日本パデルアカデミー

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツ、パデル。 パデルは40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、欧州や南米を中心に親しまれており、本場スペインではテニス人口を上回る競技人口をもつ人気スポーツとなっています。 「パデルが上手になりたい」という方のお役に立てれば幸いです。

タグ:パデル東京

パデル テニス スカッシュ クラウドファンディング
学びたい気持ちとカッコつけたい気持ちとが半々でポチりましたがちょっと後悔。

本の半分くらい数式ばかりで、ガッチャンばりに本食べてやろうかと思いましたが、そんな中でも学べることはいくつかありました。

ジノビリがなぜバウンドパスを多用していたか少しだけ理解出来ました。

チェストパスよりバウンドパスのほうが0.09秒速く味方にパス出来るらしいです。

今まで見ていたものの見方と、また違った視点で見れるというのはとてもおもしろい。

これからも本は食べずに頑張って読もうと思います。

タイトル通り本当に芸術だなぁと思います。

かっこいい。
#お家でパデル

パデル スカッシュ スペイン スポル パデル名古屋
以前「アドバンテージサイドのプレーヤーに求められるもの」を書きましたが、今回はデュースサイド(の心構えや性格)について考えてみたいと思います。

  • 忍耐強い
  • 自制心がある
  • 賢い
  • 共感力がある
  • 閃く
  • 戦略家である

などが挙げられます。

テニス同様、基本的にデュースサイドは確率の高いスマートなプレーが出来るプレーヤー求められます。

そのプレーの上に、「ペアを自分の一部のように考えてプレーする」ことが出来ればバッチグーです。

今流行りの言葉を使うなら、「One Team」でプレー内容を考えることが必要で、また、自分の良いプレーより味方の良いプレーでポイントを取ったときのほうが嬉しいと思える気持ちを持つことも必要です。

WPTを見ていると、アドバンテージサイドのプレーヤーがスマッシュで決めた直後に、デュースサイドの選手のほうが激しくガッツポーズをしているという場面を見かけるかと思いますが、あれはそういうことです。

僕ぐらい年齢が上がると、あのガッツポーズを見ただけでも泣こうと思えば泣けます(笑)

パデル東京 ダブルス テニス padel

4月30日にパデル東京で開催された「Road to Champions Tournament」の4月大会に出場してきました。

 結果は優勝。

それと同じぐらい嬉しかったのは、パデルに軸足を移し始めている方が少しづつ増えてきていること。

「今までテニスの練習に充てていた時間をパデルに使ってます」
「コーチ資格取ろうと思ってます」

といった声などを聞くことが出来たのと、若干アウェイ感はあったものの笑、試合を見ている皆さんの眼差しが真剣だったことも嬉しかった。

個人的にはこの「真剣に楽しむ」ことが大好きで、そういった人や事や空間も同じく大好きです。

今年からはJPA(日本パデル協会)主催のJPT(ジャパンパデルツアー)もスタートします。

これでパデルを「楽しむ」人も「真剣に楽しむ」人も共存出来るようになりつつあります。

ビール片手に試合観戦、敗退決定直後にビールを飲み始める選手、コート上では真剣勝負、それらを包み込むパデルの空気。

こんなの大川隆法に言われなくても言っちゃいますよね、最高です!って。
 

このページのトップヘ