日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:パデル日本代表キャプテン

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
学びたい気持ちとカッコつけたい気持ちとが半々でポチりましたがちょっと後悔。

本の半分くらい数式ばかりで、ガッチャンばりに本食べてやろうかと思いましたが、そんな中でも学べることはいくつかありました。

ジノビリがなぜバウンドパスを多用していたか少しだけ理解出来ました。

チェストパスよりバウンドパスのほうが0.09秒速く味方にパス出来るらしいです。

今まで見ていたものの見方と、また違った視点で見れるというのはとてもおもしろい。

これからも本は食べずに頑張って読もうと思います。

タイトル通り本当に芸術だなぁと思います。

かっこいい。
#お家でパデル

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
TEAM DUNLOPの一員になりました。

ダンロップさん、パデルに来てくれてありがとうございます。

「大空を突き進む鋭い矢」というロゴの由来通り、これからダンロップと共に突き進もうと思います。

信頼していただき感謝しています。

ダンロップは「LOVE THE GAME」をスローガンに掲げています。

原点回帰するいいきっかけをもらいました。

これからよろしくお願いします。
パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
Nueva arma.
Gran compañera.

#Dunlopsports
#DunlopPadel
#TEAMDUNLOP
#ダンロップパデル
#NexusPadel

パデル テニス スカッシュ スペイン 名古屋
「僕はフォアとバック、どっちをやったほうがいいですか」
「私は攻撃力がないからフォアサイドのほうがいいですか」

こう聞かれることがよくあるので、かなりざっくりですがフォア(デュース)サイド・バック(アドバンテージ)サイドそれぞれで求められるものを挙げてみます。(ちなみにこのフォア・バックは、スペイン語になるとフォアがderechaとかdriveと言われ、バックはrevésと言われています)


今回はバックサイドのプレーヤーに求められる「性格」について。

  • (正しい)決断が出来る
  • 心が堅い(精神的にタフ)
  • 大胆
  • 楽観的
  • リーダーになれる
  • 忍耐強い
  • 自分を王様だと思わない
  • 感謝出来る

どうですか。

けっこう大変ですね。

こんなバックサイドいたらどこまでもついていきます(笑)

このページのトップヘ