢大周ぐらい違います(ホントにそうか⁈w)

ここを正確に見抜く目というのは、一朝一夕で手に入れることはできません。

でもここを見抜く方法もないわけではないですが、企業秘密を簡単に教えるわけにもいきません。

ヒントは文中に出ていますので分かるかと思いますが、分からなかった人の中で知りたすぎて夜も眠れないという方がいれば、ご自身のSNSで何かを発信する際「#庄山コーチ最高!!」をつけていただければそっとお教えしますのでご連絡ください。(「#やっぱ庄山コーチ最高!!」でも可としますww)

パデル テニス スカッシュ スペイン 名古屋
以前読んだ本の中に、

「簡単なことを難しく、難しいことを簡単に」

という一文があったことをふと思い出しました。


「なんでテニスって人のいるところばっかに打つんですか?」


テニス時代に指導していたジュニアの親御さんに、昔こう言われたことがありました。

その方は自分ではテニスをされないので、プロの試合やお子さんの試合を見ていて、不思議だったり歯がゆい思いをしていたそうです。

それまでの私はしばらくの間「ただ空いてるところ(スペース)に打てばいい」という視点でテニスを見ていなかったので、心の中では思わず「確かに!」と晴れやかな気分になったのを覚えています。

もちろん実際には「かくかくしかじかな理由がいろいろあるので、ただ空いてるところに打てばいいわけじゃないんですよ」と伝えると、目から鱗が落ちるのお手本のような顔をされていました。

一方で、全国(を目指す)レベルの子達になると逆の現象が起きることもしばしば。

彼らは強くなるためにコーチ達の知識や知恵を可能な限り吸収しようとします。

ムーディ勝山のように適度に受け流せる選手もいますが、コーチからもらったアドバイスをすべてやろうとして分析麻痺に陥る子も少なからずいます。

分析麻痺とは簡単に言うと、プレー中に必要以上のことを考え過ぎて上手にプレーできなくなる状態を指します。

こうなると先ほどのような「かくかくしかじかなときはこうしてあーして・・・」というアドバイスは逆効果で、「相手が嫌がるまでクロスに深いボールを打ち続けるんだ」「相手のセカンドサーブに対しては積極的にリターンしていこう」といった“大きな”アドバイスに留めます。

この状況ではブルース・リーのセリフで有名な、「Don't think. feel!」がベターです。(このアドバイスのほうが機能するレベルというのは、なかなかなレベルであることは付け加えておきます)


究極的なことを言えば、この親御さんの言うように常に空いているところに打ち続けられれば、テニスは簡単に勝てます。

そのようなプレーをするにはどうしたらいいのか。

「簡単にプレーする」ためにはどうしても難しいことが必要になります。

簡単にプレーしようとしているのにミスが出る。

この場合、そのミスが出る理由を“きちんと”説明できる必要がある。

また指導過程で、その難しいことを必要とする段階もあるし、そこを知りたい選手もいます。

積極的に行け!、だけでは上達できない、納得しない選手もいるということです。

「簡単」と「難しい」を臨機応変に出せるような自分でいたいと思います。

対象に応じて、木を見たり森を見たり枝を見たり葉っぱを見たりできるような自分でありたい。(はやくそんな人間になりたい!!※妖怪人間ベム風に)


パデルに置き換えるなら、

「高くて甘いボールばっか来てるのに、なんでバシって決めないの?」

という視点で見ると、ロブに対しては全部スマッシュで決めればいいじゃん、という考え方があります。

これが実現できればパデルは簡単です。

でもこれを実現することが簡単ではないことは、パデルを一定程度プレーされたことがある方は想像がつくと思います。

究極に簡単なプレーで勝つにはどうしたらいいか。

まだまだ楽しみは続きそうです。

このページのトップヘ